摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

硝子の騎士 Unit Vanilla SHYノベルズ  2008.09  ★★☆


最近ブログなんかで「ウェブカレ」という単語をよく見かけていたんですが…何の事かさっぱり見当もつかなかったオバサンが約一名。
「ウェブカレ始めました」なんて書かれる文脈から「ミクシィ始めました」みたいな…そんなネットコミュニティの名称なのかなあ??
なんて漠然と思ったり… 

で…昨日「ウェブカレ始めました」と書かれたブログをまたお見かけし、その記事の隣に「ウェブカレ」のブログパーツを
見つけて「ああ、なるほど…ブログパーツの事なのか…これはゲームのキャラクターなのかな?これを育てていくのか?」
なんてふと思った時、よーやくひらめきがおりてまいりました。

……なるほど……「WEB彼」か…

ブログペットみたいに…WEBの中に存在する「彼」ね…( ̄- ̄;) むむむ…ホント面白い事考えるよなああ…感心感心。

表意文字を用いる民族のクセか、弊害かはわかりませんが… 
どうも「文字の形そのもの」からその印象や特徴を無意識的に想像するので、カタカナやひらがなだけで書かれると、
イメージが全然わかない事がよく起こる。
特に外国語をカタカナで書かれると、とっさに意味がわからないんですよ…
そのカタカナを漢字やアルファベットに変換できた時、ようやくそのイメージが頭で形を成すのですよね。
やっぱり頭の回転がおばちゃんはニブイんだろうなあ…orz


さて…積ん読本を発掘整理中なのですが、今現在10冊以上あることが判明して「ありゃ~~」となり…
まあ少しは積ん読本消化週間をやろうかと思いまして…
じゃないとうっかり間違えてドナドナしちゃうなんてマヌケな事をしでかしそうで怖いんですよね…なんか、やりそうなんだよなあ…

なんですが…初っぱなから感想どころか鬱憤晴らしのただのグチになってしまいました。どうかお心広くお見逃し下さいますよう…
できれば御気分を害されないよう、このままUターンをお勧めいたします<(_ _)>  



硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン (SHY NOVELS 212)
(2008/09/27)
Unit Vanilla

あらすじ

アーサーズ・ガーディアンシリーズ 1st Mission

素直で眼鏡が大好きな大学生・柚木双葉は、父の知人を日本へ案内するため、留学先のパリで空港で向かっていた。
どんな人が来るんだろう?
緊張する双葉の前に現れたのは、眼鏡のよく似合う美貌の男・高嶺だった。
日本へ向かうプライベートジェットに乗った双葉だったが、目を覚ましたとき、
そこは三方に崖に、もう一方を海に囲まれた屋敷の一室だった!
逃げだすことのできない空間で高嶺と双葉、ふたりきりの生活が始るのだが・・・

【アーサーズガーディアン】とは

世界的な大富豪である故アーサー・ブラックフォード卿の遺志を継ぎ
「世界平和は足許から」を理念に活動するスペシャリスト集団。
アーサーの理念に共感し、契約を結んだ『守護天使(ガーディアン)』たちの使命はただひとつ。
アーサーに救いを求める人々に手を差し伸べること・・・。


部屋中片づけて掃除して、よーやく見つけ出した「硝子の騎士」 
アーサーズガーディアンの基本理念が「密林の覇者」ではどーにもよくわからなかったので、先ほど読んでみたのですが…

…………結局基本理念なんてもんは全然わからなかった…………?@?!$@??( ̄へ ̄|||)

うううう…これじゃ確かに「不評」なのもよくわかる。 
個人的には★2つ+ちょっとだけオマケで☆ってところですね…びみょ~~~~!
一応こちらのブログ、★3つ+☆以上の感想を載せるという方針に変更してたんですが、シリーズ物ということと
どーしても愚痴りたいという鬱憤がたまってしまったので今回だけはグチ感想と逝ってみようかと。
ご気分を悪くされたら申し訳ありませんと最初に断っておきます。


この「硝子の騎士」は感想ブログで「中途半端」という言葉を何度かおみかけしましたが、確かにおっしゃるとおりなんですよね…
大金持ちが金に糸目をつけずに世界平和という崇高な理念の為のボランティアをするというキテレツ設定を強調しようとするあまり
壮大すぎる設定にストーリーが負けてしまった印象があります…まっこと残念無念。
ツッコミしようにも、ツッコミ自体が中途半端になってしまふ(苦笑)

前半はねえ…とにかくアーサーじーさまっていったい何考えてたのよ~?ってツッコミまくりになるんですけどねえ…

まず専用ジェットで個人所有の島のゴーカな別荘にミッションの対象者である双葉くんを軟禁までした割には…
ミッションの内容があまりにもみみっちく感じちゃうんですよね…orz
だって金持ちぼんぼんの「対眼鏡専用の対人関係改善」の為に、あそこまで超大がかりに手間ひまかけて、金もかけてボランティアなんて、
そんな必要性がまったく感じられないんだぁ~(><)
そんなのその辺りのカフェで雑談しながらでも十分じゃないかって庶民は思っちゃうのだ( ̄▽ ̄;)

