摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

月魚  三浦しをん  角川文庫  2004.05  ★★★★☆



月魚 (角川文庫)
(2004/05)
三浦 しをん

あらすじ

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。
二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。
瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、
幼い二人は兄弟のように育ったのだ。
しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。
透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。



三浦月間をサクサクこなし、三浦作品全制覇の日も近いかと思われる追っかけがここにおります(笑)
エッセイを読むのが元々大好きなもので、「シュミじゃないんだ」のボーイズラブ漫画についての熱く燃えるエッセイを読んで
その文章のリズム、そして究極のオタクっぷりに嵌ってしまい、だだだっっとまずエッセイ集を5~6冊むさぼり読ませていただきました。
あ~笑える。 どれもホント笑えるわああああヾ(@^▽^@)ノ
愉快なお母様、弟さん、御友人達と共に漫画に囲まれて過ごす日々が浮き彫りになってましてね~わははは
エッセイを何冊か読むと、だいたいネタにあがってくる登場人物や三浦先生の行動範囲がわかってくるんですが…(*^▽^*)

・漫画、小説考察
・本中毒
・家族、友人関係おもしろエピソード
・独身貴族の楽しい矜持
・世情


だいたいこの分野に、BLの香りがそこはかとなくコーティングしてくるんだな~
しかし…エッセイもネタ元がだいたいわかってくると、ネタがカブってくる事も多くなり…
そして漫画に相当不案内な人間にとっては「一冊丸ごと熱く漫画を語られる」と、流石にお腹一杯になったりしております。
原作知らないと「そうそう」って共感できませんからねえ…新情報だらけだと脳のキャパがすぐに満杯になってしまうのだ…orz
でも「読んでみたい作家さま、作品リスト」が増えてましてね~。
「おお、これは!」という漫画や小説のタイトル書き出したら40近くあるんだもの。これはひじょ~~に楽しみです♪

三浦先生の小説では「仏果を得ず」が私は好きですね~(^^) これはBLが入っているとは流石に言えないのでここで感想は書きませんが…
「文楽」の義太夫の修行に励む若者の話で、古典芸能を楽しく読むという点で…あの「座布団」が好きな方なら絶対面白く読めると
思うんですよ。
文楽の素養がまったくない人間でも「一度文楽(人形浄瑠璃)を見てみたいなあ」なんて思いましたから。
これはエッセイ本「あやつられ文楽鑑賞」と合わせてぜひお勧めです(^▽^)

まあそんなこんなで三浦作品コンプの日も近いかと思われますが、「風が強く吹いている」に続いて多くの読者が
BLの香りを嗅ぎ取ったであろう作品「月魚」のご紹介をしておこうかな…と思いまして。
この「月魚」…もちろん一般小説のカテゴリーに入ってますが、読む人間によってはBL小説と言ってもいいかもしれません。
BL小説+文学風味-ラブシーン」って感じなんだもの。
一般小説だと思って手に取られた方は、最初からみょ~~~に「男への色気」を感じる描写が続けざまにきて、少しビビッてしまわれるのでは…
だからアマゾンの評価を見ると、面白いぐらいに賛否両論。まあどちらにしろ反応がそれだけあるってことなんですねえ…
三浦先生ご自身は別にBLとして書かれたのでは無いとは思うんですが…でもこれほどプンプン匂うとねえ…ふふふ
これはまさに「男×男」になりそうでならない、びみょ~な心情をテーマに書かれた小説と言えると思うのですよ。
妄想が過ぎて、男が二人仲が良さそうにしていれば、即座にBL妄想してしまふ腐人間の勘違いなどではないと思うんだなあ…
もっともっとこーゆー作品やジャンルが増えてくれないかと切望してるんですが…
物語にしっかりと引き込まれて、ストーリーを堪能できる作品。
それならエロは間接的で、直接性描写がなくても読者はちゃんと納得するんですよね。
まあ…その点がちょっと物足りないと思ったら二次創作を当たれば必ず欲求不満解消とばかりに、妄想全開で書いて下さってる
ありがた~い同志がいらっしゃいますからね(笑)
私は最初「単行本」を読み、あとから文庫になってると知って「文庫書き下ろし」の部分だけ立ち読みしてしまいましたが(←殴)
もしこれから読まれるかたは全部一度に読める文庫本をお薦めします☆


