摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

吸血鬼と愉快な仲間たち 木原音瀬 Holly Novels 2006.12 ★★★★★


ちょびっと潜伏と言いつつも、毎晩のネット徘徊は止められない摩緒でございます。
ただでさえ更新がぬるいブログでございますが、それでもカウンターを見ると律儀に訪ねて下さる御方はいらっしゃるようで、
心から御礼申し上げます。
これからも気が向いた時に更新という情けない辺境ブログでございますが、こんな場所でも少しは皆様の気晴らしに
お役にたてれば幸いでございます(^-^)/~~

それでは萌えの衝動が二日酔いのせいか(←懲りない)沸き立っておりますので、良かったらまた少々お付き合いくださいまし♪



吸血鬼と愉快な仲間たち Holly NOVELS
(2006/12/15)
木原 音瀬

あらすじ

鹿代は解凍庫で輸入肉に茶色い物が交じっているのを見つけた。それは凍った蝙蝠だった。
上に知れたら全ての輸入肉を再検査、なんて面倒事になり兼ねない。
…鹿代は迷わずゴミ箱に捨てた。その夜、精肉工場の女子トイレに全裸の外国人の男が現れた。
男は逮捕され留置所に入れられるが、翌朝には姿を消していた。蝙蝠を一匹残して…。
―新たな木原ワールドが、全編書き下ろし新シリーズで開始。


木原ビギナー向けの「牛泥棒」ですっかり木原作品に嵌ったワタクシが次に選んだのが「コメディ」と書かれていた
この吸血鬼シリーズ。
タイトルの「吸血鬼、愉快」そしてあらすじちょっと読んだだけで「これはおもしろそ~~」と思ったんですよね~
怪奇ドラキュラ伝説、ええ、大好きです(笑) ま、これはちょ~~っと「怪奇」にはほど遠いんですけれど…

私はどれか気に入った作品見つけると、その作家さんの作品を片っ端から買いあさるクセがありまして…
作家さんフェア大開催しちゃうんですよ、その度に。
それを恐れてなかなか新しいものに手がでないっていう情けない理由もあるんです…慢性破産危機になるものですから…(^-^;)
でもねえ、やっぱり「他にももっと違う面白い作品書いて下さっているかも」と思うとね、その作家さんの世界に
頭からどっぷり浸りたくなるんですよね~

ということで木原フェアの初期に買ったこの作品。
主人公の一人が「エンバーマー(遺体防腐処理する職人)」であるが故に「死」と日常的に向き合う職業の当然の帰結として
「重い」エピソードも出てきたり、友人の刑事が捜査中の連続殺人なんかもでてくるんですが…
シリアスに絶妙に混じり合ってくるコメディの具合が最高で、もう思いっきり嵌ってしまいました。

「エンバーマー」という職業は、火葬が一般的な日本では耳慣れない言葉ですが、土葬が一般的で特にキリスト教的
最後の審判の教理によって火葬が禁じられていた西洋なんかじゃごく当たり前にある職業だと聞いたことはあります。

まあ昔はね、日本も田舎の方じゃ土葬が一般的だったワケで…エンバーマーはいなかったかもしれないけど…
でも遺体を清めたり、死化粧をほどこすという意味合いの「ゆかん/湯灌」というのは聞き覚えがある言葉ですよね。

生があれば死があり、絶対に「死」というものは避けられない運命であっても、それを身近に感じるのはあまり気分のよいものではなく…
身内の葬儀ならともかく、自分からわざわざ遺体を見に行くことはまず無いですからねえ…
「死体に防腐処理をほどこす」という職業がただ単に馴染みが無いだけでなく、どうも生理的に受け入れがたいというか、
「死体に触れる」ということがどこか死者への冒涜にあたるのではないかと無意識的に思ってしまう事は否めません。

しかしエンバーマーにとっては毎日職業的に扱う死体は「単なる遺体」ではなく
「一人の人生を背負って生きぬいた魂の抜け殻である御遺体」なんだということをこの本読んで知ることができました。
普通の人間にとってはものすごく近いからこそ遠くに感じていたい矛盾した「死」というもの。
それを毎日見つめる精神力があればこそ、「死」という尊厳を守るという職業意識につながり、そこから生と死に対する尊重が
生まれるのだと物語から読みとることができて非常に粛然とした心地にもなりました。