そしてミッションの内容である主人公の双葉くんの「眼鏡をかけた人間にしか心を開けない」とかいうトラウマ。
ここでも悪いけどコケちゃったんですよねえ…
まあ金持ちのお坊ちゃまにも金持ちなりの苦労や悩みがあるワケで… それはお気の毒には思いますが…
でもやっぱり「双葉くんの眼鏡フェチの理由」が説明されてもわからない。
そもそも眼鏡萌えってのがどーにも私にはよくわからんのだ…
自分が20年以上メガネ族やってるもので…眼鏡ナシじゃ到底外を歩けないのですよ…例えるなら靴穿かないで外を歩けないように。
メガネ族にとって眼鏡ってのは必要不可欠な生活必需品であって、萌えアイテムじゃないんですよねえ…
靴には萌えないだろうに、どーしてメガネに萌えるんだろう?? 理知的な感じがするんだろうか?????(←適当な事を言ってます)
まあ萌えなんてのは人それぞれですからいいんですけどね(笑)


とにかく豪華な孤島の別荘に二人っきりの軟禁生活で相手に嫌われてメガネフェチを治そうとするミッションなんて…
金持ちの道楽にしても…ものすごく馬鹿げてないかい?? の一言になってしまうんですよねえ…
どーしてこれが世界平和は足許からになるんだ~~?? 草の根活動なんてのはもっと地味で慎ましやかなもんなんだよ~!ってね…

で…後半部分、前半ツッコミまくった点に対する種明かしがくるんですが…それもまたツッコミ満載なんだなあ…
だからどーにもコメディにならない中途半端に感じられてしまうんですよ…

だってさ、あれだけ金も手間も時間もかけてやったのに種明かしされてみたら、結局お坊ちゃまの避難措置を兼ねた
新米ガーディアンの適性試験だったって聞かされてもねえ…
それって初めての任務を遂行しようと必死になってたビギナーガーディアンの高嶺くんの孤軍奮闘は全部ムダだったってことですよね??
眼鏡フェチ、とっくに治ってるじゃん…
敵をあざむくにはまず味方からって言われても…あれだけムダ金とムダなページ使われちゃ納得でき~~ん!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!
う~~…謎解きとコミカルが空振りしちゃってるんだよぉ~

はあああああ…
途中はね…面白く読めるところもあるんですよ。
お堅いガーディアン@高嶺くんが、双葉くんの予想外の言動に振り回されて調子を狂わされっぱなしになってるところなんかね…
だからこそ…話の構成がどうも… 壮大すぎる設定が全部ムダに感じられちゃうんだなあ…
結局金持ちの道楽、暇つぶしにしか思えないなんて…ああ…なんてもったいない… (TОT)

途中までは主人公の一人の高嶺くんが妙にお堅くて、アーサーズ・ガーディアンの説明書きを読んでいる気分になってたんで、
ドナタが書かれているのか見当もつかなかったんですが…
あのハチャメチャな料理が出てきたところで一気に種明かしされた気分でしたわ。 
あれは…ひちわ先生だよなあ… 
その後の展開にもなにやら既視感が…「12時の鐘が鳴る前に」「昼もなく夜もなく」の謎解きを連想させてくれるんですよね…
なのにこれまで読者を楽しませて下さったいつもの軽快なひちわ節が絶不調なんだぁぁあ

多分…今までの作品のように話のスケールが家の中ですんでればラブコメディの謎解きを楽しめたんだけど、
それが今回ユニットでの連作ということで…設定したスケールがデカすぎて、家の中のコメディが単発的、謎解きが規格外に
感じられてしまったんだろうなあ…
アーサーじいさまの謎の遺言なんかで説明しなきゃならない部分も多すぎましたしね…
だから…真面目とコメディの融合が中途半端になってしまった…と。
せめて高嶺くんのキャラ設定がねえ…剛将のように豪快で大雑把な人間だったらまた違ったかもしれませんが…


にしても…アーサーズ・ガーディアン二冊読んでみましたが、両方ともガーディアンはビギナーですよねえ…
で、結局守護する相手に囚われて、もはや専属ガーディアンになっている。
これってまさか…金持ちホモ専用「ぶっとびお見合いクラブ」じゃないですよね????
アーサーじいさまの世界平和の理想って…いったい何だったのかなあ……全部読んでみたらわかるのだろうか?????

