摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

神官は王に愛される  吉田珠姫 ガッシュ文庫 2005.09.10 ★★★★★



神官は王に愛される (ガッシュ文庫)
(2005/08/25)
吉田 珠姫

あらすじ

この想いは許されない―それを知りつつも、冴紗は今日も自分の住む神殿から遠く離れた王宮へと向かう。
王宮で待つのは冴紗の愛する人…羅剛王。男らしく猛々しい王は、自ら冴紗を神殿に追いやっておきながら、
ことあるごとに呼びつけ、いつも辛くあたる。嫌われていてもずっとそばにいたかった…神官などになりたくなかったのに…。
あるとき、羅剛王と他国の姫君との婚礼話を耳にし、冴紗の心は乱れる―。激しく切なくそして甘い、一途なロマンス。



BLから少々遠ざかり、他のジャンルに嵌っていた頃…
書店に行ってもBL本の棚の前を素通りしてたんですが…たまたま雨宿りでヒマなので書店をぶらついていた時に
目にしたファンタジー風のイラストに目を引かれ、作者が「吉田珠姫」となっていて速攻レジに直行したのがこの「神官は王に愛される」。
吉田先生は、以前「天樹シリーズ」ですっかりファンになってしまった大好きな作家さんなんですよね…
まあ…この兄弟シリーズの「石黒和臣様シリーズ」はちょっと…流石についていけなくて途中リタイアしちゃいましたが…<(_ _)>
それでもこのお名前を目にすれば、とりあえず買ってしまう作家買いする方でございます。

そんな吉田ファンのワタクシが、神官、王、剣と大好きな要素てんこもりで、あの美麗なイラストを見せられたら…あらがえる訳がないのです(笑)
久しぶりに読んだBLファンタジーは、当時嵌っていたジャンルから1ヶ月も足抜けさせるほどの威力がございました。

いや、これはもう「ファンタジーBL部門」の最高傑作の一つですわ(←断言)
アタマが爆発しちゃいそうなぐらいのラブラブぶりがクセになる、超ぶっとんだ主人公達のシリーズですが…とにかく嵌ります。
頭が疲れてもう何も考えたくない時にお勧めなんですけどね(笑) 気楽~にラブラブを堪能できるんですよ♪

ファンタジーって何でもありだからこそ、そのバランスがムズカシイんですよね… 
その世界特有の世界設定を読者に呑み込ませるまでに時間がかかりますから、そこまでいかに読者に飽きさせずに食いつかせるかという点で
出だしが勝負!ってところがありますから。 
説明ばっかりじゃつまらないし…かと言って説明抜きじゃワケがわからない。
その辺りのさじ加減が作家様の力量を問われるところなんでしょうね…
一旦そのファンタジー世界に嵌ると…もう抜け出せないぐらいどっぷりと嵌ることができるのがファンタジーの醍醐味なんですよねえ…

このお話は…「虹の神」を最高神と崇めるお伽噺の世界。
虹色の髪と虹色の瞳という奇跡の容姿を持つ冴紗と、黒髪、黒瞳の若き王・羅剛の切ないすれ違いの爆裂愛が楽しめます。

BL小説の中での時代劇風の重々しいしゃべりに、BL世界では入り込みにくいという意見もタマにあるようですが、
時代劇大好き人間にはま~~~ったく問題ナシ。
返って重厚な世界観を演出して下さっていて、大変大変お気に入りでございます。
それに固有名詞などで今まで見たこともない難しい漢字がいろいろ出てきてですね、この年齢になって新しいことを学べると、
大変お勉強になりますよ~(←もう何でも肯定)
漢和辞典なんて実に久しぶりに引きました。いや、脳細胞も使わないと減っていく一方ですからねえ。
知識が増えるというのは実に快感ですわ(^^) もうもう結構づくめでございます。

このお話読んだ時…吉原先生の往年の名作「銀のレクイエム」をかっとびハッピーエンドバージョンにしたらこうなるのかなあ??
なんて両先生方には失礼かもしれませんが思ったんですよね…
「銀のレクイエム」はもう…最後大泣きしてしまう美しすぎる悲劇の終わり方でしたけど…

どちらも「若き帝王」で、世継ぎを残す事が絶対の義務で…当然「男同士」という関係は周囲に認められず引き離されるところが共通してますが
この「神官は王に愛される」はそれを「ワガママで一途な王が無理矢理ごねまくって力業でハッピーエンドにするとこーなる!」って
印象だったんですよね~ 
だって「冴紗と引き離されるぐらいなら冴紗を殺して、俺も死ぬ!!」って断言しちゃってるんですもの…凄いわ、アンタ… 
そこまでやられたら…周囲ももう折れるしかない(苦笑)
ま…だからこそ…面白くて萌える訳です…わははは。


