摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

SASRA 4  Unit Vanilla  BBN  2007.08  ★★★★★


オリンピックで何が楽しみってやっぱり「金メダルを取る瞬間」
あの高揚感は何物にも代え難い。
いや~~~ おめでとう! オリンピックチャンピオン!! 

さてさて…いろんな萌えが重なっておりますが、一応初志貫徹ってことでSASRAの続きを。あと少しお付き合い下さいませ~♪



SASRA (4) (B-BOY NOVELS)
(2007/08)
Unit Vanilla

あらすじ

遥かな昔、罪を犯した恋人たち。彼らは転生を繰り返しては巡り会い、恋に落ちていた。
その宿命の輪廻が遂に終わりを迎える―!剛将と蓮を乗せた飛行機は、すべての始まりの地であるエジプトに不時着する。
砂漠を彷徨う二人の中に、過去の記憶がよみがえり始め…。運命の恋の行方は!?大正編ほか、現代編を大量書き下ろし。
超人気小説家集団「Unit Vanilla」グランドロマン完結。


何千年も生まれ変わってきた運命の恋人達もとうとう最終章に突入。 
これまでの経過はSASRA1SASRA2SASRA3でもう一度確認してから読むことをお勧めします♪



「第七話 大正編」

博徒×貴族の子弟



いわゆる「ワンコ攻め」って感じで…昔気質の渡世一家の若親分に関東大震災で命を救われ、育てられた貴族の隠し子が
とにかく一途な純情を貫いてますね(笑)
年下攻めで、好きな相手にはヘタレ気味なのに、いざとなると妙に強気なワンコに、ヤクザの兄貴もたじたじで
押されまくってほだされてます…ふふふ。 大正、昭和初期の雰囲気を満喫できますよ~

これはもうヤクザ物BLとして独立して読んでも面白いお話ですが…このSASRAのアクション担当とご自分でおっしゃっている作家様の
豪快な筆致が楽しめます。
ヤクザの出入りもまた…読んでいて楽しいんだな~

わんこちゃんがとっても素直で「竜さん、好き好き好き好き好き好き好き~~~」って感じだもの。
あれじゃあ義理人情に命を賭ける任侠者はひとたまりもありませんわあ…

現代に近づき、運命の恋人達も少しずつ記憶を取り戻してきて…そろそろ終わりに近づいてきたな~と
クライマックスに向けてのラストスパートを感じさせてくれるお話。
すべての布石が寄り集まって、一気に収束してくる感じがようやく見えてきたハッピーエンドへの期待感に
ワクワクさせてくれます。
まあこのお話自体は…あまり悲劇という感じじゃないですし…
確かに最後は離ればなれかもしれませんが、お話自体はカラッと明るい印象で、ああ、良かった~とホッとできるんですよね。

SASRAの中でも明るく楽しめるお話でございます。





「エピローグ」

アートディーラー×大学生



プロローグで砂漠に不時着してしまった蓮と剛将、そしてティティの、すべてを総括するグランドフィナーレが楽しめます。
何千年にもおよぶ放浪の果て、ようやく神の怒りも解け、試練に耐えた恋人達に与えられる神の許し。
死ぬことを許されず、ただひたすら見守り続けるという辛い業を負ったティティが、ようやく神の国に迎え入れられる
その神秘的な描写は、身体が震えるほど圧倒的な何かがありました。
ああ、ようやく、これですべてが…完結するんだなあ…という感慨に包まれて…読んでいて感激の涙が出てきましたよ。
我らが運命の恋人達も何千年にも及ぶ呪縛から解き放たれて、ようやく自由になれて…
あ~~~~ 良かった~~~~ 本当に良かった…

それにしてもこの話は…プロローグから続く二人のやりとりが笑えるんですよね…
剛将はセクハラオヤジだし、蓮は潔癖で真面目な若者なんだけど、その潔癖さから来るツッコミが愉快だし…
前世のセシェンに対して「どーしてこんなヤツに惚れたんだ~!?」と怒ったってねえ…それはムナシーよ??
それでも懐の大きい剛将に惹かれている蓮の様子は微笑ましいですね。 
それを必死に否定して反発してるのも「イヤよ、イヤよも好きの内~♪」って感じで(笑)
これから先、激しい恋におちるんだろうなあと予感させる終わり方で、読後感がいいんだなあ…

