摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

聖なる黒夜  柴田よしき  角川文庫  2006.10  ★★★★★



聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
(2006/10)
柴田 よしき

あらすじ

東日本連合会春日組大幹部の韮崎誠一が殺された。
容疑をかけられたのは美しい男妾あがりの企業舎弟…それが十年ぶりに警視庁捜査一課・麻生龍太郎の前に現れた山内練の姿だった。
あの気弱なインテリ青年はどこに消えたのか。殺人事件を追う麻生は、幾つもの過去に追いつめられ、暗い闇へと堕ちていく―
ベストセラー「RIKO」シリーズから生まれた究極の魂の物語、ついに文庫化!
上巻に本書サイド・ストーリー『歩道』を書籍初収録。


積ん読本消化に少しずついそしんでおりますが…またまた途中から寄り道をしてしまっておりますorz
それも…もの凄く遠回りに(苦笑) 

以前からあちこちのBL感想ブログで「これは是非ともお勧め」と書かれていてひじょ~に興味をそそられ
ドナドナに行った古本屋さんで上下巻合わせて¥100の値段に引かれて購入したものの…
二冊合わせて5センチぐらいありそうな分厚さと、あらすじから予想される内容から「読むのに相当に根性が必要そうだ」
とその気になるまで放っておこうということで積ん読本になっていたのがこの「聖なる黒夜」
非常に参考にさせていただいているブログさまの共通したお勧め文句が
エス系統が好きな方ならば絶対楽しめる」だったんですよね~♪
これはもう…「アナタは絶対に嵌る」と太鼓判を押していただいているようなものですわよ…о(ж>▽<)y ☆ 

ええもう…厚さ5センチのこの本、一旦読み出したらかじりつく勢いで夢中になって読み切ってしまいました。
もう無我夢中って感じの3時間でしたわ。
どんどんどんどん話に引き込まれて…次から次へと新しい事実が目の前に出てきて…頭の中を整理しながら読む手間すら惜しくて…
この漆黒の闇の奥の奥…何が潜んでいるのか、何が隠されていて、いつ残酷な真実が現れてくるのかわからない恐怖を抱えながらも
覗き込まずにはいられなくて…とにかく最後まで突っ走らなければ到底眠れない~!って感じでしてね…
読み終わった後はもう頭が冴えちゃって全然眠れなくて…無理矢理寝ても、浅い眠りの夢の中でまたこの「聖なる黒夜」の世界を
さまよっておりました。 妄想過多な我が夢の中の方がもっと荒唐無稽になってましたが(^^)
まあ言うなれば…身体全体で小説世界に飛び込んで、脳全体、自分の持っている感情のすべてでこの小説世界を受け止めていたような
感覚でしょうか… 
速攻「永久保存版」となっております☆^(*≧口≦)=3

確かに…「エス」が好きな方ならば、絶対に嵌ると思います。
読む順番としては「エス」→「聖なる黒夜」をオススメしますけれど…じゃないと「エス」の面白さが薄味に感じられるかもしれません。
エスをもっともっと…深く静かに様々な人間模様を重ね合わせながら広げていった印象で…
この「聖なる黒夜」の方が重くて本格的と言えるのかな(笑)
マイノリティであるゲイを一般社会から見ながらも、それを中軸に話が展開していく…ゲイが出てくる一般むけミステリー小説って
感じでしょうか… 思いっきりゲイ描写とエグイシーンも出てきますがBL小説じゃないですね…何しろ角川文庫から出版ですからねえ(笑)

過去と現在が錯綜し、さまざまな人間を巻き込み、それぞれの痛みと苦しみと闇を抱えて…それが聖なる黒夜に起こる一つの殺人に
収束していくようなあの緊張感が本当にたまりませんわ。
そしてそこから始まる新たな苦悩、そして…長い長い夜がねえ…切なくもやるせなく、無情な「運命」を読者に感じさせてくれるのですよ。

この「聖なる黒夜」は…刑事物、ヤクザ物が出てくるミステリー小説と言えるとは思うのですが…
そのようなカテゴリには収まりきらない、さまざまに錯綜する人間模様を堪能できるのですよね。
普通、小説だとどうしても「主人公」の人生に焦点が集まって、その周辺は…何というか主人公の人生に彩りと意味を与える
脇役の人生という感じになるのですけれど、柴田先生のお話を読んでいると…それぞれの人間が必死に「それぞれが主人公の人生」を
歩んでいて、その複雑に重なり合い、絡み合った集合体をまとめて味わっている気分になります。
そう、それまで平穏に生きていたそれぞれの人生が…ささいなキッカケから暗転し、その転落がいろいろな人間とつながり、悲劇に巻き込み、
人生を狂わされながらあの「聖なる黒夜」につながっていく「運命」をね…

余談ですが…私が大好きなア/ガサ・クリ/スティの傑作長編ミステリーの一つに「ゼロ時間へ」という本があるんですが…
それを強く思い出しました。
「殺人からミステリー小説は始まるのではなく…その始まりはそれ以前の過去からつながり、その終着点が殺人なのだ」
という実に斬新な視点の不朽のミステリー小説をね…
この「聖なる黒夜」の構成は柴田先生独自の素晴らしいものですが…おそらく柴田先生も偉大なるミステリーの女王から
多大なる影響を受けたお一人なんでしょうね…


