摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

龍と竜 綺月陣 ガッシュ文庫 2006.06 ★★★★☆


ブログには来れても管理ページに朝から閉め出されていた摩緒です。
時々FC2ブログってのはこーゆー事があるんですねえ…
「アクセスが集中してます」とか言ってきて、自分のブログに来れなかったり…
ブログはともかく、管理ページに管理人が入れないんじゃ、な~んにもできないじゃ~~~ん!
ま、お陰で方々のブログ巡りをゆっくりしちゃいましたけどね~(←雨で花見が中止になった人)
よーやく管理ページにアクセスできたので、更新ができる。
それでは逝ってみよ~!



龍と竜 (ガッシュ文庫)
(2006/06/30)
綺月 陣

あらすじ

「いきがるな。もっと俺に甘えろよ」両親を亡くし、幼い弟と二人暮らしの乙部竜城は生活のために掛け持ちでバイトをしている。
昼のバイト先・カフェで知り合った常連客が市ノ瀬組幹部・石神龍一郎と知ったのは、夜のバイト先のホストクラブ。
トラブルに巻き込まれ怪我をした竜城を自宅まで送ってくれたのがきっかけで、石神は何かと理由をつけてはアパートにやってきた。
人に頼るまいと肩肘を張っていたはずの竜城だがその優しい一面に心を奪われて…。


綺月陣先生と巡りあったのは…相変わらず覚えてないんですが…orz
どうも…今まで何人かのBL作家さんの感想記事を書いてきて気づいたんですがワタクシの記憶の中から
すっぽり抜けてるBL空白地帯が何年間か存在するんですねえ…
一度BL全部ドナドナしちゃってから…5、6年後ぐらいのBL第二復活期ってところ?
うん…この時期に初めて読んだ作家さん達の記憶がどうも…曖昧なんですよね……ナゼだ???
…まあいーや、とにかくその第二復活期に綺月先生を知ったんです…

「いつもそこには愛がある」シリーズを一山いくらで買い込んで嵌っちゃてたんですけどね…(笑)
これは…満腹になりました…リーマン物でこれだけ愛を詰め込んだ濃いBLシリーズ作品は…滅多におめにかかれないかも…
高校時代の出会いから、その後就職して、転勤して、離れそうになったりくっついたりゴタゴタしてと非常に濃い内容になっていて
まさに逸品でしたわ…うん…

それ以来綺月先生は…濃くて、くどくて(←褒めてるんですよ、モチロン)とても面白い作品を書かれるという印象があります。
ものすごく話の中身が詰まっていて面白いんですよ。 出てくるエロもねえ…何というか…ベテランエロって感じ?
うーーん…うまく表現できないんだけど…特に奇抜な事をしなくても、十分中身が濃くて満腹感が来る、
流石の筆力というか…独特の雰囲気があるんです。
読みたい!ってなると完全に嵌るんですが…ちょっといろんな意味で内容が濃いので、時々でいいんですが…(勝手ばかりですみません)

そんな中でこの「龍と竜」シリーズは綺月先生のヤクザものなんですが…
リーマン物であれだけクドイ作品書かれる方のヤクザものなら、いったいどれだけ濃い内容が来るかとちょっと覚悟して読んだんですが、
これは思いっきり和んでしまいましたよ…いえ、もちろん濃いんですけどね(笑)
妙な例えで申し訳ありませんが、ネオンきらめく歓楽街のど真ん中でキャラメルミルクティー飲んでほっこり和んでる感じでしょうか?

4歳の幼い弟を弱冠20歳の身で健気に育てる竜城くんに惚れ込んだダンディーなエコやくざ、石神龍一郎くん(36)との
ラブラブ成立までのお話なんですけれど。

ヤクザに惚れられた竜城くんもねえ…決して愛情に恵まれた家庭に育った幸せ一杯の子供というワケではないんですが…
でも本当に愛情深くて、素直で優しくて…そして、健気なんですよ…見ていて癒されるんですよね。
何よりその笑顔がステキなのだ。 オバサンは読んでいて「何ていい子なんだ~~」とホロリと来てしまいましたわ。

ええ、酸いも甘いもかみ分けて、人生の裏側知り尽くしちゃったヤクザの龍一郎くんがね、その素直さ、
愛情深さにコロっと一目惚れしちゃったのがよ~くわかるんですよ…
この龍一郎くん、ダンディーなエコやくざってのが妙にミスマッチで笑えるんですが…
(何しろ禁煙、マイカップ、マイハンカチ持参で竜城くんのコーヒー飲みにコーヒーショップに通い詰めてますし)
惚れ込んだ竜城くんを影ながら守ってやろうなんて健気なところもあるんです。結構可愛げがあるのだ…ヤクザにしては。
まあ竜城くんは本人はしっかりしてると思っていても、やっぱり若さからくる経験不足、素直な性格ゆえの危なっかしさがね、
見ていてハラハラしますからね…
あんな子ウサギちゃんがいきなり新米ホストになっちゃねえ…何をされるかって心配で、ついつい手をだしたくなる
気持ちはわかります、うん。 
あと龍一郎くん、本当に子供好きでね…弱い者、幼い者を守ろうといういたわりと優しさが伝わってきます。
颯太くんにメロメロになってるし…

