摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

猿喰山疑獄事件  遥々アルク  BBC  2009.07 ★★★★☆


i-Podが壊れてまたまた中身がパアになった摩緒です~~ (TОT)
二度目となると「あ~またか…」となってますが…ただ今度こそi-Podがウンともスンとも言わないorz
カスタマーセンターに電話したら「そーですね…やっぱり修理が必要です」と気の毒そうに言われてしまいました。
ちなみに修理代金はいかほど???と訊きましたら「¥29,800」と言われて絶句。
それってさ~「新品」が買える値段じゃん!! それも容量が3倍になってる最新式が!!!
節約精神に富むワタクシにとって断腸の思いでしたが…やっぱり容量3倍には勝てず、新しいi-Pod買ってきましたわよ…
本体は薄いし、白黒画面じゃなくてカラーになってて見やすいし良いことづくめなんだけど…
でもやっぱり釈然としないんだなあ。
修理すれば直るのはわかってるけれど…修理代金が高すぎてそのままお蔵入りですか??
あ~~やっぱりもったいないよ~~ 全然エコにならない気がするなあ…

さて…このところちょくちょくコッソリ伺わせていただいているブロガーさまのお三方が揃って絶賛感想を載せてくださった作品がありました。 
それがBL漫画「猿喰山疑獄事件」
しょーじきマンガよりは活字に手が伸びる人間ですが…でもこうも立て続けに絶賛されると興味がムクムク。
読んでみよっかな~~??って気になるじゃありませんか!?
レビューよりも「興味を引かれたらとにかく読んで見て」と言いたいだけなんですが
良かったらお付き合いくださいまし♪ ネタバレしてたらスミマセン…





あらすじ

星グループの若き総帥、星義彦。
猿喰山にある星家の屋敷に入り込んできた庭師・鷺坂貢。
義彦は鷺坂の美貌と自由な心に次第に魅了されて行くが、鷺坂の意図は別にあって・・・?
愛を告げる義彦に応えた鷺坂の思惑、そして真実とは!?


「猿喰山疑獄事件」
このタイトル、ちょっとBLじゃありえない…ってゆーか…これから内容がBLラブストーリーだと推察できる人間は皆無ではないかと。
だって「猿喰山疑獄事件」ですよ????(←しつこい)
「疑獄事件」って贈収賄事件でも扱ってるの???って思っちゃいましたよ。
それが頭に「猿喰山」なんてくっつくと…まるで横/溝/正史のような昭和ミステリーの世界ですよねえ… 
でも何でBLで疑獄事件…ι(◎д◎υ)ノ 
…ちょっと「疑獄」という意味に自信がなくなってきまして「疑獄事件」で国語辞典引いてみましたら
1 政治問題化した大規模な贈収賄事件。2 犯罪事実がはっきりせず、有罪か無罪か判決のしにくい裁判事件。

ははあ…なるほど。この本の場合は2の意味で使ってるのか?
絶賛感想を読むと好奇心には勝てずに早速買ってきまして「読めてよかったな~~~~♪ あそこで食わず嫌いしなくて良かった~」
とホクホクでございます。ヾ(@^▽^@)ノ
これは別に贈収賄事件でもないし、猿を食べる主人公がいるワケでも猿が主人公でもありません。
事件…は確かに起こってるんですがタイトルにつけるほどでもないような…確かに疑獄事件その2だなあ…
他の出版社だったら「愛した人は○○師 (←ハーレクイン風)」とか「孤独の檻」「偽りの仮面」なんてなりそうだ(笑)

全てを持っているがゆえに孤独な大金持ちが、素直で明るく自分を怖がらないキャラクターに惹かれ、
孤独な自分を救ってくれた相手と身分違いの恋に落ちる…というのは古今東西大人気の一種のシンデレラストーリーなのですが…
この話はそういう王道から一転どころか二転三転、寓話のシンデレラ+ナイチンゲール+αと様々な要素が
絡み合いながら一貫して人の孤独と想いの強さを何度も伝えてくれる話…ということになるんでしょうか。

信頼の無いところに愛は育たないと言うけれど…人はどこまで知らない他人を愛せるのか。
孤独を気づかせてくれた人、孤独から救ってくれた人に騙されても、人はどこまで許せるのか。
それは騙された自分を認めたくない欺瞞では無いのか…ただひたすら愛する事、愛した自分を信じる事で
絶望的な孤独から人は救われる事ができるのか…??
人の心の複雑さ、愛を求める一途さ、愛ゆえの献身、愛ゆえの愚かさ、持たざる者と持てる者の断絶と妬み…因果応報と
様々な人間の感情と人生を、いろんなエピソードを交えて読者に語りかけてくれます。
淡々としたセリフが続いても一つの表情の裏側に隠された揺れ動く相反する感情を見事に伝えてくれて
それが物語がただのお伽噺でも寓話でもない、現実に人の痛みを伴った共感を誘ってくれるような気がします。
一度目よりも2度、3度と読み返した方がじわじわじわ~~と互いの気持ちがよりわかってくるようですね。

