摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

星間商事株式会社社史編纂室  三浦しをん 筑摩書房  2009.07  ★★★☆



星間商事株式会社社史編纂室
(2009/07/11)
三浦しをん

あらすじ

川田幸代。29歳。独身。腐女子(自称したことはない)。社史編纂室勤務。彼氏あり(たぶん)。
仕事をきっちり定時内にこなし、趣味のサークル活動に邁進する日々を送っていた彼女は、ある日、気づいてしまった。
この会社の過去には、なにか大きな秘密がある!……気づいてしまったんだからしょうがない。
走り出してしまったオタク魂は止まらない。この秘密、暴かずにはおくものか。社史編纂室の不思議な面々、
高校時代からのサークル仲間、そして彼氏との関係など、すべてが絡まり合って、怒濤の物語が進行する。
涙と笑いの、著者渾身のエンターテインメント小説。幸代作の小説内小説も、楽しめます!


コミケなるものの存在を知ったのはもう1○年以上昔になりますが、そもそも同人誌という存在が良くわからなかった
人間には「コミケ」がいったい何の事やら長年の謎でございました。
それがうっすらわかり始めたのが5年程前に「十/二/国/記」に嵌って二次創作サイトを巡り始めた頃。
ちょくちょくお邪魔するサイトさまが「冬コミ受かりました☆」なんて告知を載せていらして、それで「冬コミ=コミケ」と
シナプスが繋がったんですよ。
ま…未だに「インテ」やら「夏の陣」など意味がイマイチわからん単語が氾濫しておりますが…
(↑もしご存じの方いらしたら教えて下さい)

二次創作をなさる方の「同人誌」のネット購入を申し込むというだけで清水の舞台から飛び降りるどころか
パラシュートでスカイダイビングをするぐらいの勇気が必要だったチキンな人間には、コミケ参加など
ちらっと頭にも浮かばないほどの別世界でした。
でもね~ 「コミケ」でこれまでネットを通してしか知らない方といろいろ会えて楽しかった~☆
また大阪で参加します♪なんて文章を何度も見せられると「楽しそうだな~ でも…遠いんだよな~」と
地方在住者の悲哀が心を占めるようになったんですね~
…その悲哀はコミケの「とんでもない人混み写真」を見た瞬間「こりゃ~ダメだ…根性が絶対足りない」と
粉砕されてしまいましたけれどね…il||li ○| ̄|_ il||li
人、人、人、人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
そこへ突撃していく情熱がなければ到底「オタク」だなんて胸をはって言えないわ…と敗北宣言をひっそりしたものです。
それからはもっぱらコミケ参加者の武勇伝をブログでひっそり拝読させていただいて、その雰囲気をコッソリ味わうだけで
満足している「隠れコンジョー無し」をやってます。だから未だにコミケについてよくわからんのですよね(笑)
でも売り場で作者の方が売り子さんをやっていらして、直接お話したり、握手してもらったなんて記事を読むと
へええええとビックリです。だから皆さん差し入れやらお手紙を持ってオシャレしていそいそと行くんですね~
普段文章の中でしか会う機会の無い作者の方が「顔の見える存在」になるというのは不思議な気分がしますが…
直接会えた作者様ならば、親しみもまた段違いなんだろうなあ…と勝手に推測しております。

そんなコミケ音痴な人間にコミケの内情、そして同人誌に賭ける情熱を熱く教えて下さったのが三浦しをん先生の
「星間商事株式会社社史編纂室」
うん…これはBL大好きを公言し、その熱く迸る情熱を幾多のエッセイ、日記でも語り尽くせぬほど語っている
三浦しをん先生にしか書けない小説だ。とにかく凄い!!(≧∀≦)

主人公は「腐女子」で同人誌を仲間3人で10年以上作り続けている事を会社ではひた隠しにしているOLなんですけれどね…
いや~何かすっっごく身につまされるものがあるんですよね、この主人公の思考回路が(笑)
社会人として良識ある知性の裏側で「同人誌」に賭ける情熱が静かに熱く伝わってくるんですよ。
会社という公の場においての腐の肩身の狭さ、同人の友人の環境の変化に伴う同人誌制作や世間的体裁から生じるズレ、
それでも「萌え」に賭ける情熱、「好きなものは好き」と開き直る強さ、そして恋人とのあやふやな関係に悩むすきま風。
そんな「腐が大好きな人間」によくある悩みに、社史編纂していく内に浮かび上がってくる会社の「ちょっと公にするとマズイ事情」
なんかがスパイスの如くからまって、物語りは淡々と熱く愉快に進んでいくんです。