思い返せば近しい人間の葬儀において、安らかで、まるで眠っているような死顔を見てとても気持ちが安らいだという経験はあるわけでして…
死の喪失に哀しむ遺族の心の大いなる慰めとなり、現世のありとあらゆる苦痛から解放された「永遠の眠り」に満ちた空間を作り出すもの。
それが、死者の安らかな顔なんですよね…
その慰めに貢献できる職業なんだとこのお話で教えられて、エンバーミングや「死」に対する認識が私の中で大いに変化いたしました。
実に啓蒙されましたわ。

しかしそんなシリアスなテーマを扱うお話でもあるのに、そこに乱入してくるちょっとヌケてるコウモリがいるわけでして…
だからこそ笑ってしまうんです。死を厳粛に受け止めればこそ生の喜びをよりいっそう楽しめる気がしましてね。

これはBL萌えの方でなくても絶対楽しめるお話だと思います。(実際リアル友人にBLと言わずに送りつけてしまいました)



アメリカのうらぶれた食肉加工工場で牛肉の血を舐めて生き延びていた半人前吸血鬼のアル(昼間はコウモリ、夜は人間のできそこない)
夢中で牛肉の血をすすってたらそのまま肉ごと冷凍されて日本に空輸され、ようやく解凍されたらそこは異国の日本だったという
おマヌケないきさつで日本にやってくるのですが…
(これだけ読んだだけでも十分に笑える発端なんだけど、本人にとっては必死なのが更に笑える)

不法入国の不審人物ということで早速警察の留置所にご厄介になってしまうんですね~当然そこでもひと騒動あるワケです(笑)
そこに居合わせた刑事の忽滑谷が「コウモリが好き」という友人のエンバーマー、暁のもとに蝙蝠姿のアルをペット候補として
連れていってくれて、人間だ、コウモリだ、いや吸血鬼だと大騒ぎの末、ようやく無愛想な暁の家に半人前吸血鬼の居候が決定し、
そこからアルと暁+忽滑谷の愉快な仲間達のお話が始まるんですね~

とにかく最初の内はアルが見知らぬ異国で遭遇する災難てんこ盛りと、アルと暁の居候同居生活奮闘記に笑わせていただきました。
このドタバタ騒動読んで笑わない人間はいませんわ…ええ、人の災難は蜜の味~(笑)

可愛くて、一途で、ドジでマヌケなアル、一生懸命やってもその好意が空回りしてしまうアルが愛おしい。
その被害を全部一手に引き受けて怒りまくっている暁も素晴らしい。
本人達が真剣に慌てふためいている分、申し訳ないけれどこちらは大笑いしてしまうんですよ…性格悪くてゴメン…
そして親友の忽滑谷も…二人のフォローが最高です。 何よりよくぞ、暁とアルを引き合わせて下さった。
貴方はキューピッドです。二人の人生の恩人です。これからも良き相談者でいて下さいね♪

えーごしか話せないアルは、日本語を学べと暁に強要されて、「楽しい日本語の学び方」を実践してくれるんですが、
これがまた笑えるんだな~…わははは。
語学を学ぶ時、「必要に迫られて実際使った言葉」は絶対に忘れないというのが鉄則ですが…
それがアルの場合は「あくま」だったワケね……うん、これは絶対絶対忘れないだろーよ~
日本語を少しずつ覚えていくアルが本当に可愛くてねええ…あのたどたどしい日本語がツボに嵌ってしまって…
キャラクターイメージにピッタリだと思っております。ホントに必死なんですよ、暁に構ってもらいたくて。
まあ、アルにしてみれば暁に放り出されたらもう行く先もなく、血も手に入れられなくて路頭に迷うのは明白ですから
語学習得は死活問題なワケですが…
そのようなさまざまな過程を経て、居候と家主、厄介者とフォロー役の関係が話の進行に従ってびみょ~に変化していくんですね…
途中厳粛な雰囲気にもなりますが、やっぱり笑える愉快なコメディなんですよ。
1巻ではとにかくドタバタやっててBL要素なんて皆無なんですけれど。でもだからこそ本当に読んでて楽しい…るんるん。

ようやく2巻で一応美形の暁くんに惚れる助手という存在がでてきて、ほんの少しBLらしさがでてくるんですが…
この助手もねえ…一途で良い人なんですよねえ…
でも、相手が悪かったわ…恋は思案の外とは良く言ったものですが、よりによって惚れた相手があの暁くんじゃねええ…
良識人間の片想いの相手があれじゃ望みは全然ないですわよ、絶対。
アルのような一生懸命やってるけれど、非常識に周囲を振り回してくれるようなタイプじゃないと感情の針が動かないでしょうからね、
特に暁みたいな人間は。