物語は老舗の「古書無窮堂」の三代目坊ちゃん・真志喜と、一匹狼の古書の卸業者、瀬名垣の二人にまつわる「稀覯本」を巡り
過去と現在が交差しながら静かに展開していきます。
薄墨色とベージュ色の古書の世界にただよう静謐な空気と、まるで張りつめた弦がぴいんと弾かれるような緊張感が味わえる
文学的な香りがするBLと言えるのかな(笑)

以前テレビで「客が3日で10人の古本屋は何故つぶれないのか?」という番組を偶然見たことあるんですが
すっごくその「経営のカラクリ」が面白かったんですよね~(客が来ないけどつぶれない果物屋、瀬戸物屋なんかもあった)
他でも古本業界の事が書かれた本をちょっとだけ読んだことがありまして…
普通の客が知ることはない古書業界の舞台裏をこの「月魚」の中で垣間見ることができてその点でも興味深かったです。
三浦先生が古本屋さんでバイトをしていた経験や、本を愛する活字中毒者の気持ちがうまく活かされていて読んでいて楽しかった。
何事も突き詰めていけば奥深いものなんですねえ…

幼馴染みの二人、真志喜と瀬名垣には一冊の幻の逸品を巡って双方の父親達がからんだ因縁があり、惹かれ合いながらもお互いに
素直に接することができない状況がありまして。
瀬名垣は自分が幻の逸品を見いだしてしまったせいで、真志喜の父親が家出したという負い目から逃げられず、
真志喜はその負い目のせいで瀬名垣は自分からは離れられないという暗い満足感にすがってでも瀬名垣を手放せない自分が厭わしく…
とにかく互いにつかず離れずグルグルまわってしまってるワケです。

そんな二人のグルグルの想いを根底に、「古書」という特殊な世界の中で錯綜し対立する思惑。
本を鑑定する矜持と老舗の重み、本を愛しているのに、愛する本を金で評価し、金で売買するというジレンマ。
蒐集と販売 商売と趣味という矛盾した価値観の混在する古書世界が鮮やかに描き出されていてとても読み応えがありました。
本の査定を巡る真志喜親子の因縁の対決も、その結末も読んでいて納得する重みがあり、それにより解き放たれる二人の枷という展開も
静かなドラマティックという感じでしたね…

現実描写にリアリティがありながらも…どこか幻想的で、しんみりくる感じ。
基本的に悪人がいなくて…みんな善良で、必死で努力するような良い人過ぎてそれぞれが苦しんでグルグルなっちゃうんですよ…
今回もねえ…才能がある人間と才能が無い人間が対比されてましてね…
そりゃ~どんなに努力しても、どんなに願っても、天性の才能というものに打ち負かされる無力感、虚しさというものは
皆経験があるんだけど…
でも、それは誰でも自分自身で乗り越えなければならない壁であって、その屈辱を与えてしまった才能に恵まれた人間も、
その苦さを受け止めて前進しなければならないんですよね…

割り切って、ある意味鈍感になっていくのが普通なのに、それにいつまでもこだわって、罪悪感を持ってしまう
善良さが見ていて歯がゆいんだけど…でもそんなところが読めるのがまたいいんだよなあ…
心の柔らかい部分を、そっとかばわれるような「人の善なるもの、信じる心」の基本、性善説を肯定されるような感じでね…
善良だからこそ、割り切れなくて背負い込んでしまう罪悪感、善良だからこそ入り込んでしまう迷路。
そういう端から見たら「割り切っちゃえばいいだけじゃない、もどかしい」という感情に囚われながらも
少しずつ前へ進んでいくようなもどかしさが、繊細に描写されていて、そーゆー、ある意味イライラ感が
読んでいて快感でしたわ(笑)
たまにこんな繊細なもどかしさに浸りたくなるんだなあ…
まあでも…それが何冊か続くと「エー加減、綺麗すぎてイラツク」ということになって、悪人を求めて逝っちゃったりしますが(←殴)