正直絵は苦手な部類で、絶賛レビューを見なかったらまず手に取ることはなかっただろうけれど
物語の淡々としながら複雑な流れに嵌っていると、表情豊かとはあまり思えない絵であるがゆえに、
ドラマティックではない、弱くて迷う現実の人間をぎこちなく伝えてくれるようで返って味があると思えてくるから不思議ですねえ(笑)
まあ最後には金持ち坊っちゃんの純愛が勝ったというところですが…その一途さに心打たれるんだなあ。
そして坊ちゃんを必死で庇う一途な献身にもね。胸の奥にさまざまな感情が響いてくるようで、取り調べや裁判の場面では
涙腺がボロボロ~~~っとやられましたです。
最後の3ページは胸の奥がギュ~~っと痛みながら泣いてましたよ。
個人的にはあの検事さんが普通の人代表って感じで好きなんですが(笑)

考えてみれば私はハッピーエンド読みながら「悲劇も」読みたいと切望する超厄介でワガママな読者なわけで…
愛し合っているのに、さまざまな事情に引き裂かれる恋人達も大好物なわけで…
その相反する要素を見事に叶えてくれる条件がすべて揃っているこの本にやられないワケがない。素晴らしい!!
この作家さんは新人作家さまと聞きまして、次作が凄く凄く楽しみです~~!
ということで★4つ+ご祝儀で☆とさせていただきますね~♪

喰わず嫌いしなくて良かった!と思いたいアナタにお勧めの作品

↓↓ だからBLはやめられません
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



拍手&メッセージ御礼

>11日、12日、15日とパチパチ拍手ありがとうございます! 励みになります(≧▽≦)

>Kさま お久しぶりです☆ 読書メーター、手軽なのでちょっとしたメモ代わりに重宝してます(笑)
    積読本の「愛と混乱のレストラン」実は2巻目が行方不明で、それで積んであるんですorz
    何とか発掘して一気に読みたいと思ってます。そしたら読書メーターに記録しますので。
    しばしお待ちくださいませ~
  • [No Tag]

*Comment

こんばんは 

ご無沙汰して大変申し訳なかったんですが、
久し振りに来る度に情報が満載で嬉しい限りです^^
さすがです~~

これ、絵的には私もきっと買わないんですけど、
摩緒さんのレビューで気になって来ました・・・
どうしようかしらん。。。
買おうかなーー

あ、それから『聖なる黒夜』買いました☆
でもまだ読めてないんです~~
未読が多すぎ・・・汗
また必ず読みますね~^^
ではでは☆
  • posted by riri 
  • URL 
  • 2009.07/20 23:03分 
  • [Edit]

こんばんは! 

おお、読まれたのですね!
私も読んで涙腺が壊れかけましたが、未だにこの作品については冷静な感想が書けそうにありません。
もう、こんなんBLで見せられた日には!!って感じでございます。
タイトルからして本当に秀逸ですよね。「猿喰山」って・・・。この作家さんのセンスというか感受性をもっと知りたくなってしまいます。おそらくかなりの読書家なのではないかなーと予想しているのですが、一体何を読んできたのか教えて欲しい。前作の「cleaning」という短編が何でもまた凄いらしいので、まだ手に取る勇気がないのですが近いうちに読んでみようと思います。摩緒さんも読まれたら是非ともレビューお願いします!

ではでは、失礼します!
  • posted by yori 
  • URL 
  • 2009.07/20 23:40分 
  • [Edit]

涙腺がやられます(笑) 

>ririさん

こんばんは。 お元気そうで何よりです☆
これは「絵が苦手だったけど、読んでみて良かった」とおっしゃる方が相当に多い作品のようです(笑)
こういう嬉しい誤算があるとハッピーになりますよね~♪
だからBLレビュー巡りはやめられないのですv-41
見かけたら手にとってみようかな~って感じで心にとめておいて下さいまし。
「聖なる黒夜」、徹夜覚悟で時間と気持ちにゆとりがある時に楽しんでくださいましねv-19



>yoriさん

こんばんは  yoriさんのお宅で初めてこの作品を知りました。
「仕事の前に読んだ事を後悔し、考えれば、目が重くなり、涙が浮かんでくる」
なんて文章を読んじゃったら…絵があまり惹かれないけど読んでみたいな~~って思いますよ~(笑)
おっしゃる通り「タイトルから受けるインパクト」は相当なものでした。
作家さんの感性とセンス。 一本筋が通った相当な度胸がおありではないかと勝手に推察。
これから先が本当に楽しみです。 
前作の短編があるんですか?これもコミックスになったら是非読んでみたいですね。
いろいろステキな情報ありがとうございます!