愛情深いけれど殻にこもっている暁を少しずつ理解して、プライドを守りながらフォローしてあげて、ドジをしたのを暁にフォローさせることで
人と関わりあわざるを得ない状況に陥らせる事ができるのは、異種であるアルぐらいしかいないような気がします。

アルもね、人間だったらもう3回は死んでいる目に遭ってますが、幸い吸血鬼だったおかげで何とか生きてるし…
アメリカじゃ毎日を生き延びる為だけに生きる目的も尊厳も持たず、ただ獣のようにエサを漁りながら汚い食肉加工工場の片隅で
ひたすら身を潜めて生きていたアルが、日本に来て良い協力者に巡り会い人間らしい尊厳を取り戻し、そして吸血鬼だからこそ
人の役に立てたと神に感謝するまでになる。その素直な心の成長にほのぼのとします。
うん、日本に来て暁達と巡り会えて良かったね、アル。 憧れの俳優デビューも日本でできちゃったもんね~

永遠の孤独を補ってあまりある素敵な出会いを神様に与えてもらったのですから、これからは永遠の幸せを手に入れる為に
日々奮闘して下さい。

とりあえず…まず「栄養学」と「基本の和食の作り方」を学ぶことをお勧めしますわ…
悪いがこてこてアメリカ人のとんでもメニュー、ワタクシも一日で降参です…
あんなの毎日食べてりゃ、そりゃ~アメリカは肥満大国にもなるわなあ…暁くんがメタボで早死なんてイヤでしょう?
良かったらファンレター代わりに「30分でできるカンタン和食のおかず料理本」プレゼントしますわ。
敵を陥とすには、まず胃袋からとも言いますからね♪

いやあ、続編が実に待ち遠しい作品でございます。少しはアルの料理の腕前、上達してるかなあ…?


ところでこれのBLCDが発売予定というのは知ってたんですが、それが「今月の23日」とは知らなんだ…
ひええええ、25日には「神官は王を狂わせる」のCDが発売なんですよ~~??
もう予約済、支払い済なのだ~~!
そんな~~、もーちょっと間空けてくれてもいーじゃないか…
その前に「是」も買わないとな…それに加えて某所で「Love Mode」熱再燃しちゃったから、これも聴きたいんだよ~~
あと某所の4月BLCD発売予定カレンダーの過密なことと言ったら~~~画面の前で冷や汗かいてのけぞってしまいました…

ああ、金、体力、時間が無い~~~~~~~~~
でも、でも、全部・聴・き・た・い~~~~~~
ええ、もう絶対に買いますわよ。可愛いアルのコウモリ鳴き声を聴いてもだえるのだ~~~だって平川さんと緑川さんのコンビですよ?
これを買わずして何を買えっちゅーんじゃ~!!BL破産+過労死への道は確実に近づいておりますが、地獄逝きへの道連れは
多いようですからみんなで逝けば怖くない。(某A様、ご一緒いたしますわ)
GWの予定は決定だな…BLCD三昧だ…
別にラブシーンが皆無だってぜ~んぜんオッケー、オッケー。だって原作にだってまだ無いし…
このシリーズ、ライトノベルの棚に置いてまったく問題ないもの。
木原先生、出版社間違えたんじゃなかろーかと思ってしまいますわ…
コバルトで出したら、少女達に素晴らしい啓発を与える本になったでしょうにねえ…
今からでも遅くない、このシリーズだけ移籍しないかな~なんてね…
あ、でもそうするとBLが入ってこれないか…う~ん…

ということでワタクシもアル達に負けず劣らず、本人にとっては非常に深刻な悩みだけど、端から見たら単なるバカをやっておりますわ。
こんな愉快で贅沢な悩みに浸らせてくださる作品にお目にかかれて幸せです♪
ええ、もう絶対★5つの永久保存版ですわよ…って言っても第一巻はただいま布教の為に貸し出し中ですが…(笑)


愉快な仲間達と一緒にちょっとしんみりしながらも愉快に笑いたい貴方に是非お勧めの作品でございます。


↓↓BL破産への道をご同道下さる方、いらっしゃいます??
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


拍手&メッセージ御礼

>9日20時の方  ぽちっと拍手、ありがとうございます!

>Mさま 猫達に癒されていただき、こちらも嬉しいです(笑)
     ファンタジーがお好きなら、きっと嵌ると思います。どうか楽しんでくださいまし♪
    
  • [No Tag]

*Comment

続きが待ち遠しい! 

