摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

許可証をください! 烏城あきら シャレード文庫 2003.10 ★★★★★



許可証をください! (二見シャレード文庫)
(2003/10)
烏城 あきら

あらすじ

中小化学薬品製造業・喜美津化学の品証部に勤務する阿久津弘は初の四大理系卒のホープとして期待されている身。
そんな弘が社命でフォークリフトの免許を取ることに。慣れない乗り物の操作に難儀する中、指導係として遣わされてきたのは
製造部の若頭・前原健一郎。弘と同い年であるにもかかわらず同僚からの信頼も厚く、独特の迫力と風格を持ったこの男に、
弘はとある出来事がきっかけで苦手意識を持っていたのだが、意外にも前原の方は―。
それなりに平和な工場ライフを送っていた弘を襲う前代未聞の“男×男”関係、ガテン系濃密ラブ。




高校時代、数学5点、物理18点で永遠に理数系へ進む道を閉ざされた我が身には、「研究所、工場」というものは
宇宙の彼方ほど遠い存在。
そんな人間にとって、数学、理科、工業の話題など宇宙人と会話するのと同じ覚悟が必要です。←要するに、話が全然わからない。
理系人間が身近にいるんですが、思考回路が文系人間とは根本的に違うのだと日常生活で思い知らされる事はしばしば…

なんでたかがCDラジカセの使用説明書を隅から隅まで読むのだ?
(↑一度も読まないオマエが異常だとよく怒られる)

なんで機械についているありとあらゆる機能を試してみないと気がすまないのだ?
(↑壊したらイヤだから最低限必要な機能しか絶対に使わないわよ、いじるの面倒だし)

なんでたかが電球の交換に、オームの法則(ってなんだっけ?)を持ち出して、計算し始めるのだ?
(↑前のを店に持っていって、同じものを買えばいいだけじゃない…)

なんで給湯器の横についている給湯計を見て、その計測単位に喜んで感心するのだ?
(↑そんなものがついていることすら言われるまで気がつかなかった…)


まさにアヤツラは宇宙人の思考回路で、今まで互いの意思の疎通がちゃんとできている事の方が不思議だ…(絶句は日常茶飯事)
言葉って、偉大ですわ~~~


こんな超文系的思考回路を持ったワタクシめが、いかにお勧めと言われようと、「工場、研究所のBL本」を手に取るワケがない…
わざわざ自分から、頭が@@@になるような状況に首をつっこんで行くなんて自虐的な事は絶対にしませんわよ…
という絶対的必然性で、「理数系、工場系、ガテン系」はほとんど読んだことがなかったのです。

なんですが…中井和哉さんが関わってくるとなったら、話は別です。

影の館のおかげでBLCDの素晴らしき世界に頭から飛び込んだワタクシは、手許にあってもまだ一度も聴いたことがなかった
「神官は王に愛される」を聴いてみて、その羅剛王を演じて下さった「中井和哉」さんの声に一目惚れならぬ、一聴惚れ。

こ、この御方、こーゆー傲慢な役をやらせたらホント天下一品!! 腰にくるわ、しびれます~!

他に聴ける機会はないのか?出演経歴は?
う~~ん…ワンピースのゾロの役の方と説明されても…ワンピースって…まさか洋服じゃないわよねえ…
土方さん?…新撰組のアニメでもやってるのか…まさか???(アニメ音痴でスミマセン…でも未だ両方知らない)
それにアニメを途中から見ても話の筋がワケわからんからなあ…
でも、この声もっと、もっっと聴きたい~~~~~

ということでにわかカズラーと化したワタクシは、中井和哉さんの出演なさっているBLCDを求めて東奔西走。
ネットで「中井和哉、お勧め」で検索したら、やっぱりあったんですね~~そういうトピックが。

なになに?

「許可証をください」
「この愛にひざまずけ」
「ニューヨーク・ニューヨーク」

がお勧め??

……どれも知らないなあ……

金、時間、体力の問題から、一気にすべて買い占める事は不可能。やりたいけど…
とりあえずその時ヤフオクで出品されていた「許可証をください」に入札し、どうせCD聴くなら落札するまでに
原作本でも探してみるかとBLドナドナしにいった時に見てみたら、
「許可証をください、1~5巻」がなんと、¥500!
素晴らしい!! BLの神様は私の普段の善行に絶対に報いて下さるんだわ~~~!!←常に自分に都合良く解釈する人
早速買い占めて、手にとって………今までの自分の食わず嫌いをまたまた大後悔するハメになりました。

ハッキリキッパリ、ものすごく面白かったです!!

まさに新境地が開けましたわ~
これまで足を踏み入れたことも、想像したこともなかった現場で働く男の職場、それも汗のしたたる熱気ムンムンの
現場の作業を目の当たりにして自分が工場見学に行っちゃった気分になりました。

お話はいくつかの短編、中編、長編と分かれているのですが、どれも工場の作業現場を克明に描写してくださっていて
読んでいて本当に興味深く、そして面白い。実にお勉強になりますわ。

現場の苦労、現場の重圧、そしてその中でこそ生まれる男の絆、連帯感がね、読んでいて本当にしびれます。
男が「男気に惚れる」というのがね、よ~くわかるんですわ…
そりゃ、惚れるわ、これだけキチンと筋を通してくれて、それでいて柔軟性と地道な努力に富み、それを実地に
しかもさりげなく見せつけてくれたら。 くうっっもう辛抱タマランっ 狂っちゃいますよ…

