摩緒のBL隠れ家

摩緒のBL読了本感想ブログ。BLと聞いてわからない方は危険ですのでお逃げ下さいませ。 since 2008.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

神さまに言っとけ  榎田尤利  SHY ノベルズ  2003.11  ★★★★☆



神さまに言っとけ (SHYノベルス)
(2003/11)
榎田 尤利


あらすじ

ある事情から『純粋なる人』と恋愛関係を成立させなくてはならなくなった惣田洋一は、
花屋に勤める眠鏡の冴えない十八歳男子・久慈真と恋愛すべく努力をしていた。
期限は四週間。
だが、女にすら本気になったことのない惣田に、男と恋愛できるはずがなかった。
おまけに野暮ったい真はいつも俯きがちに話し、いつもおどおどしていて魅力がない…はずだったのだが!?
榎田尤利が贈るスピリチュアル・ラブ。


本日は第一のアドヴェント。
アドヴェントクランツの一本目のローソクを灯し、救世主の生誕を祝うクリスマス期間、待降節の始まりでもあります。
何しろ日が暮れるのが凄く早くなる寒い季節ですから、家で見るローソクの暖かい光にほっと家庭の温もりを感じるんですよね…
その揺れる炎を見ながら普段あまり聴かない合唱曲なんかを聴いて、その美しい調べに心が癒され…平和な日々に感謝する。
家庭のクリスマス気分ってところでしょうか(笑)

ま~ね~…キリスト教徒じゃない仏教徒にとっては…街のクリスマスの飾り付けやイルミネーションの方が
華やかにクリスマス気分を味わえますけどね…街中いたるところクリスマス一色だもんなあ… 
キラキラ輝く光や赤と緑と金色の飾りは見ているだけで楽しいですよヾ(@^▽^@)ノ
クリスマスソングのBGMがまた気分を盛り上げてくれますし。

クリスマスと言えばクリスマスケーキにクリスマスプレゼントを思い浮かべる方は多いハズ。
普段あまり食べない生クリームたっぷりのデコレーションケーキの1ホールを買ってもらえる日ということで
子供達にとっては実に実にありがたい日なのですよね~
生クリームがあまり得意じゃないワタクシも、クリスマスぐらいはケーキ食べたくなります。一切れで十分ですが(笑)

ま…ごちゃごちゃ言っておりますが、「年末」「冬」「お祝い」というキーワードを思い起こさせてくれる「クリスマス」というものは
もはや日本の冬の風物詩となってとけ込んでいるようですね…
12月となると反射的にクリスマス気分になるのですよ。

ええ、それは腐脳となっているワタクシがBLを読む時にも影響を及ぼしましてね… 
この季節になると「聖夜」を祝うお話を読みたい気分になるんだなあ…
やっぱり本でも季節感がある作品は読む季節を選ぶんですよね…雪の降る夜を舞台にした恋物語を真夏に蝉の声を聴きながら
クーラー効かせて読んだって、どーにもその風景に入り込めないのよ…orz

で…山ほどある積ん読本を尻目に、この季節に相応しい本ということで選び出してきた本が榎田先生の「神さまに言っとけ」
この本ねえ…私は今年の6月ぐらいに読んだんで…、実にみょ~な気分でしたわ…
梅雨時にクリスマス気分って…すっごく間が抜けた感じがするんだなあ…orz 
真夏に読んだクリスマスの方がまだ南半球に行っている気分で良かったかもしれません…

初っぱな聖書の一節から始まる、クリスマスムードたっぷりのお話で…
(元)前途洋々、(元)順風満帆、(元?)極悪非道なピッカピカのヤクザの受難+奇跡の物語なんでございます。
コメディ…と言えるとは思いますが…妙に淡々としながらツッコミが多くて…最後は胸を打たれて泣けてしまうお話なんですよ。
季節限定、永久保存版になっておりますわ(笑)

ロクな生き方をしてないヤクザ@惣田洋一(32歳)が女に刺されて瀕死の状態となった時、突如表れた天使と交わした契約。
期間はかっきり4週間。
その間に「純粋なる人」と恋愛関係を成立させ、「純粋なる愛」を神のもとへ運ぶこと。
それができたら生き返り、できなかったら地獄逝きというまさしくDead or Aliveな契約な訳です。

惣田の瀕死の身体は病院に縛り付けられているので、大学生の身体に魂だけを移され、純粋なる人@久慈眞の元へやってくるのですが…
そこからね…外見大学生@ヤクザの悪戦苦闘ぶりがとっくり味わえる訳ですよ。
だってねえ、もともと女好きで男をくどくなんて考えたこともないガサツなヤクザに、外見ダサダサの鳥の巣頭、
でも天然で純真な眞を素直にくどけるハズがないんですよ。
なにが悲しくて自分の未来を賭けてこんなダサ男をくどかにゃならんのだ~とボヤきながらの奮闘ぶり?が笑えるんだな~~~ わはははは

相手のあまりの天然ぶりに絶句の連続。なのにデッドラインは刻々と迫り、それを知らせる契約を交わした天使ガブリエルは
手を変え品を変え姿を変えて、惣田の廻りに表れる。
それにしても惣田くんって怖いもの知らずだわ~ 熾天使にして最高位の神の御使えを「ガブ」なんて呼んじゃって…
犬じゃないんだからさあ、アナタ…そんなぞんざいなところが読んでいて楽しいんですけれど…
ガブとのやりとりもまた結構辛辣で楽しくてねえ…ふふふ。何しろ命がかかってる訳ですから(笑)

