摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

SASRA 3  Unit Vanilla  BBN  2007.08  ★★★★★


北京オリンピック開会式をワクワクしながら見ている摩緒でございます。
えーもーオリンピックにワールドカップ、とにかく「世紀の祭典」が大好き人間でして…
今だけ「ガンバレ、日本!!」とウヨクな人間になってしまいますわ。

世界のトップアスリートの方達の、あの一瞬にすべてを賭ける輝きに魅せられるのですよね…
人生最高の舞台で、最高の結果を出した者のみに与えられる栄誉。
ああ、これから熱い熱い夏が始まりますね~
平和の祭典なんですから、無粋な邪魔が入って欲しくはないのですよ…
何事も無く無事終わってくれる事を祈ります。

さてさて…SASRAフェアもそろそろ中盤。こちらもますますヒートアップしております。
この週末は楽しみが一杯で嬉しいな~~~
オリンピック観戦の合間に、良かったらお付き合いくださいまし♪




SASRA 3 (3) (B-BOY NOVELS)
(2007/08)
Unit Vanilla

あらすじ

時は巡り、恋人たちが出会ったのは黄金の帝国―。運命に導かれるようにインカを訪れた、精悍なエスパニア通訳・リカルド。
虜囚となった美貌の王族キリヤの話し相手を命じられるが、キリヤは侵略者への憎しみに燃えていた。
美しい月のようなキリヤの、誇り高い強さにリカルドは惹かれ―!?インカ編を大量書き下ろしのほか、江戸編収録。


SASRA1SASRA2と時代は下り、いよいよ話は近世にはいります。ようやく運命の恋人達が日本に来てくれますよ~♪



「第五話 インカ編」


インカ王族×スペイン人通訳



南米のインカ帝国というすべての話の中で一番馴染みの薄い「時代と地域」の話ではないかと思われるのですが…
一番「歴史スキー」の興味を満たしてくれたのがこのインカ編。 逆に言えば…BL萌えが一番薄いような気もしますけど(笑)

多分…あの「エジプト編」を書かれたのと同じ作者様だと思うんですけどね…あの清冽な流れゆく水のような印象が同じなんだなあ…
この方はこーゆー歴史物書くのがお得意なんでしょうか。 歴史小説に向いているのかもしれません…
古代エジプトも書きにくかったと思いますが、インカもねえ…文字も無く、記録は征服者であるスペイン側のものだけという
歴史を学ぶ人間にとっては非常に困難な地域ですし… あ、もしかしたら部分的には考古学に入るのかな?…
さぞいろんな史料を読みこなされたんだろうなあ…と感嘆しながら、スペイン人に征服されたインカ族と、征服側のスペイン人に
転生した運命の恋人達の…清らかでまっすぐで…だからこそ歴史の荒波に翻弄されるお話に浸らせていただきました。
ちょっとBL萌えじゃないかもしれないけれど、お話として凄くまっすぐ心に入ってくる印象がありますね…

この「インカ編」では被征服者と征服者というどうにも埋めがたいミゾに阻まれて…我らが運命の恋人達も苦悩しております。
片やインカの王族、片やスペイン人とは…神様(=作者)も惨い運命のいたずらをするものですね…
だから面白いんだけど♪

力で征服され、虐殺され、搾取され、酷使される民を目の当たりにする痛憤、皇帝への忠誠、そして憎むべき征服者である
スペイン人への憎悪。
さまざまな感情に翻弄されつつも、自らの立場、人々の期待に応えるべく、すべてをすててインカの為に生きようとするキリヤ。
そんな彼を監視する役目を負いながらも、その孤独な魂に触れ、その儚げでいながらも強靱な精神に魅せられて…
スペイン人であるリカルドはキリアから目を離せなくなるのです。

インカ帝国の復活と打倒スペインを心に秘めて敵の捕虜として生きるキリヤにとって、いかにリカルドが好ましくても
それは許される感情ではなく、皇帝や民への忠誠心との狭間で苦しむのですが…
やはり偉大なる「運命の愛」には勝てないようで(笑)

互いの枷に苦しんで、それでも惹かれ合うのは止められず…心がちぎれそうになりながら相手の元を去り、戦で対峙することとなっても
相手の危機を目の前にすれば、理性や互いの枷は吹き飛んで…
感情のままに手を伸ばした先に…ようやく見えてくる互いの絶望的なミゾを埋めうる、かすかな希望。

すべてを振り捨てて一人一人の人間として向き合えば…そこに生まれる何かがある。
民族、言葉、習慣、文化、意見、立場…あらゆるすべての違いを乗り越えて、相手を理解したいという願えば…意志を通わせることができる。

運命をも覆すかもしれない人間の意志。
それが民族の未来を変えることもできるかもしれない可能性を生む。 
相手を倒すのでも傷つけるのでもなく、相手をまず受け入れて、それを取り込むことができれば…未来へ手を携えて共に歩むことができる…
そんな可能性を「運命の恋」から教えてくれる話でもありました。
まあ理想論かもしれませんが… 歩み出そうとするその意志が有る限り、それに続く人間はいるんでしょうね…
その途方もない積み重ねが…対立する民族の融和…尊い平和へとつながるのかもしれないと感じさせてくれました。

お話のドラマ性という点では物足りないかもしれないけれど、大切な何かを…失われてしまった文明を生きた恋人達から
教えてもらった気がしますよ…

ドラマティックな役割をキリヤに期待しながら読んでいた私は…最初はちょっと拍子抜けする思いだったのですが(苦笑)
何度も読む内に何かがじわじわと染みこんでくる、これもまた印象的なお話でございます。
う~ん…こういう終わり方も…悪くないですねえ… しみじみ…




