摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

門の中の楽園 生野稜 BBN 1997.02 ★★★★  警告編


門の中の楽園 (ビーボーイノベルズ)
(1997/02)
生野 稜

あらすじ

自他共に認める問題児、弓削秀行が放り込まれた全寮制男子校の愛敬学院。誰にも関心がなかった弓削だが、
そこで出会った上級生の高郷稔になぜか強く惹きつけられる。
しかし高郷はなにかに心囚われているようで、周囲に一切興味を示さない。そう、それは実に意外なもので…!?
かきおろし特別編を加え、生野稜BBN初登場。




BLもいろいろ進化していろんなジャンルができ、いろんなシチュエーション、さまざまな職業など内容は多岐に渡り
実にバラエティに富んでおりますが、その中で、さすがにこれはもう無いだろう…と思える分野に挑戦してくださった御方が
「生野稜」先生でございます。

これは…出版を許可した編集者が偉い!!
感謝状の一枚でも送りつけたい気分ですわ…って言っても、もうこの出版社は無いのか??


この生野先生との出会いは…多分…b-BOYの雑誌だったんではないかと思うのですが…
どうもこの当時は一番BLに首まで浸かっていた時なので記憶が曖昧になってきてるんですよね、何しろ数が多すぎて…

その雑誌の中でですね、タイトル忘れちゃったんだけど、愛敬学院シリーズの「白血病」で骨髄移植をする人の
ヒューマンドラマBLが載っていて、ぼろぼろ泣きながら読んだ記憶があるんですね…あの頃は本当に純真だったのですよ…
今で言うならBL版「セカチュー」ってところですよねえ…まあ結末は逆だったワケですが…

しかし、その後泣く泣くすべてのBLを処分せざるを得なくなり、一度BLから足を洗ったのですが…

その2年後ぐらいにたまたま書店で生野稜先生のこの愛敬高校シリーズを見つけて懐かしさのあまり
12時間乗る飛行機の中での暇つぶしにちょうどいいと思ったお馬鹿さんが手に取ったのがこの「門の中の楽園」


最初に申し上げておきますが、この本、絶対に「公共の乗り物」の中で読んじゃいけません。

これはワタクシの貴重なるアホ実体験からご忠告申し上げるんですけれど…

私はね、この本にあの「ヒューマンドラマ再び」を求めていたワケですよ。
同じ作者さんのシリーズなんですからね…

しかし、まったく想像を絶する目に遭いました。まさに未知との遭遇。

BL本の中、寄生虫でジャブを喰わされ、犬の寄生虫付き心臓でカウンターパンチを食らい、
牛の屠殺工場(あ、いや、確か病気で死んだ牛の解体工場だったか?)でノックアウトダウン。

その時飲んでいた赤ワインが血の色に見えて悪酔いし、でてきた機内食のソバを見て慌てて目をそらし、
まったく食欲減退しましたよ。(←でも食べる)
あれで機体が揺れてたら、吐いてたな…汚くてすみません…

カフカの「変身」読んだ時だって、こうはならなかったんだけどなあ…
やっぱり「虫」と「寄生虫」じゃ生理的嫌悪って奴が違うんですかねえ…(←やっぱり考える事が変)

…まあ、いろいろ寄生虫についてやら、食用牛肉処理肥料生成方法やら知ることが出来て大変お勉強になりましたでございますが…
……人生、知らない方が幸せなこともあるんだな~~と、実感しちゃった瞬間でございました。


なんですけれど…やっぱり、ワタクシ、食欲減退、気分げんなりしながらもですね…この本読みながら泣いてしまったワケですね…

ゆえに話はややこしくなるわけでして…
何しろ場所は機内。一応公共の場ということで、そんなところでBL本読みながらボロボロ泣くなんて恥ずかしいことはできかねるんですよ~
客室乗務員の方が心配して「どうかなさいましたか?」なんて訊いて下さるんですが、まさか正直に言えないでしょ~~~~??
もう泣くのを押さえるのに必死で、寄生虫ショックの吐き気をこらえるのに必死で、もう感情バロメーターは
さまざまな方向に振り回されっぱなし。
今想像すると、単なるギャグですな…それも超自業自得の。