しょっちゅう出てくる聖書の引用もね…まさに「純粋なる人」眞くんの純真さを表してくれるようで…
花の声を聴き、花に愛情を注いで世話をする眞くんは、それまでヤクザとして弱い者を痛めつけ、弱い者から搾り取る生き方しか
してこなかった惣田とは正反対のまさしく善意の塊。
だから惣田は無性に眞くんにイライラして踏みつけてやりたくなるのですが…自分の生死がかかっているとなればそれもできず、
眞の望みを叶えるしかなくて奔走する辺りが妙にシニカルに面白いんですよ。
さすが榎田先生です。

途中までは眞くんのトロさと純粋さ、天然さに呆れて、ツッコミいれまくっている惣田くんですが
次第にそれにも慣れ、心優しい牧師や眞との触れあいを通して…自分のそれまでの生き方、価値観に疑問を抱くようになるんですよね…
ヤクザだった惣田は「弱い者は、ただ強い者に虐げられるべき存在」としか認識せず、利用される方が悪い、
信じる方が悪いと切り捨てていたけれど…
眞の純粋さ、強さに触れ、純粋さは弱さではなく…信じることは強さでもあると気づいてくると…
それまで人の善意や信頼を信じる事など弱い人間のすることだと切り捨てていた自分こそが、弱くて惨めな人間だったと
思うようになっていくのです。
そして幼少時代の虐待の記憶から、人との付き合いがうまくできなかった眞くんも、ガサツで強引だけれど自分に関わってくる惣田を通して
人と触れあい、心を許していくことを学んでいくのですよ。

少しずつ互いを知り、互いの空洞を埋めて惹かれ合い、求め合っていく二人。
初めて愛しいという想いを知り、自分の弱さを受け入れ、それを教えてくれた人間達に感謝し、相手の幸福を願うようになる。
そんな心境の変化が自然に訪れた感じで、凄く読んでいて引き込まれます。
刻一刻と迫る契約の期限の中、限られた時間の中で静かに二人の幸せをかみしめて、何気ない日常のありがたみに気づいていく空間に
こちらもほのぼのしますね…まさにクリスマス気分ですわ。
聖書の引用もねえ…最初の内は説教くさい~~なんて罰当たりな事を思ったりしますが(惣田くん視点だからという事にしておいて)
次第にね…ああ、確かにその通りだなあ…なんて敬虔で真摯な心情に変わっていくのですよ…
このささやかな幸せを主に感謝する祈りの心にね…

しかし…神との契約とは容赦の無いもの。
ようやく愛を知り、愛するものを手に入れた惣田に下された非情な宣告。
その契約を破棄すべく、愛の為に命さえも投げ出す惣田の姿に、涙が止まりませんでしたわ…

ま…それで話が終わりだったらまたこの作品の評価も変わっていたんでしょうが…

ご心配なく、ちゃんと素敵なエピローグがありますから。
それはまあ…読んでからのお楽しみってところでしょうかね…ふふふ。

大好きで何度読んでも愛に溢れた素敵なお話なので、★5つとしたいところですが…
何しろ読む季節を選ぶので…一応★4つ+☆とさせていただきます…<(_ _)>
でも今の季節読んだら本当に素敵ですよ~!

クリスマスとお正月に起きる神の奇跡を楽しみたい方に是非お勧めの作品。


↓↓ BLへの愛は季節を問わず詰まってます☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

拍手御礼

>29日 ポチっと拍手ありがとうございます!嬉しいです~♪

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://maomaojp.blog42.fc2.com/tb.php/101-ddbdba94

Menu

プロフィール

摩緒

Author:摩緒
いらっしゃいませ。
摩緒のBL隠れ家へようこそ♪

初めての方は「摩緒のご挨拶」
「摩緒のプロフ」をよろしかったら
御覧くださいませ。

評価が★4~5のBLリストはコチラ


摩緒さんの読書メーター
読書メーターにBL読了本を記録中

摩緒の最近読んだ本

BL以外の読了本はたなぞうマイページで更新中

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」



参加してます。ぽちっと応援よろしく♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最近の記事+コメント

2009年の萌え!

風が強く吹いている
箱根駅伝をめざす青春小説。萌える!
風が強く吹いている 感想
私立探偵・麻生龍太郎
聖なる黒夜の続きが気になる方!
私立探偵・麻生龍太郎 感想

BEST in 2008

2008年に出会えた摩緒的Best作品

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
重厚なミステリーです。 最高!!
聖なる黒夜 感想
薔薇色の人生 (ビーボーイノベルズ)
ささやかな幸せを優しく味わえます
薔薇色の人生 感想
交渉人は疑わない (SHYノベルズ)
極上のエンターテイメント作品
交渉人は疑わない 感想
OVA「冬の蝉」~特別編集版~ [DVD]
BL版ロミジュリの悲恋に浸れます
冬の蝉 感想

萌えを満喫できて心から感謝します☆

カテゴリー

萌え人数☆


萌えing  :

Thanks for 10,000 hit! 2008.Sep.25
Thanks for 30,000 hit!! 2011.Jan.15

ニコニコ動画

「間の楔」の神作品を見て聴いて
往年の萌えに浸ってみて下さいまし♪

お気に入りリンク♪

ほぼ日参させていただいてます。
いつもありがとう♪

摩緒のお気に入り度

個人的贔屓評価ですので
その点ご容赦願います☆

★★★★★ 永久保存版
★★★★☆  すばらしい!
★★★★   オススメです
★★★☆   とても面白い
★★★    ふつーかな…
★★☆    う~ん、微妙?
★★    古本屋で買ってね
★☆     むむ…イマイチ
★       ドナドナ決定

ブログペット 

メールフォーム

お気軽にどうぞ♪ いつでも大歓迎★

名前:
メール:
件名:
本文:

BL×B.L.People

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

Web拍手

ぽちっと押して下さると我が家の
猫達がお出迎えいたします(笑)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。