物語は「ヤクザの最高幹部の殺人」から始まるのですが…
その捜査に当たる刑事・麻生龍太郎が、容疑者とされた企業舎弟・山内練と10年ぶりに再会し、彼と出会ったきっかけとなった事件を
追憶しながら現在のヤクザの殺人の捜査を進めていくというお話でございます。
このお話の中軸となる事件が実にさまざまにでてきまして…その一つが山内が逮捕され、刑務所に送られた10年前の暴行未遂事件。
これが「冤罪」の疑いがでてきまして…この事件によって約束された将来が台無しになり、刑務所入りして何もかも失い、
人生が狂った山内と再びまみえる事になった麻生の苦悩が事件を捜査する麻生とその容疑者である山内の二人に
色濃く影を落としてくるんですねえ…
この二人だけをあげるならばミステリーというよりは…愛憎劇という感じでしてね…
無実を訴える自分を逮捕した相手を憎みながらも複雑に絡み合った感情は…再び出会った事で痛みと共に現れて、
新たな痛みと苦しみが二人の上に襲いかかる。
憎悪という執着、決して断ち切れない感情は何なのか…もはや自分でも判別できない苦しみに囚われた二人の魂の苦悩が、
過去の真実の苦さと人生の複雑さ、むごい現実を教えてくれるようです。

ミステリーですから当然ヤクザの殺人の捜査が進むのですが、進むにつれて殺されたヤクザによって人生を狂わされた
何人もの人間が浮かび上がってきまして…
一つの事件から人生が暗転し、もがいてももがいても暗闇の奥へいざなわれていった人々の宿命が呼び込むさらなる悲劇と
それぞれの悲劇によって重なりあった人間模様がたどりついた「殺人」。
主人公達の愛憎劇とも重なる、人生の闇と苦悩の哀しいまでの現実が巡り巡って…すべてが一つの「聖なる黒夜」に集約する哀しい真実。
聖なる黒夜以前から始まり、そしてそこから新たに続く長い夜。
それぞれに抱える暗闇が深すぎて…夢見る事すら許されないほどに夜明けは遠すぎて…
闇の中から現れた真実は苦すぎて…直視するにはあまりにも痛すぎて。
それをやりきれない想いと共にただ見ているしかない苦しさが胸を打つような重苦しい感覚が物語全体に漂っております。
でも…哀しいんだけど、哀しいだけじゃない、希望があるとは言えないけれど、絶望だけで終わるわけでもないラストが
とても印象的で「ああ、読み切った。読めてよかった…」と心から思えましたね…


ミステリーファンが心から待ちわびる「長編ミステリーの醍醐味」を心ゆくまで味わわせていただきました。
推理ものとしても、緻密に計算されて積み上げられたミステリーを堪能できるんですよねえ…本当に読み応えがあって素晴らしい。
最近…ミステリーの傑作を立て続けに読めて本当に嬉しいですわ…この間は「容疑者/Xの/献/身」に夢中になってましたし(笑)
短編では小説版「相/棒」を堪能しましたし…
このように立て続けに傑作が続くのはミステリー分野ではアガ/サ・クリ/スティ以来ですねえ…わ~~~~~い!!!ヾ(@^▽^@)ノ
私は角川文庫の上下巻を読みましたが、こちらには単行本には無かった短編二本が同時収録されてまして、
もしこれから読まれる方にはこの文庫本の方をオススメいたします。
やっぱり合わせて読まれた方が、面白さは倍増しますからね(笑)

この柴田よしき先生は…BL小説のカテゴリには属さない「一般文芸書」の分野で活躍なさっている方のようですが…
それにしても私は「柴田よしき」って御名前からてっきり男性だと思いこんでたんですよね~
「聖なる黒夜」を読みながら…最初は「男性の描写や心理がやっぱりBLとは違うなあ…」なんて思ってたんですが…
次第に…「女性の描写」を読みながら「これは…ちょっと女性じゃなきゃ書けない心理じゃないか??よく男にわかるなあ…さすが小説家」と
疑問に思い始め…
あとがき読んでよーやく「柴田よしき」が女性だということに気づきましたorz 思いこみってコワイですわ~(←単なるニブ過ぎ)

この麻生と練が他のシリーズにも出てくるということを知って…早速買わねばと思ったのですが、ふと「一般文芸書なら図書館にないか??」
とひらめきが降りてまいりましてね…
我が町の図書館の蔵書を早速検索したら、あったんですよ~~~!!
それもずらずらと!!
その場で予約して、用意していただいた本を8冊、早速引き取りに行き、それからRIKOシリーズ、花咲シリーズを夢中になって
読ませていただいております。
どちらのシリーズもまた違ったテイストで本当に面白い!!
このRIKOシリーズから読んでたら、男性作家と間違える事は無かったとは思うんですけれどね~
RIKOではもう…女性描写がねえ…何というか…「子宮で語っている」感じですからね(笑)