あの指輪が砂の中に埋もれていくラストシーンが、悠久の時の流れを感じさせてくれて好きですね…
あれを読むともう一度読み返したくなるんですよ(笑) で…SASRAエンドレスの循環に嵌り込むことになります♪
浸ってくださいまし~☆





「Last Story」

アートディーラー×大学生



現代編の蓮と剛将のその後、現代で再び恋におちる二人が明るくドラマティックに楽しめます。
豪快で懐の深い剛将が…エロオヤジでセクハラばっかり仕掛けるヤローなんだけどやっぱり惚れ惚れするほど格好良くて…
アートディーラーとしての仕事ぶりは、信頼のおける誠実さが伺えて、ぐぐっっと好感度アップですからね。

現世では出会って間もないのに、大人の余裕で口説いてくる剛将に対する蓮のオトメなとまどいも…読んでいて凄く…
もどかしいんだけど微笑ましくて…(^^)
うん…その潔癖なオトメ思考が…若さだねええ…

まあでも「運命」という言葉で全部まとめられたら…反発もしますよね… 
やっぱり「今の自分」を好きになってくれなくちゃあ…まっさらな蓮くんとしては恋人になるワケにはいかないってのはわかる。
過去の自分といつも比較されるなんてたまらないですからねえ…自分に嫉妬したって仕方ないしさ…

でも…やっぱり惹かれる本能は止められないワケで…
そんな蓮くんの明るい健全思考が眩しいんだな~

まあそんなにすんなりハッピーエンドにはいかなくて、またまた生命の危機のような事件に巻き込まれてますが…
ちゃんと剛将が助けに来てくれてますから。流石ヒーローだわあ…ふふふふ。
一緒に捕まっちゃってズタボロにされても…その危機を乗り越えたがゆえに蓮のささやかなこだわりなんてもう「生きている」という本能の前には
どうでもよくなって素直になれてますから、結果オーライですよね~♪

それから5年後もラブラブやってるところを見せられると…運命なんかに縛られなくても、恋人同士になれてるなあって安心させてくれます。

それにしても私は「プロローグ」と「エピローグ」「Last Story」は対になってるんだから、とーぜん「同じ作家」様、
ひちわ先生が書かれたんだと思いこんでいたんですが…
でも小冊子で「プロローグは作者A、エピローグ、Last Storyは作者B、そして小冊子Il Futuroは作者Aが書いてます」
と知って、ぶっとびましたわ… あの軽快なノリは当然同じだと思ったんだけどなあ…

「そんな馬鹿な~~???」ってところで…そこから頭が@@@@になっております。
ひちわ先生に似てるというと…岩本先生しか考えられないんですが…この方のコメディ系は、確かに雰囲気が似ていて
見分けがつきにくいんですよね…
でも似ているせいで…ますますわからないよ~~
あ~どっちどっちを書いてるんだ~????




「SASRA完結記念小冊子 SASRA Ex.」

このSASRAにも小冊子がありまして…これは是非合わせて読んでいただきたいですね…
まあヤフオクで買うことになるかもしれませんが、それでも「読めて良かった」と思える内容になっております。
萌えを最後まで堪能して下さいまし…

「旅路」

ティティの長い長い旅路、長い後悔、果てのない絶望、かすかな希望をつづったお話。
ようやく…その外見通りの子供に戻れて…「ありがとう」と言えたティティが可愛らしいお話です。



「金魚の夢」

SASRAの中で一番泣いたであろう「江戸編」の続き。
幸之助が死んだことも知らされず、ただ人形のように生き続ける一が…本当に哀れで…
また泣かせていただきました。
江戸編読んだあと、「いったい一はどうなったんだ?」と言う疑問が読者の中で渦巻いたと思いますので
その切なる要望に応えていただけて嬉しかったです。
終わり方もねえ…輪廻は続くよ、どこまでも~♪って感じでしたね…
悲しいんだけど、読めて良かったなあ…



「華と竜」

大正ヤクザのほのぼのとした後日談が楽しめます。
出所後の竜が、待ちかまえていたワンコに思いっきりじゃれつかれてます(笑)



「Il Futuro」

現代編の後日談。
これもまた読みたかったお話ですね。 剛将と蓮が嬉し恥ずかし「同棲生活」を始めるにあたって
剛将がもうソワソワ落ち着かないのが…読んでいて笑えます…ははは

剛将も過去は相当に…ハレンチな事もしてたようですが…くれぐれも蓮にバレ無いことを祈りますわ。
まあ何があったって剛将と別れることは無いとは思いますが…運命に縛られない分、愛想を尽かされて
浮気される可能性だってあるんですからね~
Last Storyが蓮視点だったのに対して、こちらは剛将視点で、端からは余裕ぶっこいて見せてるけれど案外内心あせってたんだな~
ってところが「本気の恋愛」を感じさせてくれました。
このノリが好きなんだなあ… でもホント…どっちが書いたんだろう??? 




