摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

交渉人は振り返る  榎田尤利  SHYノベルズ 2009.05  ★★★★☆


「月末BL三昧」キャンペーンでワクワクしながら新刊を買いにいきましたら
お目当てのBL本の隣に「間の楔 第二巻 キャラ文庫」を目にしてしまい、中身がまったく同じとわかっていながら…
ついつい「まあこれぐらいオマケだ、オマケ」と買ってしまった小冊子大好き人間でございます(--;)
どうも「間の楔」と名がつきゃ何でも買いたくなってしまふ体質になっておりまして…間の楔の萌え感想はコチラ
イラストレーターが新しくなっているとなると、どうしても見たくなるんだよなあ…orz
…応募券、これで二枚ゲットいたしました。あと一枚、絶対にゲットしたいと思いまっっす!!

さて、待ちに待った「交渉人」シリーズ第三弾。
めでたく間の楔と共にゲットしてまいりましたよ~!!ヾ(@^▽^@)ノ
交渉人は黙らない」「交渉人は疑わない」に続いての大好きな大好きな交渉人シリーズ。
私にとって榎田作品の中で文句なくナンバー1に位置しているんでございます。
前作からたった半年で新刊にお目にかかれるとは…やはりファンの方々が多いのだろうと嬉しくなってしまいましたよ。
ってことでドキドキしながらページをめくり、一気に読み終わって…またもう一度読み直して…
いろいろ自分の認識を修正して振り返りながらの…単なるこだわり迷感想でございます。
ネタバレしてますので未読の方はご注意を。<(_ _)>



交渉人は振り返る (SHY NOVELS 230)
(2009/05/28)
榎田 尤利

あらすじ

『あんたの過去なんてどうでもいい・・・現在だって、どうでもいいくらいだ』
元検事で元弁護士、そして優秀な頭脳と口八丁を駆使する美貌の男、芽吹章。
弱き立場の人を救うため、国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人として、『芽吹ネゴオフィス』を経営している。
そんな芽吹が泣く子も黙ると評判のヤクザ、兵頭寿悦と深い関係になり、この頃ではお互いの存在になれつつあった。
だが、考え方も違えば生き方もまるきり違う、おまけにヤクザなんて大嫌いだ、それなのに寝ている・・・・
という事実に戸惑いがあるのも事実だった。
そんなとき、芽吹はかつて関わっていたある青年と再会して・・・・!?

★大ヒット作:交渉人シリーズ第3弾登場!!


この「交渉人は振り返る」の単なる個人的感想を先行言い逃げで一言申しあげますと…
とっても面白く読めるけど………萌えは少し薄いかなってところでしょうか。エロと愛はたっぷりあるんだけど…結構痛々しい。
…これまでの明るく軽快な「交渉人」シリーズを期待して読まれると、少し違和感を感じるかもしれません。
オヤジギャグは健在で、周囲のサブメンバーもすっかり馴染んできて、これぞシリーズの醍醐味なんですけど。
三作目だから榎田先生もシリーズとして続ける為に、新しい挑戦+萌え範囲拡大されたんでしょうか?
違う面白さ満載で、だからこそ読み方次第で感想が分かれそうな感じがいたしますね…

BL本としてはモチロン凄く面白い。 兵頭くんとの関係も惚れたはれたなんて浅い感じじゃなくて、じっくり二人の間が
精神的にも深まってくるのが感じられて嬉しかったです。(^^)
でも、小説要素として入ってくる内容から(一般)小説として見ると…うん面白いんだけど…って感じが…
これが「交渉人シリーズ」じゃなかったら、文句なく褒めまくってたと思うんですけどね…スミマセン。
萌え期待値が高すぎるのかな…惚れ込んでいるだけに萌え燃えを異常に求めてしまって…ちょっと反省。

今回はタイトル通り芽吹くんの弁護士時代の過去が絡んだ少し重い話になってまして…
「振り込め詐欺」に足を踏み入れそうな人間を辿っていたら出会ってしまった弁護士時代の「依頼人」
過失致死で恋人を死なせてしまい、芽吹の弁護で執行猶予付きの判決を受けたけれど、その後彼には厳しい社会的制裁が。
家族は離散、今や振り込め詐欺グループのリーダーとなってしまった彼を何とか更正させようと努力するのですが…