あと「周囲に腐がバレたらどーする」という腐女子の永遠の命題を突きつける作品でもありまして。
一人は結婚しても旦那公認(見て見ぬふり)で続け、一人は結婚を機に足を洗い、一人は恋人にばらして同人誌制作を手伝わせている。
まあ…それぞれの人生の選択ですが。これは実に難しい問題ですよおおおお。
事は腐だけではない「人生の重大決心、決断の鍵」にすらなっちゃうんですからね~
相手が自分の趣味を理解してくれるか、理解してくれないなら自分が趣味を棄てるか、それとも別れるかなんて大事になってしまうんだよねえ。
あ~~~他人事として見たら「アホ」みたいだけれど、やっぱりこれは絶対に避けては通れない問題なんだよな。
主人公は会社でも腐がバレちゃって、開き直ってますが…こう出来たらまさに理想なんですがねえ。

この作品…BL大好き人間が読むと「案外淡々としてるけど楽しい」って感想になるんでしょうが、それが「腐が隠そうとしても漏れだしてる」
ことになるんだろうなあなんて思ったり。
恋人とのあいまいな関係に悩んだって、友人が結婚するから同人やめるって言い出したって、会社でいい加減上司にくさくさしたって。
なにがあったってこの主人公には「同人誌執筆、コミケ参戦」という生き甲斐というか情熱があるんですもの。
これをやめるなんて選択肢は絶対に無い。それをやめるのは死ぬ時だけってぐらいの「腐のアイデンティティ」が
物語全体に散りばめられてるんですねえ。いや~~~ 凄い…んだろうけれど、良くわかる。うん、よ~~くわかるよ~~(^▽^)
絶対にやめられない、やめろと言うならオマエとのつきあいをやめるってぐらいの「生きていく為の空気であり魂の糧」なんですよね~
これがあるから生きていける。それが「オタクにとっての好きなもの」なんだよな…と思いっきり心当たりのある自分は
読みながらうんうんと頷いておりました。

あ、一応ね、メインは「社史編纂」ですから会社の上層部が隠したがる「暗黒部分」を探り出して「裏社史同人誌」
にして会社に反逆して作っちゃおうなんて裏技やったりしてるんですよ。
だからといって会社が変わるわけでもないんですけれどね…
それでもやっぱりこれは「コミケに賭ける情熱」を腐オタクから見たら「淡々」と書かれた作品と言えると思うんだ。
途中年の差年下攻めの小説内BL小説が楽しめるのが淡々からは「ちょっとだけ」(←腐人間目線)外れるかもしれないけど。
なかなかお目にかかれない「とってもオヤジ受け」が読めてこちらとしてはホクホクなんですけれどね…わはは。
これぐらいの年齢差ってチャレンジャーな木原作品ぐらいしか読んだ覚えがないんで…もしかして三浦先生も
オヤジ受けに飢えていて、誰も書いてくれないなら自分で書いてしまえって感じだったのかも♪
でも…一般人が読んだら…アレルギーになるかもしれません…これは嵌るか嵌らないか、一種の賭けですね…
いや~~~コミケやら同人誌制作過程やら印刷所やら。いろいろ楽しくて参考になりました(笑)
ってことで★3つ+☆ということにしておきます。

腐女子の永遠の命題を楽しく反芻したい方、一度お手にとってみるのも良いかもしれません☆

↓↓ いつか…いつかコミケに行ってみたい…かな(^_^;)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



拍手御礼

>10日、13日、15日、20日とパチパチ沢山の拍手ありがとうございます! 励みになりますヾ(@^▽^@)ノ
  • [No Tag]

*Comment

面白そう! 