  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.07/21 00:04分 
  • [Edit]

まさか… 

沙粧です。
>…まるで横/溝/正史のような昭和ミステリーの世界ですよねえ… 
まさか、BLコミックのタイトルとは思いませんでした。
これは「作者の策にハマった」というヤツですね(笑)
ブロ友の更新記事欄のタイトルで「本格推理小説」だと思い込んで
「どんな面白げな推理小説なんだろう?」
とイソイソと飛んできちゃいました。
で、まさかのBLコミックしかも、恋愛物!!!
ビックリしましたよぉ。(笑)
★×4つの作品てことは、チェックしなくちゃいけませんですね♪

ipod、ご愁傷様です。
修理代金で新品が買えるって…何だか腑に落ちないですねぇ。
でも、それが現実なんでしょうね。
日々、機器は進化しつづけてますから…。
容量が拡大したipodに、色々と詰め込んで、ウハウハしてくださいね♪
  • posted by  
  • URL 
  • 2009.07/21 10:14分 
  • [Edit]

またまたお邪魔します! 

言葉が足りなくてすみませ~ん。
前作「ビター×スイート」(リブレ)収録の「cleaning」という短編がスゴイそうです。この本探しているのですが、最寄りの本屋にとにかくない!きっと同じことを考えた方がいらっしゃったのですね・・・。
私も他ブログ様の感想で知ったのですが、この絵とタイトル(私は何故かコメディだと思っていました)では、まず手に取ることはなかったので、本当読めて良かったです。

ではでは、失礼します!
  • posted by yori 
  • URL 
  • 2009.07/21 13:54分 
  • [Edit]

こんばんは☆ 

>沙粧さん

>タイトルで「本格推理小説」だと思い込んで

まったく同じです(笑)  もの凄くインパクトがあるタイトルですよね。
これだけ見たら「う~ん今はちょっと…」と逃げていたかもしれませんv-17
もしご興味あったら萌えレンタルいたしますよ~ん。
i-Pod、中身はほぼ移し替えました。サクサク早いし使いやすい。
買い換えて良かったな~とは思いますが…でもこれまで頑張ってくれていたi-Podを見ると
やっぱりこれも使いたいなあ…と思います。
もう少し修理代金勉強して欲しいんですけれどね…
まあ新品にBLCDしこたま詰め込んで、楽しく聴いていきたいです。


>yoriさん

>「ビター×スイート」(リブレ)収録の「cleaning」という短編

おお、わざわざありがとうございます。
気に入ったとなると、その作家さんを総なめにしたくなるので
また探してみますね~。 
評判が高い短編ですか? それは楽しみです!
絵とタイトルで引いちゃう方は多そうですよね…でもそのハードルを越えれば
素晴らしい世界が待っている(笑)
見かけで判断するのは何においても危険です。 
でも、もう少し絵がこなれてきたらもっと面白いだろうなあ…とはコッソリ思っておりますv-20
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.07/21 20:05分 
  • [Edit]

こんばんは~ 

久々にガツンとやられるマンガが光臨しましたね。
しかも新人さんというのがまた凄い。
苦しいだけでもなく、切ないだけでもなく、かと言って甘いだけでもなく、様々な心情が絶妙に絡み合った作品だと思いました。

確かに、あのいまいち表情のわかりにくい絵が、逆にこちら側の胸に直接響いてくるのかも?(笑)
  • posted by futaai 
  • URL 
  • 2009.07/21 21:37分 
  • [Edit]

背中を押してくれてありがとう☆ 

futaaiさん こんばんは

三連続の絶賛感想、「とにかく読め!」のメッセージにガッツリやられました~♪
ホップ、ステップ、ジャ~~ンプって感じでドボンと嵌りましたです。

> 久々にガツンとやられるマンガが光臨しましたね。

うんうん。新人作家さまだというので凄く凄く楽しみです。
いろんな感情に浸れたお話で、小説で言うなら木原作品のようですね。
あれほど痛くはないけれど(笑)
今後も注目です!!
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.07/21 23:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/132-3786c846

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。