摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

牛泥棒 木原音瀬 Holly NOVELS 2007.06.29 ★★★★★



牛泥棒 (Holly NOVELS)
(2007/06/29)
木原 音瀬

あらすじ

大学で助手をしている亮一郎は、年上の口のきけない使用人・徳馬に、密かに想いを寄せていた。
幼い頃に母を亡くした亮一郎にとって、物心ついた頃から傍にいてくれた徳馬は、誰よりも欠け替えのない存在だった。
自分の想いで関係を壊したくなくて、亮一郎は想いを告げぬまま、女との結婚を考えるが…。
口のきけない男の秘められた過去と思いとは?互いを想い合う、切ないラブストーリー。



木原音瀬先生。 
以前からその存在は存じ上げ、何回か気になっていた方ではあったのですが、どうにも手が出なかった方の一人です。

何故かは忘れましたが、「痛い話」を書かれることでBL界では有名だとは知ってましたので、泣ける話や痛い話は嫌いじゃないんだけど、
疲れて癒しを求めて読むBL小説の一時に、「痛い話」は精神的にダメージが激しいので、ずっと敬遠してたんですよね…
それが、「食わず嫌い」な性格なワタクシめがどーしてそれまで手が出なかった木原先生に嵌ったかと言いますと…
まあ…自分からじゃなくて、必要に迫られてっていうか…
Unit VanillaのSASRAを続けて読んじゃったからなんですが。

あの豪華な執筆陣4人の先生方の中で、私が唯一作品を読んだことが無いのが木原先生だったんですが、
他の3人の方は、以前から作家買いするぐらいのファンだったんだ~
ご存じのようにSASRAは続き物というか、それぞれが独立していても一応リンクするという輪廻転生話ということで、
当然木原先生のお話も流れの中で否が応でも読んでしまい…

9つのお話の中で一番泣いて、その痛さに嵌った訳です。
あのユニットではどなたがどの話を書かれたかは明らかにされてませんが…自分自身が「泣いた2つの話」ってことで、
「中国編と江戸編」の話を書かれたのは木原先生でまず間違いないでしょうね…
数多の木原ファンの断言もありますし。
ま、この辺りは今回は深くつっこむまい…いずれそのうち。

それにしても私は今年になって初めて「このはら・なりせ」とお呼びするのだと知りました。
いい加減鈍いですね…苦笑。
「きはら・おとせ」だと信じて疑ったことなかったんですよ~
コノハラーという言葉を見かけたことはあったんだけどな~

まあそれからいろんな感想ブログを徘徊し、コノハラービギナーにはまず「痛くない話」からということで紹介されていた「牛泥棒」に
最初に手を出して、大のお気に入りの一冊になりました。
それにしても変わったタイトルですよね。凄いインパクトです。

時は明治時代風。

お話は妖怪話が普通に存在する田舎からハイカラな東京へと移りながらも、全体に漂うレトロな雰囲気に、
のんびり安心して浸っていられるってところが大変素晴らしい。
下駄、袴、洋装、蕎麦、帝国大学、下宿などの言葉から受ける、どこかバンカラなところがたまりません。

恋愛の方はと言いますと、わがまま坊ちゃんがそのまま大人になったような「大きな子供」の亮一郎と、日陰でひっそりと咲く白い花のような
徳馬との主従愛というよりは幼なじみ+家族愛+執着愛ってところでしょうかね。

息子の命乞いにと我が身を捧げた母親を恋うる亮一郎の為に、20年も声を封印され、口が利けないままただひたすら傍らで見守り、
仕え、愛する徳馬の健気さ。
ああ、亮一郎くんが絶対に手放せなくなってしまうのがよ~~~~~くわかりますよ。
こんなケナゲな美形が四六時中側にいて世話をやいてくれるんじゃあ…そりゃあ男色にも走るわなあ…

身分の違い、年上、男という三重苦の引け目から、自分からは決して愛をこうことができず、
ただひたすら従順に仕え、愛する人の幸せを見守り続けるなんて…ああ、爪のアカでも煎じて飲まなきゃならんですねえ、乙女達も。
実家が火事で焼けて、家族をすべて失い、借金だけが山ほど残り無理矢理結婚を決めた時も
「徳馬だけは手放せない」と必死ですがりつく亮一郎が本当に一途で泣きそうになりましたわ。
そこで身を引こうとする徳馬もねえ…本当に健気でいじらしくて…ホロリときました。