いつも面白い作品の紹介を、どうも有難うございます♪
摩緒さんの紹介文を読んで、すっかり読む気になりました。しかも同人誌ネタなのですね!
早速、図書館に予約をいれましたら、私が読めるのは
ずっと先で78番目でした。人気あるのですねぇ。(^^;
実際に作品を手に取るまで、大分時間が掛ってしまいますが、楽しみにしながら気長に待つことにしますv
それから、コミケvv 毎年行こうかどうしようかと
よく迷っています。迷うのは、やっぱりあの人ごみと
暑さですね。 根性があった時は、始発電車に乗って
会場の前で入場待ちをよくやりました(^^;
根性が少しなくなってからは、入場がフリーになって
からの時間に合わせて行きました。会場にはすぐに
入れますが、これだと早いサークルさんは、帰り支度を
始めてます。 ちなみに夏と冬と行くなら、どちらが楽かと
言われれば『冬』ですね。冬は寒いけれど、耐えられます。 どちらも混み合いますが、夏は蒸し暑さに死にますvv 水を持って行かないと、確実に干からびますvv
その分、冬は少し楽です。 一般参加で入るよりは、サークルで入るのが、コミケは良いと思います。
もう遠い話しですがvv一般で並ぶのが嫌で、友人と
無理やり、十/二/国/記の同人を作ったことも
ありますvv コミケに当選して慌てて本を作りましたvv 
そんな私の今は。。。規模の小さい即売会に
一般参加で行きます。 例えばコミティアとかJガーデン。コミケは大きすぎて、サークルを全部回れないし、見られないので、これくらいの規模の方が、会場を全部回れるのと、新しい作家さんを開拓できるので楽しいです。
でも、人気作家さんは長蛇の列になり、軽く1時間超えで
並ぶ事もあるので、いかに効率よくサークルを回るかが
腕の見せ所?なのかもしれませんね。(^^;
  • posted by 紅茶 
  • URL 
  • 2009.08/23 00:07分 
  • [Edit]

楽しみですね! 

紅茶さん いらっしゃいませ~♪

> 摩緒さんの紹介文を読んで、すっかり読む気になりました。しかも同人誌ネタなのですね!

おお、それは嬉しいお言葉です。やっぱり「同人誌」という魔法のキーワードにはそそられますよね(笑)

> 早速、図書館に予約をいれましたら、私が読めるのはずっと先で78番目でした。

そうですね…我が町の図書館も70人待ちぐらいのようです。でも待つ甲斐はあると思いますので
のんびり楽しみに待ってみて下さいまし。

> 迷うのは、やっぱりあの人ごみと暑さですね。 根性があった時は、始発電車に乗って
> 会場の前で入場待ちをよくやりました(^^;

凄い情熱ですね! 始発電車で入場待ち。カートは必須アイテムでしょうか?
それでも好きなお目当てのものを手に入れる為となれば頑張れるんでしょうね。素晴らしい☆

> ちなみに夏と冬と行くなら、どちらが楽かと 言われれば『冬』ですね。

貴重なご意見に感謝です。そうですよね。冬ならもこもこ着込めば何とかなりますもんね。
夏は脱いだって暑いものは暑い。特に蒸し暑さは最悪です。

> 無理やり、十/二/国/記の同人を作ったことも

きゃ~~~「十二/国/記」ファンがここにも! BLスキーで「十/二国/記」ファンって意外と多いようで
喜びの舞を踊ってしまいますよv-41
同人…いったいどんな内容だったんでしょうね。

>  例えばコミティアとかJガーデン。

Jガーデンも同人誌即売会なんですよね。これはジャンルが決まっているんでしょうか?
二次創作サイトなんかでよく見かける単語です。

> でも、人気作家さんは長蛇の列になり、軽く1時間超え

ひええええ。入場するのに始発電車、そして中に入っても長蛇の列。
それをすべて突破してお目当ての同人誌を手に入れるのは…まさにド根性です。
尊敬します! 
やっぱり腰が引けてしまいますが…でも楽しそうですね。 いいなああ~v-20

とっても楽しくて興味深いコミケ談、本当にありがとうございます!
紅茶さんならばこの「星間商事株式会社社史編纂室」、これはコミケの常識~♪と軽く読んで楽しめると思います(笑)
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.08/23 14:26分 
  • [Edit]