こんにちは~♪
某所での書き込みが遅くなってしまって、すみませんでした。
金曜~日曜は、書き込みとか、あんまり出来ないんですよね。ごめんなさい。

しかし、ほんと、面白い小説ですよねぇ。
続きが待ち遠しいですよ。
私は、暁に激萌え~です。
  • posted by まひる 
  • URL 
  • 2008.04/13 18:33分 
  • [Edit]

続きもCDも待ち遠しい! 

まひるさん こんばんは~
いえ、謝るなんてとんでもない。ただおつき合い下さるだけでうれしいんですよ~v-9
私もの~んびりやってますので、お気がむいた時にどうかよろしく~♪

暁に激萌え~ですか、私はぬかりやに激萌え~です。
あーゆーキャラクター、好きなんですよ(笑)
あと半年ぐらい待てば新刊にお目にかかれるでしょうか…v-266
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.04/13 20:58分 
  • [Edit]

買う! 

これね、エンバーマーの本☆
このタイトル聞いた事あるわ♪以前にちょっと気になって買おうとしたんだけど、BL要素が少なそうなのでやめたのね。
でも摩緒さんの紹介文読んでたら、やっぱり欲しくなっちゃいましたよ★
木原作品は、やはりいいのかもしれないですね♪
摩緒さん、ありがとーー(*^_^*)

…て、こんな事してる場合じゃないのにorz
ケツに火がついて大変だわよ~(汗
  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.04/14 11:54分 
  • [Edit]

読んでて楽しいですよ♪ 

ウダムさん こんばんは~
大変な時なのに来てくださってありがとうv-238
木原作品は良くも悪くも絶対に忘れられないインパクトを残して下さるんですよ…
あれからいろいろ読ませていただきましたけれどね(笑)
木原作品のなかでコメディ路線は少ないですが、どれも気楽に楽しめると思います。
ただ、ワタクシこの第一巻ただ今貸し出し中で、最後に読んだのが2ヶ月以上前なので、
細かいところが相当いい加減なんですよ…
実際読んでみて、びみょ~に違ってる可能性大なので、その辺り見逃してやってくださいましv-13

身体に気を付けて追い込みがんばって下さいね~
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.04/14 20:23分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.04/15 02:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちはです^^

ちょっとここ数日、体調不良の為、「声美人」でさえ
なかなかちゃんと見られない状態でした。

いつもご訪問、ありがとうございます~^^

これ、自分もやや遅ればせで購入しました。
でも、読んでないです。。。

とにかく買いすぎで未読タワーがエライことになっている始末でして・・・汗

また読んでみます^^
  • posted by riri 
  • URL 
  • 2008.04/15 16:59分 
  • [Edit]

こんばんは 

ririさん

体調不良とは…大丈夫でしょうか?
気温の変化が激しいですからね、どうかお大事になさってくださいね。

この本、お手元にあるのなら是非読んでみてくださいまし♪
後悔はさせません!(笑)
ついでにそのままCDも逝っちゃいませんか~??
平川さん、緑川さん、遊佐さん、森川さんが一枚のCDドラマで
聴けるなんて、なんて贅沢なんだ~と昨日知って(←遅い)喜んでおります。
ぜひぜひご一緒に楽しみたいものですわv-238

未読タワー…お仲間がいた~!
でも、やっぱり新刊見ると買っちゃうんですよねえ…しみじみ…

  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.04/15 20:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

そうなんですよね~^^;
BLってうかうかしてたら、絶版という
憂き目にあうので、さっさと購入するに
限ります。
自分はそういう目に合ったことが・・・^^;

そうですよね!このCDはメンバーが凄いので、自分もきゃ~とか思いました。
きっと「声美人」の誰かが
間違いなくレビューあげると思います☆

なかなかCD聞けない?っていうか、
落ち着いて聞けない自分なんですが、
今みんなに感化されつつあるので、
また、聞くかもです^^
  • posted by riri 
  • URL 
  • 2008.04/16 03:35分 
  • [Edit]

これは楽しみ… 

ririさん こんばんは 
絶版の危険性…
これね、何であんなに人気あるのに絶版なんだろう?と首ひねることがしばしば起こりますよね…
おかげでアマゾンでプレミア価格で買うハメになるんですが(苦笑)
でも、やっぱり読みたいのよ…orz

声美人のどなたかが必ず「吸血鬼」のCDレビューあげてくださいますよね!?
私も楽しみにしてるんです。
いろんな方のいろんな感想読むのが大好きで(笑)
自分が気づかなかったところを教えていただけたりするので、沢山の方から
いろんな楽しみ方をいただけます。
ぜひririさんも聴いてみてくださいませ~♪
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.04/16 20:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/42-1f70ea23

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。