摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

間の楔 DARK-EROGENOUS  BLCD  1993  ★★★★★


相も変わらず「間の楔」に嵌っている摩緒でございます。
一昨日は原作本4巻を読んでおりました。
昨夜は「間の楔 DARK-EROGENOUS」を聴いておりました。
今宵もきっと「間の楔」のどれかに浸ることでしょう。(←数学的帰納法)

どうも…この毒から完全に抜け出さない限り、他に目がいかないんですよね…萌えというのは実に融通が利かないのでして…
書店のBL新刊コーナー見ても素通りしてるんですもの…これは驚異的ですわ…
己の許容量が吉原ワールドで満タンなようです…ハイ。


ではでは…ドラマCD 「間の楔 DARK-EROGENOUS」について少々萌え叫びをば失礼させていただきます。

イアソン(塩沢兼人)×リキ(関俊彦)
ラウール(速水奨) ダリル(置鮎龍太郎) ミメア(篠原恵美) 他 (株)マガジン・マガジン/1993年



「間の楔 全一巻」ではあまり触れられていなかった「リキのペットとしての三年間」
クリスタル文庫で大幅加筆されておりましたが、それのCDがあると聞いては手に入れずにはおれません。
もちろんヤフオク直行でございましたとも。
首尾良く手に入れ、早速拝聴して…そのままベッドで悶絶しておりましたわ…

イアソンを夭折された塩沢兼人さんが演じられているのですよ…
うん…やっぱり…イアソンは塩沢さんが天性の嵌り役でございますね。
大川透さん@イアソンも聴いていてそれはそれでとても素晴らしいのですが…
でも塩沢@イアソンを聴いてしまうと…その途端塩沢@イアソン一色に染まってしまうのです。
特に私の場合、大川透さんを初めて聴いたのが「影の館」だったので…イメージがどうしても大川@ガブリエル様にダブってしまうのですよ…
配役も似通っているので…余計に混乱してしまうんですよね…まるで「影の館」を聴いているような錯覚まで起きてしまいまして…
だって…カッツェ@三木眞一郎さんだし…ラウール@黒田さんだし…

うん…コアなファンがOVAやカセットブックの配役にこだわるのはわかるなあ…
最初に大川@イアソンを聴いた私ですら、元祖塩沢@イアソンに嵌るんだもの…
あまりにもイアソンのイメージにぴったり過ぎてしまうんですよね…本当に塩沢兼人さんの早世が惜しまれます。

決して声を荒げる事のない、冷静、冷酷な人工体の超エリートの恐ろしさ…
淡々としているからこそ、その恐怖や酷薄さは増すような印象でして…芯から凍りそうなんですよね…
シビアで超有能な施政者の声、何かたくらんでいそうな友人と語る声、そしてサド全開のリキの調教場面。
ええ、どれも聴いていてゾゾゾゾーーとなってしまうところにもうウットリ(←マゾ)

そして、そして、何より「吐息で語る」と絶賛されていたあの艶っぽいイアソン@塩沢吐息語りをイヤホンで聴いてしまうと…

おまえは、イアソン・ミンクのペットだ、リキ。それをカラダで覚えてもらおうか…」(←吐息語りバージョンでどうぞ)


ひーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (◎д◎υ)ノ

もー何でも覚えますからお許しを~~~~~~~


脳内がシビレテ真っ白になり、そ、その衝撃がですね、胸の奥に入り込んで…骨まで届いてとろけてしまうような…
いたたまれないどころか…目を開いたまんま、硬直してしまうんですわよ…この「吐息声
まさしく瞬殺、瞬間冷凍されまくりなんです。 
吐息に色気があるのですよ~~~ もー何とかしてくれ~~~
これを聴かされた「リキ」が羨ましいやら、妬ましいやら、はたまたお気の毒やら…

あんなの鼓膜に届いたら…なんだってうなずいちゃいますわよ…
あれに流されないリキは凄い! 大した筋金入りの根性だああ!(←変な褒め方ですみません)

そして…あの「ゆったり」とした間合いの話し方もまた…プライドの高い、余裕綽々のブロンディーって感じで嵌るんだなあああ
リキをペットリングで折檻する時の声も、自嘲しながら語る声も…ああ、塩沢さんは何から何までイアソン様でございます。

えーっと…ストーリーはリキが無理矢理タナグラのエオスに連れてこられ、ペットとして調教され…
純血種のペットの中に紛れ込んだ雑種として目の敵にされ、そんな中、反発心からリキはミメアと浮気をし、
当然嫉妬に狂ったイアソンにお仕置きされ…
その後、後に「ダリル事件」と呼ばれるエオス脱走未遂をおこし、イアソンがリキを一年だけ解放するまでと
また盛りだくさんな内容でして。
それほど時間は長くはないのに、リキのペットとしての3年間がぎゅぎゅぎゅっっと凝縮されていて…
実に聴き応えのあるCDでございますね~ 

