摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ボクサーは犬になる 剛しいら クリスタル文庫 1999.04 ★★★★★



ボクサーは犬になる―ドクター×ボクサー〈1〉 (クリスタル文庫)
(1999/04)
剛 しいら

あらすじ

高校を中退し故郷を捨てた18才の橋口徹の、ボクシングこそすべての生活が、ある日突然激変して…
黒光りするドーベルマン2頭を連れた外科医・加藤との出逢いが家族愛すら知らなかった徹に、
監禁と呪縛の愛の檻の中で生きることを求めるとは…誰も先生みたいに構ってくれなかった!!シリーズ第1弾。



剛しいら先生との出会いはまさしくこの「ドクター×ボクサー」シリーズの第一弾「ボクサーは犬になる」。
私のBL史の中では、案外遅かったような記憶があります。

何でこの本を手に取る気になったのかはもう覚えていませんね…
それまで「ボクサー」にも「犬」にもまるで縁がなかったのですが…知っていたのは「ロッキーのテーマ」ぐらいで…笑
「ボクシング」という競技も、どうしてプロとしてつらい減量に耐え、殴り合って血を流し、顔を腫らし、お互いフラフラに
なってまで試合をするのか、一応暴力反対主義の人間にはまったく意味不明でございましたのです…

ま、強いて言うのなら単なる興味と暇つぶしで手に取っただろうこの本は、「苦痛を知り、苦痛に耐える事で培われる紳士としての
ボクシングの精神」と「従順で純粋、献身的で最良の友としての犬の精神」を私に教えてくれました。

そしてもちろん…嵌りまくりましたよ(苦笑)

さすがにボクシングジムに入会するまでは行きませんでしたが(入会パンフレットは読んだ)、代わりに剛しいら先生の本を買い占める
勢いでそれからいろいろ読ませていただきました。

いや、実に多彩なお話を書かれる作家さんでいらっしゃいますね、剛しいら先生は。
数が多すぎて、やっぱり保管に困りましたよ…orz

プロボクサーを目指す無口で孤独な少年、徹が、ある日いきなり公園で見知らぬ男のドーベルマンに襲われ、
医者と名乗る男の家にそのまま監禁され、陵辱される衝撃の出会いからこの物語のシリーズは始まります。
しかし徹の純粋で孤独な心は男の深い孤独を感じ取り、自らの孤独を埋めてくれるそのひたむきな愛にほだされて
だんだんこの男、加藤を受け入れ始めるのですね。
一旦隙をみて逃げ出しながらも、ボクシングの試合の後自ら加藤の元へと帰っていくのです。
ここで一応あっさりカップリング成立。

でもここからがこのシリーズはますます面白い。

長年孤独ゆえに苦しみ、孤独ゆえに愛をひたすら求め、その愛をようやく手にいれた若き外科医師加藤は、
そのかけがえの無い存在である徹を失う事を恐れて嫉妬深くなり、それからお話はいろいろごたつくのですが、
ひとつ山を越えるごとに二人の絆は強まり、お互いから自分に欠けた所を学び、補いあうまさに理想的なカップルに成長していくのです。
ここがね、読んでいて実にほほえましく、思わず応援したくなる純粋さなのですね~

本当にうまく釣り合いが取れてるんですよ。
一見若きエリート医師と高校中退のボクサーのカップルじゃ、ヘタすりゃ援助交際(←殴)
ベッド以外じゃいったい何を話すんだと首をひねるところですがね…ホント割れ鍋に綴じ蓋とも言える実にぴったりのカップルなんです。

そしてそれぞれの孤独を抱えた人達が、このカップルと関わり合ってくるのですが、それを見守る周囲の
ボクシングジムの人達がね、もうボクシングを心から愛してるんですよ。
ボクシングに魂と人生を捧げているんですよね~
こういう熱く闘う世界って、実に原始的な感情だけど、やっぱり人生を生きていく上で必要な情熱だと思うなあ…
今時「闘魂」なんて流行らないとか、あまりにクサくて格好悪いなんて言う方がカッコ悪いと思いますですよ、本当に。
現代生活の中でも原始の時代に戻って、わお~~~んと吼える時もあっていいんじゃないですかね…近所迷惑にならない程度に。

あとお話で重要な役どころを占めているこのドーベルマン達の賢いことと言ったら。
犬のこの純粋さに癒される方も多いでしょうね…いつでも側にいてくれて、見守ってくれて、変わらぬ献身を捧げてくれる。
これで「話せる」ことさえ出来たなら…と犬好きの方ならば誰でも思うでしょう。

私はこれまで猫しか飼った事がなく、勝手気ままな猫たちに振り回され、毎日こき使われる下僕と化しておりますので、
主人に仕えてくれるという犬は、まさに憧れですね…ウチの猫が人間に仕えてくれるなんて、天地がひっくり返ってもあり得ないからなあ…
孤独を癒し、愛してくれる存在を心の底から求める時、犬は人間の最良の友となることでしょう。
それにしても加藤先生のネーミングセンスが笑える。アダム、カイン、アベル、ノアと来たら、次は多分アブラハムかイサクか?