自分がやくざ者だと身にしみてわかっているからこそ手に入れることの出来ない「平和な家庭」
孤独を抱え、孤独に生きる男がね、諦めながらも諦めきれない平穏な生活を、まだ若い竜城くんと幼い弟に
ほんの一時だけでも求めてしまうところにその渇望の激しさが伺えるんですねえ…

同じく孤独を抱えながらも必死で生きている健気な存在を、世界が違うと諦めようとしながらも相手があまりに危なっかしくて
ついつい関わりが深くなってしまって、とうとう開き直って手に入れてしまうってところが…やっぱりヤクザなんだけど…

龍一郎くんも結構悲惨な家庭環境から脱する為に自然の成り行きといった感じでヤクザになったようですし
家庭のぬくもりというものに飢えてるんですよね。
そんな彼にとっては幼い颯太くんと竜城くんがまさしく心の聖域、オアシスなんだろうなあ…
端からみればおままごとのような家庭でも、それは心の通った立派な家族。
家庭を心から大事にする誠実なエコヤクザが拝めて、こちらも和んじゃいますよ…

男くさくてカッコ良くてもやっぱり修羅に生きる非情なヤクザなんだけど…ふとした瞬間に弱さのようなものを見せてくれて…
誠実で、包み込んでくれるような優しさも頼もしさもある男。
う~ん…まだ父性を求めたい年齢だけど母性本能ありまくりの竜城くんは、そのギャップにやられちゃったんだろーな~~

このお話では、龍一郎くんのさまざまなしがらみに巻き込まれて竜城くんと颯ちゃんが振り回されながらも
互いの絆を強めていくほのぼの過程が存分に楽しめるんですねえ…

格好いいばかりじゃ…まさに遠い世界を見ている感じなんですが…壮絶な血にまみれながらも平穏な憩いを求められると…
より身近に、現実味を増してくれて、読者を惹きつけてくれるんですよね…
この辺りが…濃くて…さすがベテランって唸らせられちゃうんです。

続編ではね、竜城くんもヤクザの嫁さんとして大分鍛えられて、返って龍一郎くんが年若い嫁さんの尻にしかれた
ダメダメ亭主になってるのが血なまぐさい事件の中でものすごく際だっていて、笑えましたわ…

あとイラストがキャラクターのイメージそのもので、イラストレーター選ばれた方の選別眼に拍手を贈りたいですね…

これは、ホント面白かったです。エコやくざに影響されてワタクシもマイ箸、マイカップ心がけるようになりましたわ(笑)
ということで…★4つ+☆とさせていただきます。

濃いヤクザ物でほっこり和みたいアナタにお勧めの作品。


↓↓ 満開の桜に欠かせないものは月じゃなくて酒だ!と言う方、ぽちっとどうぞ~♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


Web拍手御礼

>30日22時の方、ぽちっと拍手ありがとうございます♪

  • [No Tag]

*Comment

私も!私も! 

>アクセスが集中してます。・・・で入れなかったぁ★

こんばんは♪
“強面のヤクザが実は優しい”って定番っぽいけど、その定番が大好きですなみどりです(*´Д`)ノヤクザ万歳☆(w
しかもこの作品には4歳の幼子まで・・・。
ぎこちなく子供をあやすヤクザも好きですが、手慣れたヤクザもまた・・・フフっ。
これまた、キャラ設定だけで楽しめそう♪♪
しかも続編のダメダメ亭主っぷりも気になる(w
また一つ、読みたいBL本が腐えちゃった・・・;
色々紹介頂いてるのに全く追い付けてないです・・・(t_t)ょょょ・・・。

※そういえば私も足跡残してみたんですが、残ってる??(すぐ真似したがるもんでv
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2008.03/31 22:23分 
  • [Edit]

あら、ご同様? 

みどりさん こんばんは~
ああ、みどりさんも管理画面に入れなかった人なのねv-40
あれはちょっと…困っちゃいますよね…な~~んにもできないんだもの…
記事の更新だけじゃなくてさ、カスタマイズなんかもできないですからねえ…苦笑

>定番が大好きですなみどりです(*´Д`)ノヤクザ万歳☆(

おおお、それはそれは…
これは気は優しくて力持ち…って感じじゃないけど、男臭さムンムンなクセに、子供にメロメロなのが笑えるのですよ(笑)
か~な~り~極道入ってるんですけれどね…
ま、本は逃げませんから、ゆっくり攻略していってくださいませ~

追記 足跡、ちゃんと残ってますよ~アリガト♪
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.03/31 22:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.04/02 01:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/38-2831cb0f

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。