いろいろあった割には最後には沼神さまの恩恵か、大どんでん返しですべてがパタパタパタと良い方向へ転がり、貧しくとも二人で暮らせればそこは楽しい我が家という結末も、後味スッキリでお後がよろしいようで。


恋愛成就後の亮一郎の浮気疑惑やら椿の妖怪話も、純情でラブラブなお二人さんを満喫ってところで大変結構でございました。

ところでいい味だしてたお隣さんの千枝さん、その後どうなったのかしら。
良い意味で、主役カップルにちょっかい出して、暖かく見守って下さる良き相談役ってところで、大好きなキャラクターでしたよ。

原さんに自分が子供を産めないからという引け目から求愛を断ってましたが、それは徳馬くんだって同じ事。
なのに、亮一郎×徳馬のカップルはそれで問題ないと思ってしまうのは…やはり、「男同士」だからという絶対的な枷があるからでしょうか。
女の身だと…本来なら産めた筈なのに、産めないという心理的な引け目が強すぎるのかもしれませんね…
男じゃ、最初からどこをどうやったって不可能ですからねえ…
まあ年齢差やら自分の元娼妓という引け目やらといろいろさまざまな理由はあるんでしょうけどね…

それでもやっぱり、いい人を見つけて幸せになって欲しい方です。
原くんとはね…う~~ん…ちょっと無理があるかなあ…
原くんも椿の妖怪に惑わされて大分成長はしたようですが、千枝さんのような特殊な人生を歩まれた方を受け止めるには
ちょっとまだ人生経験が足りませんからねえ…
あと十年後ならって思いますが…他に素直で可愛いお嬢さんが見つかると良いですね…


妖怪や幽霊やらが跳梁するどこか不思議な世界に半分迷い込みながらも、その存在を当たり前のように受け入れていた古き良き時代に
のんびり浸らせていただきました。

もし今まで木原作品に手が出なかった方にも、「絶対大丈夫、痛くない」と太鼓判を押してお勧めできる作品でございます。


  • [No Tag]

*Comment

牛泥棒?? 

これは読んだ事ないぞ…でも、欲しくなったわ!
私もそこそこBL生活長いけど、摩緒さんほど沢山の本を読んでいない事に今更ながら気付きましたよ~。読書量は多いんだけどね、雑食というか、ジャンルが限定されていないぶん、やはり深く入り込んでいないのかも……。それにしても、この本は私のツボだわよ~。物静かな男性って萌える!!イイ!買いだわね、早速。。。ありがとう~!!またまた幸せな時間が過ごせそうです~♪
  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.01/21 09:09分 
  • [Edit]

それは良かった(笑) 

ウダムさん
興味を持っていただけたようで何より。
うれしいですわ~
ちなみに画像クリックしていただければアマゾンに直行できますよ~
(アマゾンの回し者にあらず、画像借りてるだけですよん)

ぜひご一緒にコノハラーになりましょ~はっはっは
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.01/21 20:02分 
  • [Edit]

隊長!!キハラ オトネ、買いマシタですっ!! 

先ほどアマゾンに行ってまいりました。ついでに、「夢の中の騎士」もカートに入っておりますですっ。
……私的には、キハラ、でございます。
い~んです、キハラで。
もう、頭古いので、一度入った言葉は消えません。
なので、キハラ。
キハラ オトネでございますです、ハイ☆

  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.01/21 21:32分 
  • [Edit]

もとい、キハラ オトセ、でした。 

隊長、申し訳ございません。
わたくし、小さなまがいをおかしてしまいました。
キハラ オトセというところを、キハラ オトネと繰り返し言ってしまいました。
これも老化のなせるわざ……そう思っていただけたらありがたいです。
……大丈夫です。ご飯も食べたし、お風呂にも入りました。憶えてます、ちゃんと。
あくまでも、キハラ オトセでござます。
コノハラとか変換できませんので、夜露死苦!

  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.01/21 21:37分 
  • [Edit]

私も「キハラ」と呼んでます(爆) 

おお、早速買われましたか! それは重畳、ふっふっふ。

>夜露死苦!

ひ、久しぶりにみちゃいました、これ。キャハ☆



  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.01/21 23:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/11-e1228536

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。