そんな罪悪感に囚われてグルグルな真志喜と瀬名垣の二人ですが、互いへの執着の描写がそこかしこに散りばめられてまして。
どー読んでも恋情が垣間見えるような表情の描写や、欲をはらんだ男の目線からとしか読めない肌の描写。
思わせぶりな「名前の呼び方」についての説明や、相手の髪をいじりたがる仕草、布団の縁の描写なんかがねえ…
もう、もう、じれったさ、もやもや、萌え燃えとなってくるんですわ。
こんなのが最初から最後まで続くと…もやもやもやもや~~~と煩悩、妄想が滾ってまいりまして…
「エー加減に、くっつかんか~~い!!!」とぐわあああヽ(`Д´)ノとなってしまうんですよね…
これぞ「チラリズム」の極意?!??

えーもー…煩悩ありまくりで欲求不満MAXになってしまった人間は、読み終えた後、速攻「月魚二次創作」へ飛んで逝きましたとも。
バッチリ掛け算を読みまくり、よーやく「あ~~~一息ついた」とお茶をズズズッとすすっているところでございます。
チラリズムも…最後までやられると、欲求不満がノドもとまでせりあがってくるんだということを体験いたしました(笑)
ここまで腐がただよっていると、果たして一般小説のカテゴリーに入れてしまってよいのかな?という感じになりますが…
どーせなら最後まで書いて下さってもいーんじゃないか??と思ってしまうのが腐の人間なんですよね~~
三浦先生、同人誌をご自身で書いていただけませんか?ってね~

だってエッセイ読んでて確固たる根拠となるような素晴らしい一節を発見したのですもの!
冬コミで月魚、白蛇島の同人誌パロディを発見して感無量。もうバンバンやっちゃってください」という一文を!(@夢のような幸福)
あと「風が強く吹いている」の元ネタとなったであろう、まんまBLの箱根駅伝ストーリーも発見しましたよ(@妄想炸裂)
これはもう…作者さまお墨付きをいただいたということですよね!? ブラボー!!
う~ん…私もこーゆー同人誌を手に入れる為に冬コミへ行くべか…ご本人の同人誌がもしあるとなったら行っちゃいそうですけど…(; ̄ー ̄)

うん、この「月魚」は物語としてとっても面白かった。★4つ+☆とさせていただきますね~(最後まで腐の欲求不満になってしまったので-★)

BLを「一般小説」の分野で堂々と読める!何より本棚に堂々と置いておける!!(←ポイントちょ~~高い)
この本をBLとは何か全然知らない人間に押しつけて読ませたら、その反応でその人間が「腐を受け入れる事ができるかどうか」
計れるという画期的リトマス試験紙のよーな本ですね~ リアル友人に強引に勧めてみよーかなあ…腐腐腐

「月魚」、BL@文学風-(←マイナスと読んで)ラブシーンを楽しみたい方にお勧めの作品でございます。


↓↓ 三浦先生、ぜひBL@文学風味の先駆者となって下さいまし♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

拍手&メッセージ御礼

>18日、20日、21日、23日とパチパチ沢山の拍手ありがとうございます! もの凄く嬉しいです~!!ヾ(@^▽^@)ノ

>Cさま わざわざお祝いの言葉ありがとうございます! 「天/地/人」やっぱり危険ですよね(笑)お互い思いっきり妄想に浸って楽しみましょう♪

>Kさま お久しぶりです!私も「まほろ駅前」読んでいてとても楽しかったです。個人の趣味に偏りまくった萌えですが、ご一緒出来る方が
     いらっしゃると思うととても嬉しいです。どうか今年ものんびりお付き合い下さいまし☆

  • [No Tag]

*Comment

同人誌!気になる!! 

おお。これをこちらでレビュしましたか(笑。
この作品、本当にいいですよね。まさに感情の曖昧さを水面にさす月の揺らめきと同化させていて、すべてが夢現に見る妄想の世界。見えているのに見せない、そこにいるのに見えない魚、でも確かに存在する、そんな関係は本当に耽美そのもの。言わずもがなの余韻が心地よかった。
本当に大好きな1冊です^^
  • posted by 森 
  • URL 
  • 2009.01/24 20:13分 
  • [Edit]

読んでみたいですよね(笑) 