最後のシーン、リキをペットリングから解放してスラムに送り返し、リキの遠ざかる背中を見つめながらのあの独白がもう絶品なんですよ!!
もう何十回とあれだけリピートして聴いてしまいましたが、それでもまだまだ聴きたくなる。

最初に聴いた時は、全身にしびれが走り、鳥肌がたちました。

一年だけの自由をお前にやろう。
行って…お前はすでに、異邦人なのだと…その目で、その体で確かめてこい。
私は、ただ待っていよう。…その時を。お前が真に私のものになる、その時をな…


最初の頃の人工体の冷酷、冷静な声とはうって変わって…血の通った、愛に懊悩する人間味を感じさせてくれるイアソンの声…
ジン…と脳内から体中に染み渡るような…あの…吐息と共に語られる声…

はああああああああ ε=(´Д`) うっっとり…
あの素晴らしい音楽との相乗効果抜群で…ああ、また聴きたくなってしまった…
あれ聴いたらねえ…ワタシがここまで狂乱しちゃってるワケがおわかりになると思いますわ…
あ、この音楽聴きたい方は、例の「ニコ動」の二曲目の音楽ですから、是非また聴きに行ってみて下さいまし♪
セリフもいくつか入ってますから、お勧めですよ~

リキの声は「関俊彦」さんが演じられてまして、野性味のある声がまたスラムの雑種にピッタリ。
この方はこれまで知らなかったけど…他にもいろいろ演じられているんでしょうね…
是非これから聴いてみたい方です。

他のキャストだと、ラウールくんを速水奨さんが演じられてまして…それもまたピッタリなんですよねえ…
友人を思いやる、誠実さと知的さが感じられるタナグラのエリート科学者。
この速水さんの声…どうも聞き覚えがあると思ってさんざん頭をひねって記憶をたどり…先ほどようやく思い出しました。
むか~~~~~~し、コバルト文庫に嵌っていた頃、藤本ひとみ先生の「銀バラ」シリーズのカセットブックなるものを
友人に貸してもらった時に嵌った声だわ…(笑) 銀バラ騎士団総帥、鈴影さんの声だったんだな~~
当時は脳みそが若かったせいか、あの頃嵌ったものというのは絶対に忘れませんね…昨夜の夕食は覚えてなくても…

あと中性的なファニチャー、ダリルを演じていらっしゃる「置鮎龍太郎」さん。
もしかして…BLCD感想ブログで何度かお見かけするあの「置鮎」さんと同一人物なんでしょうか…??
生憎私はこれまでこの方が主役のCD聴いたことないのでわからなかったんですが…お名前を拝見してもしや…と。
ダリルの健気な忠誠心や、リキへの同情、リキへの憧れなんかが…胸に迫りまして…
地位も、生命も、すべてを投げ打ってでも、たとえ無駄に終わったとしても、その一瞬だけでもリキに尽くしたいというその必死さ、健気さに…
聴いていて胸がツンと来ましたわ。


あ~ ホント聴けてよかった~~♪ 幸せ(はあと)
「間の楔」のファンの方、これは必聴ですぞ~~~。
でも…原作知らない方には…ちょっとこれを聴いただけじゃ訳がわからないでしょうから…
原作読まれてから聴く事をお勧めします(笑)

それではまた「間の楔」に戻ります~ 
梅雨のうっとうしさもこれを聴けば一瞬にして吹き飛ばされますわ、うん。

往年の間の楔ファンの方に是非お勧めのCDでございます。


↓↓ イアソン@塩沢兼人に萌えちゃう人~!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


拍手&メッセージ御礼

>Mさま おや~? 同じ結果が出てしまいましたか(笑)
     いったい何を基準にああいう結果がでるんでしょうねえ… まあ「まだ余裕ハハハ」と笑っておきましょう(^^)

  • [No Tag]

*Comment

楔萌えだぁ>▽< 

摩緒さん こんばんは!
今回は凄い嵌り様ですね(^^)
こんなに興奮してる摩緒さんを見るの初めてかもwww

塩沢さんがイアソンって知った時ビックリしました。
だって、私の知ってる塩沢さんって「奇面組」の物星大とか「タッチ」の黒木先輩とか、ちょっと高い声しかイメージになかったもので(^^;)

でも、摩緒さんをこれほど狂わすボイスなんて滅多になさそうだしwwwちょっと気になるわ~(〃∀〃)
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2008.06/11 23:07分 
  • [Edit]

実は…… 

実は私、ビデオは観ておりますの(笑)
そんな訳で、塩沢氏&関氏ヴァージョンは知ってます。このお二人は役者さんとしても好きですね。
塩沢氏は囁きの演技が絶品だと思います……もっと活躍して欲しかったです。

ですが。

私、小説でもビデオでも、贔屓はラウールなんですよぅ!
(ほら、私って№2好きなもんですから・笑)