そこでまた脇役としてでてくる山内練と麻生ですが、二人のその後を読んでるとこの「聖なる黒夜」は
壮大なるプロローグに過ぎなかったんだなあ…と思ってしまうんですわ。
二人の人生が交わり…分かれ…そしてまた一つの運命の分岐点で交わり…そこから再びねじれながら絡み合っていく。
生きている限り続いていく、二人の黒夜のたどり着く先は…何なんでしょうねえ…?
もう幸せとか不幸とかではなく…ただただ傷つけあい、血を流しながら…その痛みすらも互いの絆として受け止めながら
決して離れることはできずにひたすら交差していくんだろうなあ。
もうねえ…読者はただひたすら…見守って…ただ受け止めていくしかないという感じですね…
この先どうなっていくのか…行き着く先は二人の破滅しかないような気がしますが…
知るのが怖いような、知らずにはいられないような複雑な気分ですわ… 
まあ何年でものんびりお待ちしますよ~ ♪ 柴田先生(笑)

次は猫探偵シリーズを予約する予定です♪ あ~~~ も~図書館万歳ですわ。
高い市民税払ってるんだから、こーゆー時ぐらい存分に活用させて下さいまし。
柴田よしき先生の全作品読破、おかげさまでカンタンに出来そうです(笑)

本格ミステリーを錯綜する人間模様と共に心ゆくまで楽しみたい方に是非お勧めの作品。

↓↓ ミステリー万歳!!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

拍手御礼

>7日、8日とパチパチ拍手ありがとうございます!嬉しいです~☆

  • [No Tag]

*Comment

ホント、イイ作品ですよね! 

こんにちは。
積み本崩しに協力できてヨカッタです。
これは、絶対「永久保存版」ですよね~。
私が、今年読んだ作品で、一番です。
TBさせていただきますね。

TB、調子が悪かったみたいでスイマセンでした。
後日、再チャレンジで不具合があったらご連絡ください。
  • posted by 沙粧 
  • URL 
  • 2008.12/14 12:24分 
  • [Edit]

堪能してます~♪ 

沙粧さん こんばんは~

> 積み本崩しに協力できてヨカッタです。

本当に…御協力ありがとうございますv-20
何かキッカケがないと手に取るのが難しいんですよね…
自分が絶対に嵌りまくるのがわかっているだけに
睡眠不足と闘わなければならないと思うと余計に(笑)

> 私が、今年読んだ作品で、一番です。

まったく同感です!重厚で読み応え満点でした。

TBありがとうございます。私もまた挑戦させていただきますね~♪
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.12/14 19:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

え…そんなに面白い本なんですか★
ちょっとコメントを拝読させて頂きましたが、今年一番なんていう言葉をきくと、飛び付きたくなります。
う~ん、読んでいない本が段ボール箱に2つほど…でもまあ、いつか読めるので買っておきますか♪

※コメントありがとうございました(^^)v
また後で来ますね~♪
  • posted by ウダム 
  • URL 
  • 2008.12/18 23:10分 
  • [Edit]

オススメです!! 

ウダムさん こんばんは~

これはミステリー小説+人間愛憎ドラマ部門(勝手に命名)では今年のナンバー1でございます。
是非飛びついてくださいまし☆ 後悔はさせません(笑)

積ん読本がたまっていてもノープロブレム。
そのうちフッとこの本を思い出したら、どんぶらこと嵌ってくださいね~♪

  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.12/19 19:21分 
  • [Edit]

お久です~♪ 

摩緒さんお元気ですかー?
今年もあとちょっとで終わりですねぇ~(^^)

ところで3時間で2冊読んだの!?
そんな勢いで読んだらそりゃのめり込みますよね!!
凄いなぁ><
>ゲイが出てくる一般むけミステリー小説
このコメにちょっとウケたwww
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2008.12/21 11:00分 
  • [Edit]

元気そうで何よりです☆ 

みどりさん こんばんは~

忙しそうですが身体は大丈夫?
年末はいろいろ気ぜわしいですね。

> ところで3時間で2冊読んだの!?

わはは、普段からけっこー速読なんでこれでフツーですよ~(笑)
むしろ遅めかも…何しろ分厚い本だったんでね~
もし興味があったら読んでみて下さいまし♪
エスを楽しめたなら、嵌ると思います。

年末年始に向けて体調整えてがんばろーね!
  • posted by 摩緒 
  • URL 
  • 2008.12/21 19:36分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.12/23 00:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/103-630ad18e

聖なる黒夜 上下 柴田よしき

聖なる黒夜〈上〉 柴田 よしき 聖なる黒夜〈下〉 柴田 よしき 一般書ですが男×男です。私も当初は半信半疑で二次萌えな気分じゃないんだけど、と思っていましたが読み始めてびっくり。主要人物が皆バイかゲイです。もちろん男性同士の性描写もありました。主人...

聖なる黒夜 /柴田よしき

一応、一般書という事にしておきます。腐の香りを纏ってるケド… 訂正します。完全に腐本でした。 読むなら、ハードカバーより単行本(...

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。