連続コメントで、すみません。 

「星間商事株式会社社史編纂室」、ますます楽しみに
なってきました。 よしながふみさんのエッセイや、
コミックス「「フラワー・オブ・ライフ」を読んだ時にも
同人誌のことが出てきて、とても楽しめたので
すっごく期待しちゃいます♪
それから『十二国記』は、とても良い話しですよね!
延国主従が好きですv 雑誌yomuyomuに新作が
でた時には、普段読まない雑誌を予約してまで
買って読みましたが、なかなか新刊が読めないのが
ファン泣かせの作品ですよね。
それから、Jガーデンのジャンルは創作JUNEになります。
コッチの世界に、ハマったばかりの私は、BL師匠で
友人に連れて行ってもらっていますvv
夏・冬にあるコミケよりも多分、こっちの方が摩緒さんの
お好きな先生方が沢山きていらっしゃると思いました。
ちなみに、カートですが会場内での使用は、人混みで
カートを引くと邪魔になるので(相手の足を、引っ掛けると
思われます)一般参加の時には、一時ロッカーに預けるなりして
帰りに戦利品を運ぶ時に使用するのが良いみたいです。
もしくは、最後は宅配便?!(そこまで買うのかという
状態になりますがv)私は大きなトートバックを肩に
かけています。帰りは戦利品の重さに肩が壊れそうに
なりますが、この重さが良いので、やめられませんvv
ちなみに、私は小心者なので作家さんを目の前にしても
お話しなんて、とても!とても!できません。
差し入れも、本当はあげたいけれど、恥ずかしくて
渡せませんvv いつもこの方が!と、遠くで眺めてますvv
  • posted by 紅茶 
  • URL 
  • 2009.08/23 22:14分 
  • [Edit]

やっぱり楽しそう… 

紅茶さん こんばんは
やっぱり紅茶さんはあの方でしたか(笑)
もしかして…と思ったのでご挨拶は曖昧にぼかしてしまいました☆

> 「星間商事株式会社社史編纂室」、ますます楽しみに
> なってきました。 

よしながふみさんとの対談エッセイですか?
あれは熱かったですよね。熱気にあてられながら読みましたv-41
星間…も熱いですよ~♪

> それから『十二国記』は、とても良い話しですよね!
> 延国主従が好きですv

延王も延麒もどちらも本当に惚れ惚れしますよね~
この二人のかけ算の二次創作をいくつか読みましたが…気に入ってます(笑)

> 雑誌yom yomに新作

私もあの時は2冊予約しました! 一冊はもちろん布教用。活用しましたよ~
来月9月26日発売のyom yomの予告に「小野不由美」と載っていて、ものすっっっごく気になってます。
内容は不明でエッセイかもしれないんですが…もしかして…という期待が止められない。
予約はしないまでも、小野主上の近況が知りたいので書店で見かけたら買おうかな~なんて思ってます。

> なかなか新刊が読めないのがファン泣かせの作品ですよね。

まっったくです~~~  戴国の行く末をどうしても知りたいです~
いつか読めると信じてお待ちしましょ~~

> それから、Jガーデンのジャンルは創作JUNEになります。

ああ、そうなんですか。二次創作サイトでよくみかけたんです。
それは美味しそうな世界ですねええええ
ヨダレが出そうです。

> ちなみに、カートですが会場内での使用は、一般参加の時には、一時ロッカーに預けるなりして

なるほど。あの人混みを想像すると確かに納得です。
到底カートなんて引けませんね。 ふむふむ、やっぱり経験者のご意見は貴重ですね。
ありがとうございます。

> ちなみに、私は小心者なので作家さんを目の前にしても
> お話しなんて、とても!とても!できません。

私も多分出来ないかと… サイン会なんかも「整理券差し上げましょうか」と言われても「結構です」と
ご辞退してしまうほど小心者です。
緊張しちゃって心臓が壊れてしまうと思います(苦笑)
まあ遠くからソッと覗かせていただくぐらいで十分です。
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.08/24 19:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/136-e239b0bf

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。