……いかん、摩緒さんに影響されて、新版に興味が湧きそうだ。
お願いですから、あまり刺激しないでください(笑)


ところで。
ついさっき、私も腐女子度占いやってみたんですが……目を疑うようなオドロキの結果が出ました。
ブログ更新にサボリ癖が付いて(笑)、全く更新してなかったんですが、記事を書かずにはいられない気持ちになったので、これから早速更新します。
お暇な時にでもチェックしてやってください。
  • posted by 蒼鷹 慧 
  • URL 
  • 2008.06/11 23:21分 
  • [Edit]

はい、萌えております(笑) 

>みどりさん

こんばんは~ 
わはは、興奮してますか?? もう自分じゃわからなくなってるんですよ…
それにしても塩沢さんが「タッチの黒木先輩」やっていらしたとは知りませんでした。
さんざん見た筈なのに、全然気づかなかった…
私にとって塩沢さんは「北斗の拳@レイ」だったので…
レイが死んでしまった時は泣きましたのよ…

黒木先輩ねえ…へえ…塩沢さんだったんだあ…



あの……もしかして亮さん??

お名前は初めて拝見するんですが…間違えていたら申し訳ありません。
もしそうなら初めましてです。

ビデオ、御覧になってましたか~。
あれが今ではDVDになっておりましてね…あのクオリティは素晴らしいですね。
ラウールくんがお好きですか。 私も速水奨さんのラウールの声が大好きです。
落ち着いていて、誠実そうで…聴いていて心地よいんですよね。
あのキャラクターももちろん大好きです。
クリスタル文庫版で、もっともっと出てきて欲しいと願っておりますよ~

ふふふ、刺激はいくらでも世の中転がっておりますの。
どうか嵌ってやってください(←悪魔のささやき)

腐女子度占い、やってみましたか?
これから早速サイトに伺わせていただきます!! 楽しみ~♪




  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.06/12 20:20分 
  • [Edit]

粗忽者でごめんなさい<(_ _)> 

>あの……もしかして亮さん??
……その通り。(すみません、訂正したつもりで直ってなかった・汗)
№2好きでお判りいただけたかしら?(笑)
  • posted by 伏龍 亮 
  • URL 
  • 2008.06/12 20:47分 
  • [Edit]

いえいえ、ありがとうございます♪ 

>№2好きでお判りいただけたかしら?

はい、これで98% そうではないかと推測がつきました(笑)
趣味がやっぱり似てますね~ははは
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.06/12 20:59分 
  • [Edit]

こんばんわ 

摩緒さん、「間の楔」にどっぷり嵌ってますねぇ。
私もしっかり嵌っておりますよ。

文庫本から単行本までを一気に揃えてしまい
ほんとに一気読みしてしまいました。
その後、摩緒さんおすすめの吉原先生の
「影の館」と「銀の鎮魂歌」をしっかり手に入れて、これも一気読みしちゃいました。
今週はすっかり吉原ワールドを耽美しておりました。
その結果、私はやはり「間の楔」一筋です。
人間味のあるどろどろした世界がたまらなくいい~~~!!
ハッピーエンドじゃないところも、悶々としているけどやっぱいいのです(T_T)
昨夜もDVD観て独りで陶酔していましたよ~
当分この熱はおさまりそうにありません。
暇さえあれば「間の楔」の世界に浸りきっているのです。
現実逃避が大得意の私はこの世界から逃げることはできないかも・・・
それもまた素敵?かも

これ読んでで、摩緒さんが嵌ってるCDまでほしくなってしまいました。
でも、これ以上集めたらお財布が悲鳴をあげてしまう・・・どうしよう・・・


  • posted by 朔耶 
  • URL 
  • 2008.06/12 21:43分 
  • [Edit]

やっぱり嵌りますよね~ 

朔耶さん こんばんは~

わはは、お仲間がいらっしゃいますね~
これは…私以上の嵌り具合と拝察いたします(笑)

やっぱり「間の楔」一筋ですか。
うん…まあ好みの問題ですねえ…私はやっぱりどちらかと言うと…「影の館」なんですよね…
続編の「暗闇の封印」と合わせると…うん…嵌るんだなあ…
最初に出会ったインパクトというのはやはり忘れられないようです。
ま…どちらも大好きですけれどv-41

>CDまでほしくなってしまいました

う…そのお気持ちよ~くわかりますが…
お財布の危機と伺うと…申し訳なくなってしまいますね…

まあ朔耶さんはDVDお持ちですから…
とりあえず、危機を脱するまではDVDと「ニコ動」で十分事足りるかと…
このCDのエピソードはクリスタル文庫にすべて載っておりますからね…
そのうちもし機会があったら…ぐらいでよろしいかと思います。

お互い「間の楔」からは当分抜け出せそうもありませんね(苦笑)
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.06/13 19:52分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.06/14 21:25分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.06/15 11:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/60-36449cb5

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。