ああ、本当に楽しかった。 読めて幸せな4冊+小冊子でございました。

これのCD化というお話で公式サイトで「どの話をCD化して欲しいですかアンケート」がありまして
とーぜん「全部希望」と書いて投票してしまいましたが、嬉しいことにそういう同志の方は多かったらしくて
今年の暮れから「全話CD化」が決まったんですよ~!!
ええ、全部で¥20,000と聞いてのけぞりましたが、責任は取らせていただきます!!
絶対に買いますから! だから早く全部仕上げて売ってくださいまし♪

そーしたらまたSASRAフェアやりますから!!

それでは次回、オリンピック観戦しながら作者予想をちょっとだけやってみたいと思います。ま、ただ妄想全開になるだけですけどね(←殴)
これを考え出すと頭@@@@になっているワタクシを哀れに思われましたら、どうか愛の手を~~♪♪



↓↓SASRAフェア万歳!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

拍手御礼

>10日、沢山拍手ありがとうございます! 励みにさせていただいておりますヾ(@^▽^@)ノ

  • [No Tag]

*Comment

永遠の恋人達に乾杯[絵文字:v-275] 

摩緒さんこんにちわ~。オリンピック楽しまれてるようですね♪私もオリンピック見ながらBLを読む忙しい夏をすごしております。

SASRA4巻分レビュー楽しませて頂きました~。
4巻は時代も現代に近づいてきて、悲劇度も緩和されて楽しく読めた記憶があります。任侠モノ?って興味なかったのですが、意外と楽しくて目からウロコでした。あの独特の昭和・大正の雰囲気&ワンコ攻めが楽しかったですよね~。

>あの指輪が砂の中に埋もれていくラストシーンが、悠久の時の流れを感じさせてくれて好きですね…

おおお!SASRAの真髄がここに!
遥かな時空を超えて、運命の恋人達が懸命に愛に生きた軌跡が走馬灯(・・・)のようにかけめぐります。スケールの大きなお話でした。小冊子は持ってなかったのですが、摩緒さんのレビューを読んで、手に入れる事を決意致しました。(ちょうど先日某所で見つけたので♪)こんな時だけ太っ腹です(笑)
そしてもちろんCDもオトナ買い予定♪ これから冬までワクワクが続きますね!

次は作家予想ですか?私は木原先生以外あんまり読んだ事ない作家さん方なので、どんな予想なのか楽しみですv-238

ps:「愛すること」ゲット♪おめでとうございます~。すばやい行動の摩緒さんに惚れました!ポッ♪


  • posted by うさこ 
  • URL 
  • 2008.08/11 17:27分 
  • [Edit]

お付き合い下さってありがとう♪ 

うさこさん こんばんは~

今日はもうテレビ付けたら北島くんの金メダル一色ですね~v-20
いやあ…凄いわ…鳥肌たっちゃうほど感動しました。 世界新記録かあ… 
まさしくヒーローですね…v-41

>任侠モノ?って興味なかったのですが、意外と楽しくて

ああ、これで新境地開眼しましたか? それは良かったv-238
私は昔から任侠ものが大好きだったので…読めて嬉しかったですよ~

>スケールの大きなお話でした

本当に! 読み始めたら結局4冊一気に読まずにはいられないお話ですよね。
何度読んでも、その世界に浸って心を揺さぶられて楽しんでおります。
小冊子も是非楽しんで下さいね~

作者予想…ふふふ、まあ単なるお遊びですが…律儀にお付き合いくださるうさこさんには感謝感激です。

CDも本当に楽しみですね~ いったいドナタが演じてくださるのかな~ わくわくv-19

お互い萌えを楽しみましょ~~
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.08/11 19:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/79-6f037988

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。