三冊目、四冊目に一応期待しておきます。(^-^)/~~


↓↓ 金持ちの考える事ってわからない…
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

拍手&メッセージ御礼 

>14日、15日、パチパチた~っくさんの拍手ありがとうございます♪ 励みになります、嬉しいです~!(*^▽^*)

>Kさま お久しゅうございます~♪ 我が家のネコどもも相変わらず元気ですよ~。寒くなってきたのでコタツの常連になっております(笑)

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

摩緒さん、こんばんは~

とうとう読みましたね……笑
もうほんと、ツッコミどころ満載すぎてコレ。

>多分…今までの作品のように話のスケールが家の中ですんでればラブコメディの謎解きを楽しめたんだけど、それが今回ユニットでの連作ということで…設定したスケールがデカすぎて

ひちわさんの作風は知らないんですが、まさにスケール間違えたー!って感じですね。いろいろさじ加減がアウトというか。

それでもいいとこ探しをしてきちんと分析している摩緒さんはスバラシイ!
私は、4作揃ったらさらに盛大な愚痴大会にならないよう、祈るばかりです。ホント頼むよ~~~~~!

必殺TB返し!させていただきます~。
  • posted by あねこ 
  • URL 
  • 2008.11/16 00:36分 
  • [Edit]

どーなるんでしょうねえ…(笑) 

あねこさん こんばんは~

よーやく読ませていただいて、御覧の通りになっております(苦笑)

>まさにスケール間違えたー!って感じですね。いろいろさじ加減がアウト

本当に…orz
いろんなところがアウトですよね… 
特に私はこのユニットでひちわ作品を一番楽しみにしているので余計にアウトでしたわ…
(だってひちわ先生、寡作でいらっしゃるんですもの…)

ひちわ作品、未読ですか? 私のオススメは「今宵、雲の上のキッチンで」ですけどね(笑)
もし見かけたら気が向いたらお手にとってみて下さいまし♪

>4作揃ったらさらに盛大な愚痴大会にならないよう、祈るばかりです

ですよね~~??  私も祈っておりますよ~!
そーいえば、このユニットの第二弾はどうなってるんだろう?
あまり聞こえてきませんが… 確か漫画の原作でしたよね。あいにく読んでないんですよねえ…
次作こそ、木原先生が来るといいですね~☆

TB+コメント、ありがとうございました!

  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.11/16 04:05分 
  • [Edit]

こんにちは~^^ 

お久しぶりでございます。
うちのブログ最近すっかりアニオタブログと化してしまって、しばらくの間本の感想も書けずにおりました。
走り出したら一直線!嵌ったら止まれない!本当に困ったものです私って・・・^^;
リアルに影響が出るようになってしまっては困るので、方針を考え直しましてアニメ感想は少し自重することとなりました。(などと言っておいてどうなるやらですが・・・^^;)
また少しずつ本の感想も書こうと思っておりますので、よろしくお願いしますね~^^

WEBカレ、私も最近まで知らなかったのですがやりだしたら面白いそうですよ~。
何やら声優さんが選べるそうで声萌えなさる方には人気みたいですね。
自分のところでもブログパーツでつけてみたいとも思ったのですが重くなりそうなので断念しましたが・・・。

Unit Vanillaさん、確か 和泉桂、岩本薫、木原音瀬、ひちわゆかの四人の作家による創作ユニットですよね?
誰がどの作品を書いているのかは内緒なのでしょうか?
それとも4人で一つのお話を分割で書かれているのでしょうか?興味があります~。
  • posted by rizu 
  • URL 
  • 2008.11/25 16:12分 
  • [Edit]

こんばんは~☆ 

rizuさん!

ご活躍を端から拝見しております(笑)
アニメはちょっと守備範囲外なので、よくわからないんですが
「伯爵と妖精」これはひじょ~に気になっておりますよ!
ワタクシ、これの原作のファンなんですの。
全巻読破して続きを楽しみにしているぐらいですから(笑)
緑川さんの声だという事をrizuさん宅で拝見して、そのうち見たいな~聴きたいな~なんてね…キャハハ

WEBカレ、声優さんの声が聴けるんですか???
いえ、一応HPへは行ったんですがそこまで詳しくは見なかったので…
面白そうですねえ…興味がむくむく沸いてまいりました。
でも…確かにブログが重くなるでしょうね…orz

Unit Vanilla、おっしゃるように4人の人気作家さまの豪華ユニットでございます。

>誰がどの作品を書いているのかは内緒なのでしょうか

そーなんですよ! だから読者は常に「いったい誰が書いてるんだああ???」と
悩むことになります(笑)

なんとなく…この作家さんではないかと推測はしてみるんですが…
感想ブログまわってみると、見事に推測がバラバラで(笑)
だからまた面白いんですけれどね…

良かったら「SASRA全4巻」読んでみて下さいまし。
一応感想を我がブログにあげておりますのでご参考までに。



  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.11/25 20:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/98-6f5537bb

硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン /Unit Vanilla

近所のヨーカドーが10月からレジ袋有料化のため、かぼちゃと玉ねぎと人参と卵と牛乳と鶏肉を鞄にぎゅうぎゅう詰めてもって帰って来たあねこで...

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。