摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

花束なんか欲しくない 斑鳩サハラ 花丸文庫 1994.02 ★★★★



花束なんか欲しくない (花丸文庫)
(2005/05/19)
斑鳩 サハラ

あらすじ

那智学園の海棠力也は、幼馴染みでプレイボーイの生徒会長・源蘇芳の代わりに、二か月という短い疑似恋愛期間の終わりを、
相手に花束付きで告げる役目を担っているせいで、「死の告知天使サン・ジェスト」と呼ばれていた。
それは子供の頃から蘇芳の兄を自認する力也にしかできないことだった。ところが蘇芳に本気の相手が現れてから、
力也には蘇芳が遠い存在になったように感じられて…!?ちょっとせつなくて真っすぐな学園純愛ロマンス。


斑鳩サハラ先生との出会いもまた忘れられない思い出でございます。

とにかく「斑鳩サハラ」というPNが衝撃的でしたよ…何で斑鳩の里とサハラ砂漠が同時にでてくる???
関連性がまっったく思い当たらず、その強烈なミスマッチにまず目を奪われました。
ご本人曰く、「サハラは才能が砂漠だから」だそうですが…斑鳩は何故だったっけな…忘れてしまった…
一発で覚えてしまうキョーレツなネーミングでございますね…
買おうか買うまいか迷っている読者をその気にさせるには十分かと思います(笑)

あの当時、試験期間中だというのに、本の誘惑にあらがえず書店にふらふら立ち寄ってしまったサボリ学生であったワタクシは
このキョーレツなお名前「斑鳩サハラ」にノックアウトされ、「いったい誰??」とつい手にとってしまったのですよね~
表紙のSATOKO様が描かれた妙に色っぽい学生服姿の蘇芳くんに目がくぎづけになったという理由もありましたけど…
最初はね、この本「花丸ノベルズ」から出てたんですよ。
後に文庫本としてイラストレーターさんも変わられて花丸文庫から再販されたようですが。

まだこちらはBL初心者時代だったのでねえ…こういう学園物に初めてお目にかかって夢中になったのですね~~~
タクミくんシリーズとはまた違った意味で「学園物王道」って感じなんですよ、この方の書かれる作品は。
もうねえ、電車の中で一気に読んで、家に帰ってからも試験勉強なんてそっちのけで読みふけっておりましたよ。
まだ若かったので、こういう高校時代に馴染みがありすぎたんですねえ…

で…天罰覿面だったのか、その翌日からものすごいインフルエンザで寝込み、その後の試験はすべて受けられず
医師の診断書を持っていって追試の手続きをするハメになりました…_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_

でも高熱とセキに苦しみながらも、どーせ試験受けられないんだし…と開き直ってベッドでこの本読んでましたからねえ…
我ながら図太い神経でしたわ…試験勉強なんてちらっとも考えなかったもんね…
ま、あやうく留年寸前になった諸悪の根源かもしれない本ってことで、余計忘れられない強烈な思い出となってます…


お話はですね、よーするに「高校の生徒会の主催する学園祭」をキッカケに素直になれない幼なじみ同士が
周囲を思いっきり巻き込んで何とかゴールインするというこれまた単純明快、王道すぎるお話なんです。
なんだけど、ページ数が少ないせいか話としてとても良くまとまっていて、読みやすかったんですね~
本編に続いての副会長さんと当て馬役のカップルのお話も、妙にツボに嵌りまして…

まあね、今読んだら「こんなの絶対ありえね~~~」とツッコミ入れまくりの「妄想と美化もえーかげんにせい」
と言った感じなんですけれど、そこがいいんですよ!!←完全にオバサン思考の末期症状

妄想上等! 美化上等!! 
思い出は美しければ美しいほど良いのです。
人間は、自分に都合の悪い物はすべて忘却の河に押し流し、美しい思い出のみを純化して取捨選択できる
素晴らしい脳を持っているのですから。

高校時代の思い出。

別に勉強だけが高校生活じゃありません。
運動会、修学旅行、林間合宿、文化祭、課外授業。どこかに懐かしくも美しい思い出が皆さんの中にありませんか?
特に文化祭。ええ、もう、あまり楽しかったとは言えない高校時代の中で、ワタクシの美しい思い出でございます。
我が母校は、近隣でも文化祭が派手な事で結構有名で、文化祭の準備の為に一週間は授業そっちのけで
準備するという伝統がございました。
新しく部を立ち上げた部長として、生徒会や職員室に毎日乗り込んで、予算やら展示場所やらを確保する為に交渉しましたわよ。
クラスでは仮装の衣装を縫ったり、カフェのメニューを調達したり、演劇の内容を考えたりと3年間、実に楽しゅうございました。
今思えば「これぞ青春!!」という日々を送っていたんですねえ…あの当時はいろいろ悩みや不満もあったんでしょうけど…

ま、そういう事で、この「花束なんか欲しくない」という作品は、ツッコミ入れながらも読めば、自分の思い出と比べながら
ますますその思い出を美しく彩ることの出来る憧憬に満ちたお話なんですね~

あの頃は灰色の受験生活を送っていたと思っている貴方も、もう一度、あの輝ける日々をお話の中で追体験してみたら
もしかしたら、灰色の中の輝く宝石を見つけ出すことができるかもしれない作品でございます。

青春の日々よ、美しく輝きて、永遠なれ。



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/27-8f46014e

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。