男の矜持にかけて、何とか「現場の事情」と「工場の採算性」の均衡を取り、常に未来へのヴィジョンを持ち、
共に闘い、働き、皆の先頭に立ち歩んでいく。
ヴィジョンや意見が対立しながらも、片方が別問題で窮地に陥れば、自分の仕事でもう体力的に限界に近くても、
なお時間を割いて相手を助け、共に問題解決に挑んでいく。

まさに理想的な職場関係ですわ~ああ、何てうらやまし~~~~

工場で製造部、品質保証部、製造現場、研究職と仕事内容は違えど、それぞれが一生懸命汗水垂らして
「良い品質の製品を作ろう」とそれぞれの分野でがんばって働いているところが「物作りの難しさ、楽しさ」を
教えてくれるようで、大変気持ちよかったです。

工場では日々さまざまな問題が勃発し、異物混入、クレーマー処理、など日々身を削って駆け回りながらも、
問題解決に向けてひたむきに努力し、働く男の姿は本当に清々しく、それが徹夜明け、疲労困憊のよれよれの姿でも、
返って頼れる男の力強さ、頼もしさに満ちておりましたよ。

もう本当にこの本の登場人物達がね、とてもとても魅力的なのです。
主人公達だけじゃなくて脇役の人達それぞれが経験と実績と人生を背負って生きていて、
どの人達もそれぞれのプライドと技術、知識を賭けて「喜美津化学」で働いているのです。

あ~~、この脇役達のエピソード、ホント、もっともっと知りたいわあああ。
いや、脇役なんてもったいない。ぜひ主役に!さぞかし味のある噛みごたえ満載の話になるだろうなあ…

なんかね~、もう「工場内」はオンナが立ち入っちゃいけない男の現場の世界、「聖域」のような感じです。
こりゃーもー、貴腐人、腐女子の妄想マックスパワーになりますわよ。
これで萌えなきゃ、オンナがすたる!


あ、工場現場の話だけじゃなくて、もちろんちゃんと恋愛もあるんですよ?
もう何しろ「男の聖域」での恋愛ですからね、とにかく野性味と剛胆さにあふれてますわ。
(恋愛の微妙な機微を求める方にはちょっと向きませんが)

受けの弘くんから見る攻めの前原くんは、まさに精悍でワイルド。
「現場の男」は恋愛で悩むなんていじましいことはしないのです!
好きになったら、とにかく、告白なんてすっとばしてチャンスを作って押し倒すのです!!

対する受けの弘くんは、工場期待の大学出の美人ホープ。
自分の専門分野に誇りをもち、仕事に賭ける情熱、プライドは誰にも負けません。
ま、弘くんも男ですから、何がなんだかわからないうちに、快感に流されて~って感じになるけれど
やっぱりそれでも弘くんも一本筋の入った理系の男!
安易に最後まで流されずに抵抗し、自分でキチンと自分の気持ちを整理してという凛々しいところもあるのです。
…の割には、結構天然ボケが入ってるのがまた可愛い(笑)

一旦攻めの前原くんの視点に移ると、これがちゃんと1年も相手を見守って、相手の仕事を気遣って、
自分の気持ちを確かめてから押し倒したり、押し倒しても相手の出方を見て、相手を尊重してってところが…
へえ~そーだったんだ~ってところで、安易にそのまま陵辱だ、監禁だって話と違ってまた萌える。
(何しろ弁当箱で頭をポカンとやられて大笑いしてましたしね~)

ああ、この本を高校時代に読めていたら、数学、物理アレルギーにならなかったかもしれないのに…(BL本のおかげというのも何だが)


原作本にすっかり惚れ込んだ頃に届いたBLCD。
ええ、もう、やっぱりこの前原くんの声は「中井和哉さん」しかありえませんでしたわ。
工場の若き組頭、若手のホープ、現場を率いる指揮官の凛々しく、猛々しいお声に、心底シビレて徹夜しました。
満腹、満腹♪


これは、今まで数学、工場、研究所に拒絶反応を起こしていた貴方に、新境地を開く為にお勧めする本でございます。
これを読めば、貴方も明日から理数系に興味を持ち、学びたいと思う(かもしれない)、文系人間苦手克服挑戦本とも申せます。


これまで数学、理科、ガテン、研究所、工場に苦手意識を持ち続けていた貴方、ぜひ一度、お手に取ってお試しあれ…


  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

↑↑買います↑↑
ヤバっ、ヨダレが……ガテン系ですか。新境地です。
そこまできたかBL…しかしキャパ広すぎ。
だから止められないんだわね、BLって。
あ、そうそう、理数系の人達について。
確かに。。。
彼らは奇妙でございます。
私の父親がそうなんだけど、
とにかく理屈っぽい
説明書は隅から隅まで読み、妙な所でほくそ笑んで
いるあたり、まったく同じでございますともv-17
まあね、その細かいところを土足で踏み倒す文系のたくましさ?みたいなモンが私にはあるので、けっこうすっきりさっぱりさせてもらってますぅ~v-218
  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.02/14 22:03分 
  • [Edit]

おお、さっそく… 

新境地に挑戦なさいますか!
これはね、ホント止められませんわ。
面白すぎる。
特に「恋愛」の入ってこない部分の「男の世界の濃密さ」に嫉妬しちゃいますわ。
女にはこういう関係築けないって思うとね~何か…うらやましいですよ…

あ、やっぱりウダムさんも理数系にビックリってことがあるんですね…
あれは本当にワケわからん…


ははは、新境地、浸ってくださいね~
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.02/14 22:12分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2008.02/15 17:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/21-5e6e81f2

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。