あ、一応ストーリーを説明しますと、素行不良が過ぎて、父親に全寮制男子校に放り込まれた弓削くんと、
寄生虫にしか興味を示さない変人高郷くんの「愛し、愛される人を見つけるまでの感動のヒューマンドラマ」
ということになるんですよ。これは。
二人の育った複雑な家庭環境からの自己防衛、そしてそこから脱皮する過程としてセックスや寄生虫がでてくるんです。
ただね~~~、凡人にはちょっと…あまりにその趣味が特殊すぎて、物語の筋をつかむ以前に白旗あげてしまうんだな~~~

それさえ乗り越えれば、あとはもう奇人変人どんと来い!って感じになってきて、物語に入り込んで泣ける実にいいお話なんですよ。

この愛敬学院シリーズ、他にも何冊かでていて、それもSMだの竹刀攻めだのいろいろ凄かったんだけど、
やっぱり心に残る良いお話なんですよね…

これのシリーズの太平洋戦争時代の話を偶然b-BOYで見かけて、これは戦時下という特殊な環境の中での恋物語になっていて
本当にのめりこんだんだけど…確か「華も嵐も」ってタイトルだったんです。
これがどこかでまた本になってくれないかとずううっっと祈ってるんですがねぇぇぇええ。やっぱりあまりにマニアックかなあ…

あとこの愛敬学院戦時下時代の二人の「中学時代」の話が読みたくて、b-BOY雑誌をもう何年も捜索中。
でも本ならともかく物が雑誌じゃねえ…バックナンバーってワケにもいかない…何しろ一度出版社はつぶれちゃったし。

何方かこれの感想あげていらっしゃる方はいないかBL感想ブログをずっと探してるんですがねえ…
もしお心当たりの方、いらっしゃったら、是非ご一報下さいませ。
謝礼付きで大感謝いたしますわ…ふふふ。


あ、話が思いっきりずれました。

とにかく愛敬学院シリーズ、今度古本屋で見かけたら、やっぱり買っちゃうだろうなあってことです、はい。
寄生虫も一度ガ~~~~ンとショックを受ければあとは度胸がつきますからね。要するに慣れです、慣れ。←開き直り
ってことで、一応星4つ。
う~~ん…万人に勧めることができないのが実に残念ですわ。

……コホン…←居住まいを正してます。

この「門の中の楽園」は寄生虫にも病気の牛の解体スプラッタにもめげずに突き進む貴方にお勧めする
BLヒューマンドラマでございます。

我こそはと思う勇気あるツワモノどもよ、来たれ!!


  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

……だめだ。読んでいるだけでヤラれそ……。
しかし摩緒さん、チャレンジャー通り越してパイオニアですよ、ほんと。
よくもまあ、そこまで首つっこみましたね……わたくしはこれから貴方を教祖様とお呼びしたいと思います。
あ、いや寄生虫の、じゃなくってBLの、ですケドね。
確かに。。。。虫と寄生虫じゃ、身体の方の反応も違うかも。。。。
カフカは私も読みましたよ。
なぜか感動してしまったあたり……やっぱりわたくしも変人かもしんない……。
いや、まぢで、今日は色々な意味でごちそうさまっス!
  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.02/07 22:49分 
  • [Edit]

やっぱり順番を誤ったか… 

う~ん、やっぱり「BL版セカチュー」を先に紹介するべきだったか…
あ、これ先ほど検索してタイトルわかりました。「約束します」だったんですよ。
そのうち感想あげますね…

でもね~、やっぱり、BL版セカチューよりも、私はこの寄生虫ヒューマンラブの方が泣いたんだ~~!!
ホントに嵌ったんですよ~~~!
この本は本当に感動するんですよ~、あんな紹介文載せておいて、すっごくウソくさいけど……

愛を知らずに育った少年達が、人を愛し、愛されることで自己の束縛から解き放たれる、感動の物語なんだ~~
う~~~~~~…やっぱり感想の書き方が悪かったですね…スミマセン、生野先生…

>なぜか感動してしまったあたり……やっぱりわたくしも変人かもしんない……。

ああ、私は気分スッキリ爽快になりましたから、お互い様ですわ(笑)
あれって一種のカタルシスでしょうかね…
さすが世界の名著…それをBL本に出してくる生野先生はやっぱりツワモノなんですよ~~←結局これが言いたい
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.02/08 22:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/18-b76cddf9

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。