ま……ハッキリ言って私は芽吹くんが優しすぎるんじゃないかと思っちゃったんだなあ。
この本を素直に評価できない理由の一つが前作では凄く尊敬して大好きだった「芽吹くんの優しさ」に
今回は苛ついちゃったからなんですね (--lll) (芽吹くんのように寛容じゃないもので…モノには限度がある)
ってゆーか…過去検事として、弁護士として、その後の交渉人稼業としてままならない現実を思い知っているハズなのに、
それでも自分から堕ちた人、そこから這い上がろうともしていない人を立ち直らせたい、信じたいと願える芽吹くんの強さは
交渉人としてちょっと…不用心かなあと思ってしまいましてね。だって彼の過去はさておき、今現在は立派な犯罪者。
振り込め詐欺の被害にあった人たちを尻目に贅沢三昧のヤク中毒じゃ…同情の余地は無いと思うなあ。
芽吹くん自身の罪悪感や彼への負い目から無理矢理彼を信じて自分から罠に嵌って、周囲に死ぬほど心配させちゃって…
結果はあれですからねえ…
つくづく兵頭くんが可哀想になりました…彼の気持ちが良くわかる(苦笑)
でも、だからこそ…傷ついてボロボロになってる優しい芽吹くんが大好きなんだなあ(笑) 妬ましいけれど憧れます。
自分にはそんな強さや優しさが無いので…適当なところで見切りをつけて「あとは自己責任」と割り切ってしまう
冷たさがあるもので…こうやって結果が予想できるのに、わずかな可能性に賭けて他人の為に一生懸命になれる人
というのは見ていて苛つくけれど、応援したくもあるんですよ。 これが愛憎混じり合うホンネってヤツです、うん。

こーゆーヒネクレ者の愛情はさておき…
今回「加害者と加害者の家族」に対する社会的制裁がキーワードになってましたが…
これがねえ…一般小説やミステリー小説でこの辺りを重点的に書かれた話を結構読んじゃってるもので…
東/野/圭/吾の「手紙」とか…他にはミステリー小説でも良く社会的制裁が事件の背景や動機として書かれてるんですけど…
だからどうしてもBLで読むとインパクトや重苦しさが欠けたんだ…これは完全に個人的問題ですね…(苦笑)
榎田先生、重い内容をギリギリのラインでエンターテイメントとして見事にまとめていらっしゃるとは思います。
だから重い話も興味深く読めるし物語として面白い。流石BL屈指のエンターティナー。
でも…ちょ~っと一般小説と比較しちゃったり、交渉人1,2巻から読むと違和感があるかもな…というところだったんだな…
ってことで☆をひとつ差し引いて★4つ+☆とさせていただきますね~。 イチャモンつけるようで申し訳ない。

この辺りも踏まえてワタクシ、この三冊目「交渉人は振り返る」から、少々芽吹くんの認識を修正いたしました。
検事、弁護士、とさまざまな経験を積んできて「弱いからこそ強くなれる」と悟ったけれど、まだまだ芽吹章、33歳は
真に強くなるための鋭意修行中ということなんですね??
兵頭くんと出会い、愛を深めて共に生きていく中で、人を信じたいと願い、それで裏切られても
そこから立ち直る強さを身につけていく…という感じになるのかな?? LOVEだな~♪ BL万歳!
ま~考えてみりゃ芽吹くんも兵頭くんも修羅場くぐった経験は一般人よりもちょっと多いとはいえ、
まだまだ30代のワカゾーなんですからねえ… そりゃ~失敗もありゃ誤算もあるわさ。
人間、間違えるイキモノなんだから。
どうも一巻目で受けた「過去にいろいろあったから逞しくしたたかになった」イメージが強すぎて、
あと小説ということもあって…過去は過去、その結果の「現在」と成長した理想型と捉えてしまったようですね(苦笑)
ええ、ワタクシも間違えまくる人間ですから…でも、間違えたら素直に認めて改めますよ~ん。

芽吹くんと兵頭くんは順調に愛を深めてますし…七五三野くんは良きお兄ちゃん役で、本名がわかってきたキヨや
さゆりさん、アヤカちゃん、智紀くんとサブキャラ達も良い味を出している交渉人シリーズ。
どうやら芽吹くんにはまだまだ暗い過去がありそうですが、二人の愛の力で乗り越えていって欲しいですね。
芽吹くんの優しさに値する人間に囲まれて、これからも失敗してメゲても立ち直る強さと明るさをいつまでも
私たち読者に見せて下さいまし☆
次巻を楽しみにの~~んびりお待ちしますよ~!
あ…それより先に小冊子とCDがあるか。楽しみだな~☆

交渉人シリーズ、いろんな楽しみが溢れるBLエンターテイメント作品でございます。

↓↓ 芽吹くん大好き☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



拍手御礼

>24日、26日、27日と沢山拍手ありがとうございます! 励みになります~!\(^o^)/
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/127-a221d993

榎田尤利「交渉人は振り返る」感想♪

交渉人は振り返る (SHY NOVELS 230) 榎田 尤利Amazonランキング:15位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 正直、ここ1年このシリーズ以外、心躍らせられるBLには全く 出会えていない。 いや、それどころか期待していた

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。