一作目は冴紗視点で書かれておりますが…でも読んでいて冴紗様のあまりのニブさにさすがに羅剛くんが気の毒になってしまったりして…
現人神として崇め奉られ、神殿に閉じこもって俗世から引き離されているせいか、まったく浮世離れしている御方なので
「恋愛の機微、男の純情」ってもんが、ま~~~~ったくわかっていらっしゃらないのですよ…
あれほどわかりやすい羅剛くんの熱愛ぶりも(周囲にはモロバレ)、本人にはまっっったく伝わってなくて…
それどころか「嫌われている、憎まれている」と思われてますしねえ…

まあね、周囲がよってたかって羅剛くんと冴紗様を引き離そうとしていたって事情もありますけれどね…
それに羅剛くんもねえ…騙されて冴紗と引き離されて欲求不満だらけで、当の本人にようやく会えても苛立ちとストレスをぶつけまくるから…
ますます事態はこじれるんですけど…
会えて嬉しいってスナオに言えばいいのにさ、「来るのが遅いっ」って怒鳴っちゃうんだもの~ あれじゃあますます萎縮しちゃうってばさ…
でもさぁ、冴紗ももう少し「恋する男」の心情を思いやってあげてもいーんじゃないかなあ?? 
あんなにわかりやすいのに何であれでわっかんないかなあ…????
吉田作品の主人公達の共通項である「自分に自信がない、自分の価値をまったくわかってない」って王道を冴紗様も逝ってますから
こうなるのも無理はないのか…

対する羅剛くんは…ワガママ、傲慢、猪突猛進と…これでもか!!って笑えるぐらいの爆裂突進大王をやってますけどね…
作者様いわく、「暑苦しい男」だそうで…確かに、うんうん。(←首をぶんぶん振ってます)
4年間も冴紗と引き離されて、欲求不満が溜まりまくって…結局冴紗を神殿から攫ってきて、あっさり押し倒してますし…
それから先はもう…狂ったか?ってぐらい傍若無人、猪突猛進一直線で、冴紗に対する純愛、狂愛を貫いてくれますから。
いや、ホント、ワレナベにトジブタの周囲に大迷惑のカップルですわあ。神官、臣下御一同様の苦労がしのばれます…よよよよよ。

この世界独特の世界観が、物語の重要な要素となってまして「虹の神」、「秘密の真名」などがまさにキーワードになってくるワケでして。
うん、こういう創造世界特有の楽しみが存分に味わえるのがファンタジー作品の楽しみなんですよね~

でも最初はとんと想像つかなかったんですけどねえ…「聖なる虹色の髪と瞳」って。
髪が七色のグラデーションになっているのか?でも変だよな~としばらく想像つかなかったんですが、ある時CDを手にとって
そのCDの表面が光の当たり具合で7色の光を発しているのを見て、ようやく納得。
なるほど、こーゆーのが「虹色」というものなのだろうか??

まあ萌え萌えにも関わらず、つっこみ要素はありまくりなお話なのですが、それもまた楽しいってぐらい大好きなお話です。
これはもう…細部までこだわって作られた世界なんてものじゃなくて…作者の中で完全に創造された一つの世界。
だからこそ、ここまで惹きつけられて、思う存分妄想に浸って楽しめるんだろうなあ…

これを読了した時は、まさかこの続きがでるとは夢にも思わなかったのですが、続きがでて最高に幸せですわ~♪

思えばこの作品のおかげで初めての経験をいろいろさせていただきましたよ。
初めて作者様にファンメール、ファンレターを送ってしまい、初めてBLCDに手を出してしまい、初めて読者アンケートを
出版社に送ってしまいましたからね~
作者様のHPめぐりをするようになったのも、この作品のおかげです。
思えばずいぶんと読者と作者様との距離が近くなりましたね。

そしてこの作品のおかげで他の方のブログ感想めぐりをするようになり、自分も感想を言いたくなってブログ開設なんて
夢にも思わなかったことに挑戦してみたとか。

うん、いろんな意味で契機になってくれた思い入れ深い作品でございます。
今年の冬にはこのシリーズの新作「神官4」が出版される予定のようですし、今から楽しみですわ~
ああ、早く読みたいな~~~ わくわく。

アタマが爆発しちゃいそうなぐらいの爆愛、熱愛に浸りたい、ファンタジー大好きな貴方にお勧めの作品。


↓↓ファンタジーは素敵だ!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/2-7702e926

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。