「第六話 江戸編」


仮面の男×無役の御家人



SASRAの中で人気アンケートやったら、おそらくぶっちぎりのトップを独走するだろう話がこの「江戸編」
ワタクシを本格的コノハラーに引き込んだ作品でございます。
これはもう…大泣きしちゃう話なんですよね… 

映画「仮面の男」を思い出させるストーリーで…基本設定もフランスを日本にした感じですけれど、
「仮面をかぶり、鎖でつながれた格子の奥の囚人」との生活が…事細かに記されるのがこの作品独特の魅力となっておりまして…
生まれてこのかた仮面をつけさせられ、徹底的に世間からも人間からも隔離させられて育てられると…人間はこういう反応をするのか…
こうなってしまうのか…とその哀れさに胸が詰まりながらもドンドン引き込まれるお話でございます。

悲劇が大前提と承知はしていても…ここまで哀れな主人公、一がやっと巡り会えたささやかな幸せが一瞬にしてもぎとられるその悲哀と
愛する者の幸せのみを命が尽きる寸前まで必死で願う幸之助の切なさが読んでいて涙が止まらなくなるほど哀しくて…
政治や大義という怪物の前には、人の命や想いなどいかに儚く踏みにじられてしまうのかを見せつけられる思いです。
運命の恋人達も…相変わらず翻弄されておりますよ~ まさしく「ド・悲劇」なんでございます。読むたびに胸がつまって…号泣しておりますわ。

時代が下ってきたせいか、運命の恋人達にも少しずつ前世の記憶の断片が頭をよぎるところがありますが…
それでももう、そんな前世だの輪廻転生だのというつながりを読者の頭からすっかり忘れさせてしまうほどの強すぎる魅力に引きずられて
このお話に取り込まれてしまうんですよね…

無力な自分に歯がみをし、最愛の者を助けられない自分に痛憤の想いを抱きながらも… どこまでも強く惹かれ合う無垢な恋人達が
愛おしくて、哀しくて…

読む前にもうバスタオルを横に置いて準備万端で気合いを入れて読むお話ですけど…
何度読んでも胸に迫る感情が…病みつきになります(笑)
詳しいストーリー説明なんていりませんわ。
読めばわかる! 
え~も~ 悲劇が苦手な方でも…是非一度読んでみていただきたいですね…「悲劇に病みつき」になること請け合いでございます(笑)

あ~やっぱりSASRAは面白い!! 


↓↓オリンピック万歳!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


拍手御礼

>6日、7日、8日と沢山沢山の拍手、ありがとうございます~♪ 大いに元気をいただいております! これからもヨロシク~♪

  • [No Tag]

*Comment

おおお!ついに江戸編が! 

摩緒さんこんばんわ~♪

>世界のトップアスリートの方達の、あの一瞬にすべてを賭ける輝きに魅せられるのですよね…

おおお!私もですわ~。
自分はスポーツしませんが(笑)トップアスリートの精神世界が大好きで、BLにカムバックする前はスポーツ小説を好んで読んでおりました~。アスリート達のライバルとの戦い!自分との戦い!そして限界を超えた時に見える頂点の、一瞬の輝き★ ここでも萌えー!(笑)でございます。

SASRA3といえばインカ編が舞台設定が珍しくて印象に残ったのですがやっぱり江戸編が一番心にぐさりきましたよね。

>生まれてこのかた仮面をつけさせられ、徹底的に世間からも人間からも隔離させられて育てられると…人間はこういう反応をするのか…

うんうん!同感です。人間っていうのは単純で複雑なものだな~って読みながら実感したのを覚えています。人間というものを知り尽くしてらっしゃるとしか思えない描写が多くて貪り読みましたもの!
悲恋なんですけどそこまで愛せる人に出会えて時間を共有できたという事が幸せでその姿が美しくて、ラストは悲恋だけど読後感はやっぱりいいんですよね~。

SASRAフェア♪ 皆勤賞を目指しますよー!


  • posted by うさこ 
  • URL 
  • 2008.08/08 22:55分 
  • [Edit]

オリンピック、熱いですよね~ 

うさこさん こんばんは~

早速のコメント感謝、感謝です~!!
うさこさんも「オリンピック萌え」の方だったのですね!??
これは嬉しいな~! 
より速く、より高く、より遠く…と一目でわかるあの努力と天性の結晶が、見ている人間を感動させてくれますよね…
あの感動は何物にも代え難い。

>アスリート達のライバルとの戦い!自分との戦い!そして限界を超えた時に見える頂点の、一瞬の輝き★ 

自分がダメダメ人間で、到底あのツライ練習を耐え抜く根性がないので…
心から尊敬しますよ。 ツライ練習があるからこそ、結果につながると嬉々として自分から受け入れる姿勢と、
それを継続する強靱な意志。
ああ、本当に…努力して鍛えられた人間って美しいな~と感じさせてくれますね…

おっと…SASRAに行きますと…

>ラストは悲恋だけど読後感はやっぱりいいんですよね~。

うん…本当に。 哀しいけれど…その心の痛みに浸ってしまうんですよね…
主人公達があまりに健気で思いっきり感情移入してしまいますから(笑)

皆勤賞まで…あと二つぐらいかな? オリンピックの合間にどうかお付き合いくださいませ~v-41
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.08/08 23:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/77-0dc51f31

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。