2巻以降に出てくる徹の良きライバルである西條東とそのお守り役の坂本とのお話もね、主人公二人を食べてしまいそうな
勢いで主役を張ってくれて本当に面白い。
こちらのカップルの方が話としては好きだという方も多いんじゃないかなあ…(実は私もその一人)

去年BL萌えが大復活した際、またこのD×Bシリーズが無性に読みたくなり、ヤフオクで全巻まとめて落札し、それでも足りずに
剛しいら先生の同人誌、このシリーズ全部買い占めました。←もう狂ってます
ああ、あの時、もう少し早く「座布団」の事を知ってたら一緒に申し込んだのに~~
3日遅かったんだよ~~~

同人誌ではまた「犬の視点」のお話やら、シリーズ終了後にもまたいろいろ問題発生となっていて、これは剛しいら先生の
ライフワークとしてずっと続いていくお話なんでしょうね。
徹くんも東くんも、無事違う階級で世界チャンピオンになってたし…

それにつられて思わずこの間のボクシング世界タイトルマッチのテレビ放映、見てしまいましたとも~
いや~、血沸き、肉躍るってところで、ただテレビの前で見ている私の方まで熱くなり、BL萌えに浸っておりましたよ(←腐ってる)

やっぱり闘う男の姿は、美しいですわ、うん。


孤独と期待を背負いながら寡黙に闘う男達の世界に浸って、自らも熱くなりたい貴方にお勧めの作品。




  • [No Tag]

*Comment

おやおや 

ん~?なあ~んか読んだ事あるぞ、と。
摩緒さんの感想文読んでいて、古い記憶がよみがえってきましたよ。
うん、多分読んだ事あります。
あ、でも、どこにやったか…探すの面倒だからブックオフにでも行ってみようかな~。
なんかもう一度読みたくなってきましたよ。
剛 しいらさん、私もフアンです。あの方のホームページ、勿論、ご存知ですよね?楽しいですよ、本当に。
  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.02/20 22:24分 
  • [Edit]

あ、ご存じでした~? 

ええ、剛しいら先生はこれからファンになってますよ。
HPも定期的に訪問させていただいてます♪
新刊情報見てにやにやするのが趣味なの(笑)

何度読んでも良い本は楽しいのがいいですね。
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.02/20 23:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

D×Bシリーズは私が「箱」「檻」で舞い戻ってすぐに読みました。
摩緒さんと同じく坂本×東に萌えたクチです。いいっすよね!!!
万里と西崎はあのままなのかしら…同人誌は持っていないのです。
私は元々某ボクシング漫画が大好きなので一層楽しめました。
シリーズ途中からは、書き下ろし発行になったので、
より人間関係や二人の心理の深いところまで描かれてましたねー
ほんと剛しいらさんは多彩で、しかも深い。
また読みたくなりました~
  • posted by あねこ 
  • URL 
  • 2008.02/21 12:47分 
  • [Edit]

何度読んでも楽しめますね 

あねこさん こんばんは

>摩緒さんと同じく坂本×東に萌えたクチです。いいっすよね!!!

本当に! この二人、任侠の世界の上下関係をそのままスポ根に持ち込んだ感じで萌えますよね~♪

>万里と西崎はあのままなのかしら…

う…す、すこ~~~しずつ、近づいている…かも?? うん、心理的には凄く近くなってますね…
ボクシング師弟関係限定で。
これは作者のじらしプレイと見てます、ハイ。←見事に乗せられていますよ~
でもそのじれったいっていうか…西崎くんのあの気づいていそうで気づいていないような天然なところがいいんですよ~
このまま続けてくれないかしらと思ってます(←やっぱりオニ)

>私は元々某ボクシング漫画が大好きなので

某ボクシングマンガ? 私に思いつくのは「あしたのジョー」ぐらいですが…これって、ボクシング漫画でしたよね??
いえ、読んでないんですけど…もしかしなくても他にもボクシング漫画ってあるのかなあ…
やっぱり漫画で読むと迫力が違うんでしょうね… 読みたいなあ…
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.02/21 20:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/23-d1e26f80

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。