森さん こんばんは~

> おお。これをこちらでレビュしましたか(笑。

は~い!レビューしちゃいましたv-238
こーゆー本があるって存在を知るキッカケになればと思いましてv-25

> この作品、本当にいいですよね。まさに感情の曖昧さを水面にさす月の揺らめきと同化させていて、すべてが夢現に見る妄想の世界。

そうですね…どこか幻想的な雰囲気に呑み込まれながらも、冷静に浸ることが出来る感じで。
余韻を楽しめる傑作だと思います。
三浦先生ご本人の同人誌、書いて下さらないでしょうかねえ…
まあ本業の方がお忙しいのかなあ…v-16

お互い三浦作品をいろいろ楽しめて幸せですね!
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.01/24 21:55分 
  • [Edit]

秘すれば花 

な印象を受ける「月魚」でございます。
摩緒さんこんにちわ~♪

「月魚」最初は一般小説としてなんの知識もないまま読み始めましたので、途中から腐のアンテナがピッコンピッコン反応しまくり、驚きました。古本屋さんという特殊な設定、そして一見浮世離れしている世界観の中で、人間くささがしっかり浮きだっているところが印象的でした。

>薄墨色とベージュ色の古書の世界にただよう静謐な空気と、まるで張りつめた弦がぴいんと弾かれるような緊張感が味わえる文学的な香りがするBL

うんうん!文学的な香りしますよね。本当に悲しいくらい美しくて透明感があって本を読み勧めるにつれて「ああ!もっとこの美しい世界に浸っていたい」と思いましたもの。
摩緒さんおっしゃる通りBL脳のリトマス書としても有効かもしれませんね。腐腐腐・・・
  • posted by うさこ 
  • URL 
  • 2009.01/25 06:53分 
  • [Edit]

はじめまして 

最近の作家の、読んでないな(^^ゞ
三浦しをん、ちぇっくしときます。
また、良い本を紹介ください。
  • posted by ガバチャ 
  • URL 
  • 2009.01/25 10:20分 
  • [Edit]

ひっそり萌えましょうか(笑) 

>うさこさん

こんばんは  寒いですね~ 手がかじかんでますよ…

>途中から腐のアンテナがピッコンピッコン反応しまくり

そーですよね!? やっぱり誰が読んでもそう読めますよねえ…
でも一種独特の世界に浸りながらも、ストーリーそのものに引き込まれる。
読んでいて確かに世界に浸っておりました。
こんな本にまた巡り会えるといいですね♪

友人に勧める気は満々です。 この本を教えて下さってありがとう!!


>ガバチャさん

初めまして 
ステキな本との出会いは、まさに運命ですよね。
キッカケになれたのなら嬉しいです。 三浦しをん先生、直木賞受賞作の「まほろ駅前多田便利軒」もオススメですよ~!
個人的な好みに走りまくっているブログですが、それでも良ければどうか訪ねてやって下さいまし☆
コメントありがとうございました!
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.01/25 17:19分 
  • [Edit]

積んでありました(@@) 

こんばんは。
お邪魔いたします。。。m(__)m
月魚、かなり前に文庫を購入したものの
そのまま本棚に積んだまま、放置されているのを
思い出した私ですvv
摩緒さんのレビューを読まなければ、そのままだったので
読むきっかけを頂けた気がしました。
有難うございます。
  • posted by Kou 
  • URL 
  • 2009.01/25 18:20分 
  • [Edit]

祝、発掘! 

Kouさん こんばんは~

> そのまま本棚に積んだまま、放置

わはは、私も身に覚えがありますよ~(笑)
積んでおくと、既読本と交じってしまっていったい何を買ったのか
わからなくなってしまうんですよね…
思い出すキッカケになれたとは光栄です♪

どうかこの際ガッツリ三浦世界に浸って楽しんでくださいまし☆
Kouさんはどのように腐の香りをきかれるのか…
良かったら感想うかがいたいですね~
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.01/25 19:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
  • posted by 藍色 
  • URL 
  • 2009.08/01 05:07分 
  • [Edit]

初めまして 

藍色さん 初めまして

TBありがとうございます。
こちらからもTBお返しさせていただきますね!
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2009.08/01 20:28分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/23 21:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/110-baf0545e

月魚 三浦しをん

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。 二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた。 ...

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。